前田敦子「あのとき、子どもを産んでいて本当によかった」 28歳で出産時の“心の揺れ”を振り返る【インタビュー】

2023年4月10日 / 17:00

 前田敦子が主人公の1人を演じるドラマ「かしましめし」が、4月10日からテレビ東京系で放送スタートする(毎週月曜午後11時6分~)。おかざき真里の同名漫画をドラマ化した本作は、美大を卒業後、同級生の自死をきっかけに再会したアラサーの男女3人が、それぞれの人生に悩みながらも、みんなで集まってはにぎやかな“おうちごはん”を囲み、やがて一緒に暮らすようになる物語。自死した同級生の元カノの小田千春を前田が演じ、千春と再会する同級生を成海璃子と塩野瑛久が演じる。前田がドラマの役作りや見どころ、さらには私生活での思い出深い食事のエピソードや、28歳で子どもを出産したときの心境などを語ってくれた。

前田敦子(写真:Fujimoto Kazuhiro)

-本作は、前田さんにとって独立後初、7年ぶりの民放連ドラ主演作となります。本作に懸ける思いを教えてください。

 自分では全く意識していなかったのですが、7年もたったのだなと感じています。今作では、千春たち同級生の3人がおいしいご飯を食べたり、準備したりしながら自然に会話していくので、見ている人たちの生活の一部のような感じで、何げなく見てもらえるような作品になればいいなと思っています。

-小田千春を、どんな人物と捉えて演じていますか。

 千春は自分をすごく持っていて、才能があるからこそ、何かにぶつかった後に、なかなか立ち直れないような人なのかなと思います。言葉数は多くないですが、1人の世界にひたっているわけでもなくて、千春のような子は現実の中で結構いるのではないかなと思ったので、周りにそういう子はいないかなと探して、参考にしながら演じています。

-成海璃子さんと塩野瑛久さんが共演すると聞いたときの感想を教えてください。

 成海璃子ちゃんは、デビューした作品でご一緒して以来、プライベートではよく同じカフェで会ったりしていたのですが、お仕事で共演するのがすごく久しぶりで。以前の作品も親友になる役だったのですが、今回はもともと親友の役なのでうれしいです。塩野さんは初共演ですが、すごくきれいな方で、原作の英治に見た目もぴったりな方だなと思います。見ている方にとって、癒やしのような存在になってくれるんじゃないかなと思います。

-おいしいご飯をみんなで分かち合うことが描かれる作品ですが、前田さんがこれまで食事をしてきた中で、一番心に残っているのは、どんなシチュエーションで食べた、どんな食事ですか。

 去年の秋頃に、京都に仲良しの趣里と一緒に2人で旅行したのですが、趣里が子どもの頃から行っている鶏鍋屋さんを予約してくれて食べたのが本当においしかったです。ちゃんとした外食をここ最近できてなかったなということを、そのときに改めて思いましたし、そのときの食事は、ここ数年の中でも特別においしくて楽しくて、全部が最高でした。

-一番幸せを感じる、好きなご飯のメニューは何ですか。

 私は基本的に年中、魚を食べているので、魚とお米と大豆と野菜があれば生きていけると思っているんです。だからこそ、たまにご褒美でお肉を食べたくなるので、お肉はすごく特別で。自分の中で日常的に食べる物ではないので、ここぞというときに、がっつりお肉を食べるのが幸せです。

-前田さんが、私生活で仲がいい友達と「おうちごはん」をして、幸せを感じたエピソードがあれば教えてください。

 私は子どもがいるので、友達とみんなでおしゃべりするときは、大体みんなが私の家に来てくれて鍋をやったり、出前を頼んだり、ご飯を食べながら楽しむことが多いんです。「何かジャンクな物を食べたいよね」「今日はチートデイ」と言って、みんなで食べたり、おしゃべりをしながら時間を過ごすのが好きなので、友達たちと、山ほど注文して食べたり、好きな物を入れたお鍋を作ったり、食べ物は大切な人たちとの交流の中では、絶対に真ん中にあるものだなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

Willfriends

page top