篠原涼子&山崎樹範、夫婦は「許し合えることが理想」 朗読劇「したいとか、したくないとかの話じゃない」【インタビュー】

2023年4月18日 / 08:00

 篠原涼子と山崎樹範が出演する朗読劇「したいとか、したくないとかの話じゃない」が4月20日から開幕する。本作は、“セックスレス”をきっかけに問いかける夫婦の在り方、子育ての在り方を描いた、足立紳原作・脚本のファミリーストーリー。妻の恭子を篠原と佐藤仁美、夫の孝志を山崎と荒木宏文が演じる。篠原と山崎に本作の魅力や理想の夫婦像などを聞いた。

山崎樹範(左/ヘアメイク:浅山ジャスミン莉奈(TUNE)、中間愛梨(TUNE)、眞舘楓)と篠原涼子 (C)エンタメOVO

-出演が決まったときの心境を聞かせてください。

 篠原 足立(紳)さんが監督・脚本をした映画を拝見して、いつかご一緒したいと思っていたときに、このお話を偶然頂き、ぜひやらせていただきますと。朗読劇は今回、初めて出演しますが、以前から朗読劇にはすごく興味がありました。大きな挑戦になると思うので、それがいい刺激になると思います。今回は、お客さまに生でお芝居を見ていただくことで、対話をするような感覚を経験できるのではないかとすごく楽しみにしています。

山崎 篠原さんと佐藤さんのお相手をさせていただけるということで、本当に楽しみです。劇中では、夫婦げんかのシーンが多く、とにかく掛け合いが続くので、パートナーとしてこれほど心強い2人はいないなと思いました。篠原さんとは、先日もドラマで同じ作品に出演したことはありましたが、一緒のシーンはなかったので、今回は初めての共演です。佐藤さんと全くタイプが違うので、楽しみが倍になるなとワクワクしています。

-脚本を読んで、本作のどんなところに面白さを感じましたか。

篠原 口に出したくても出せないようなせりふがたくさんあって、恭子の言葉に共感できると思います。自分ではなかなか言えない言葉だけに、はっとしたり、考えさせられたりする場面も多いと感じました。

山崎 夫婦の形はそれぞれだとしても、必ずどの夫婦にも悩みや問題があると思うんです。今回の朗読劇では、セックスレスをとっかかりに、実は今まで見て見ぬふりをしてきた問題が一気に噴出してきます。入り口は違ったとしても、それはどの夫婦にもあることだと思うので、結婚されている方は特に、何かしらの共感を抱いていただけると思います。きっと、見終わった後に誰かに話したくなる、誰かと共有したくなる作品だと思いますし、この作品をきっかけに夫婦や友達同士でこれまで言えなかったことが言えるようになったらいいなと思います。

-篠原さんが演じる妻の恭子、山崎さんが演じる夫の孝志、それぞれに共感できるところはありますか。

篠原 全てにおいて、「分かる、分かる!」と思うので、それこそがこの作品の面白さだと思います。タイトルもそうですが、恭子はかなり衝撃的な言葉を孝志に投げつけるので、それもキャッチーで面白いと思いました。

山崎 孝志は、自己中心的で、何かあると人のせいにして、人をねたんで、なのに人に依存する。そんなところは100パーセント共感しかないです(笑)。本当に僕に近い人物だと思うので、とても理解しやすいですが、(演じることによって)自分と向き合って、自分の嫌なところを見て、それをさらけ出す作業になるので、それはそれでつらいものがあります(笑)。ただ、こうして自分自身をさらけ出すことがデトックスになるのかなと思って頑張ります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top