唐沢寿明「俳優冥利に尽きる作品」内田有紀「みんなが唐沢さんに道場破りに来るような現場」期待のサスペンス大作に手応え十分「連続ドラマW フィクサー」【インタビュー】

2023年4月21日 / 08:00

 ある夜、総理大臣を乗せた自動車が事故に遭い、運転手が死亡する。総理が意識不明の重体となったことで、権力の座を狙う政治家、真相を追う刑事やジャーナリストたちが動き出す。その中心で暗躍するのは、刑務所帰りの謎の男、設楽拳一。関係者たちを手玉に取る拳一の目的、そして事件の裏に隠された真相とは…。4月23日からWOWOWで放送・配信スタート(第1話無料)となる「連続ドラマW フィクサー」は、3Seasonで全15話にわたって展開されるノンストップサスペンス大作だ。超豪華キャストが集結した本作の主人公・設楽を演じる唐沢寿明と報道番組キャスター・沢村玲子役の内田有紀が、撮影の舞台裏やドラマの見どころを語ってくれた。

唐沢寿明(左)と内田有紀

-脚本を手掛けたのは、唐沢さん主演の「白い巨塔」(03~04)をはじめ、数々のヒット作を送り出してきた井上由美子さんです。脚本を読んだときの感想は?

唐沢 井上さんとは今まで何本もやっていて、それぞれ素晴らしいんですけど、その中でも今回は特に「来たな!」という感じです。こういう作品に出られてよかったなと、つくづく思います。

内田 台本を読む手が止まりませんでした。たくさんの登場人物一人一人がみずみずしく描かれていたので、「全員に命が吹き込まれている台本だな」と感じました。最後までワクワクしながら一気に読んでしまい、とても刺激的な経験となりました。

唐沢 登場人物それぞれのバックグラウンドがちゃんと書かれていて、俗に「脇」と言われる人たちが自分の足で立っている。だから、主役だけじゃなく、みんなやりがいがあるんじゃないかな。逆に自分はあまり前に出なくていい感じで。拳一が言ったことに対して、人が動いたり、状況が変わったり、というようにすごく見応えがあるから。

-唐沢さん演じる設楽がさまざまな人物と関わることで、ちりばめられた謎や思惑が少しずつ明らかになっていく展開はとてもスリリングです。

唐沢 拳一は語り部みたいなもので、いっそナレーションでもよかったんじゃないかと思うぐらいで(笑)。皆さんがこの作品の作風を分かっていて、脚本も十分に読み込んでいるから、顔つきも違いますよね。藤木(直人/総理大臣首席秘書官・中埜弘輝役)くんもそうだし、要(潤/拳一の秘書兼運転手・丸岡慎之介役)くんなんか、せりふも少なく、拳一の横に立っているか、車を運転しているだけ、みたいな感じなんだけど(笑)、これが本当にいい役で。驚きますよ。こうきたかって。

内田 しびれますよね。

唐沢 最初は分からないんだけど、進んでいくと、「おいおい、いい役じゃん…」って。これが、「俳優冥利(みょうり)に尽きる」ってことじゃないかな。普通は、運転手のバックグラウンドなんて描かれないもの。

内田 監督の西浦(正記)さんが、一人一人のキャラクターをとても丁寧に粒立たせてくださるので、皆さん現場に入ると、自然とその世界観に染まっていくんですよね。もちろん脚本自体も、そういうイメージを駆り立ててくれるように書かれていますし。

-内田さんが演じる沢村玲子も設楽と関わっていきますが、演じてみた手応えは?

内田 唐沢さんとは今回が「初めまして」だったんですが、初日にご一緒させていただいたとき、「面白い役だね。大変だけど、やりがいあるよね」とおっしゃってくださり、撮影現場でもスタッフの皆さんの足並みがそろっていることがよく理解できました。演じる側は常にやりがいのある仕事を求め、その期待に応えたいと思っていますが、役者がどれだけ年齢を重ねどんな経験をしても、それを発揮する機会を与えてくださる方がいないとその思いはかないません。そういう意味でも今回は素晴らしいステージに参加させていただけたので、1日も早く役柄を心になじませたいと思っていました。こうして形になっていく日々を感じ、すごく充実しています。

唐沢 詳しくは言えませんけど、彼女とも面白い展開がいろいろあるんです。でも、こんなに「撮っても撮っても終わらない現場」は本当に久しぶり(笑)。

内田 Season3までありますからね。拳一の部屋のセット撮影は、唐沢さんの道場みたいですよね(笑)。

唐沢 道場なんだ?(笑)

内田 唐沢さんの道場に俳優が道場破りに来る、みたいな感じ(笑)。それを手のひらで転がしていく拳一さんが魅力的で。だけど拳一さん自身も翻弄(ほんろう)されたり、かき乱されたり、いろんなことを経てフィクサーになっていく。その心情の変化も見どころです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top