福士蒼汰、30歳の誕生日を控え、俳優人生の紆余曲折を語る「心が落ちているときもあった。でも、生きていればいい」【インタビュー】

2023年4月28日 / 09:00

 福士蒼汰が主演するドラマ「弁護士ソドム」が、4月28日午後8時からテレビ東京系で放送スタートする(初回2時間SP/毎週金曜午後8時~8時54分)。本作は、周りから「ソドム」と呼ばれる型破りな“詐欺加害者専門弁護士”小田切渉が、弱者を食い物にする“詐欺加害者”の味方をし、裁判で勝たせていくスリリングなリーガルサスペンス。

 ある目的から詐欺加害者に手を貸す悪徳弁護士になった主人公の渉を福士が演じ、正義感の強い人権派の弁護士役を玄理、渉の仲間の天才ハッカーを加藤清史郎、変装が得意な元結婚詐欺師を山下美月が演じる。本作に企画の段階から参加し、さまざまなアイデアを出したという福士が、本作に懸ける思いや見どころ、さらには5月に30歳の誕生日を迎える心境や、俳優人生の紆余(うよ)曲折について語ってくれた。

福士蒼汰(C)テレビ東京

-本作は、テレビ東京が金曜8時のドラマ枠をリニューアルした第1弾の作品となりますが、本作に懸ける思いを教えてください。

 新しい枠で心機一転ということなので、最初にお話を頂いたときは、やりがいを感じましたし、何か自分なりの新しい風を与えられたらと思いました。台本が出来上がる前の企画の段階からプロデューサーの方々とコミュニケーションを重ねて、作品を作っていきました。

-福士さんは、具体的にはどんなアイデアを出したのでしょうか。

 僕自身が詐欺を題材にした作品に興味があり、やってみたいと思っていたところ、テレ東さんから弁護士ドラマの企画をご提案いただきました。その二つを合体させて、今回のテーマが“詐欺加害者専門の弁護士”に決定したんです。主人公のキャラクターを考えていく中で、家族の話を盛り込むことになったり、ハラハラドキドキを感じられるアクション要素も取り入れることになったりしました。

-小田切渉を演じる上で感じている難しさとやりがいを教えてください。

 渉は悪徳弁護士で、ダークな面を持ち合わせていながらも、すごく人間味があって。彼が隠し持っている過去を同時に表現しないといけない部分は難しさもあり、彼の魅力的な部分でもあるので、すごく大事にしているところです。僕は弁護士役が初めてなので、法廷のシーンは、楽しくてやりがいがあるなと思っています。

-共演している玄理さん、山下美月さん、加藤清史郎さんの印象を教えてください。

 玄理さんと清史郎くんは初共演なのですが、2人ともすごく明るい方なので、ダークな作品の雰囲気とは違って、笑顔が絶えない現場になっています。山下さんも初共演ですが、作品のキャラクターにぴったりだなと思いますし、変装するシーンが多いので見どころの一つになっています。

-劇中には、だまされる人がたくさん登場しますが、福士さん自身はだまされやすい方ですか。

 僕はあまりだまされない方かなと思います。全てを疑ってかかるし、真実を知りたいタイプなので、そういう意味では渉と似ているかもしれないです。うそっぽいことはもちろん疑いますが、一見真実に思えることでも疑うようにしますし、怪しいものがあった瞬間に、そこから離れるようにします。

-作品からは少し離れますが、福士さんは5月に30歳の誕生日を迎えます。俳優のキャリアを積んで、20代最後というところで、現時点で俳優の仕事について思うことがあれば教えてください。

 俳優の仕事は、今はすごく楽しいのですが、楽しいと感じられなかった時期もあって。人生と同じように役者の人生にも波があって、その中で落ちているときにも学ぶものがあるし、自分の気持ちが高いときにも学ぶものがあると思います。そのときそのときの自分の素直な気持ちに気付いてあげるのが大事かなと、今までのお仕事を通じて気付けました。今はすごく楽しくお仕事をさせていただいているので、能動的に台本や演技と向き合って、いろんな人にいい影響を与えられるようになれたらいいなと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top