【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

2022年5月22日 / 21:01

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役の石橋静河、歴史に名を残すカップルを演じた2人がコメントを発表し、その舞台裏を明かした。

源義経役の菅田将暉(左)と静御前役の石橋静河 (C)NHK

 菅田はまず、平家を滅ぼした後の義経について、次のように振り返った。

 「壇ノ浦で平家を滅ぼした瞬間から、何かぽっかり空いている感じがずっとありました。そこからの義経は、生きてはいるんだけど、亡霊のように、のめりこむもの、目標みたいなものがなく生きていたようでした」

 続けて、義経の最期のシーンについては、「いろんな思いがありますが、今日演じた感じだと、何かほっとしているようなところもあると思います。今日、最後に思ったのが、『これで兄上(頼朝)とのいざこざが終わるな』という、そんな気持ちでした」と複雑な胸の内を告白。

 義経を悲劇へと追い込んだ兄・頼朝との関係については、「第14回ぐらいから、義経は頼朝に会っていないんですよね」と前置きした後、「『悲しい話だけど、頼朝・義経をどう描くんだろう』って視聴者目線で見たときに、この2人の“仲たがい感”の描かれ方は千差万別で、いろんな見せ方がある」と一般論を展開。

 その上で、「でもどんな描かれ方でも、義経はただただ純粋に兄上のことが好きなんだなっていうのだけは共通していると思いました。そこは最後までできてよかったと思います」と満足そうに語った。

 最後に、「そこにただ悲しさだけじゃなくて、いろいろな笑いも入ってくるし、リアルな『なんでこんなことになっちゃうかなぁ』っていうのを最初に持ってきて、ちゃんと最後の里(三浦透子)とのところまでつなげてくる三谷幸喜さんはすごいなと思いました」と巧みな脚本を絶賛した。

 なお、これが三谷作品初出演となる菅田は、5月7日に出演した「土曜スタジオパーク」で「(三谷幸喜に)まだ会ったことがないので。だからこれ、合ってんのかなっていうのも、不安なんですよね。(中略)全然違うって言われるかもしれない(笑)」との言葉も残している。だが、斬新かつ強烈な印象を残した今回の義経には、三谷もきっと満足しているに違いない。

 
  • 1
  • 2

Willfriends

amazon

page top