天海祐希&松下洸平、新ドラマの見どころを語る 食生活についても熱いトーク「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」【インタビュー】

2023年4月15日 / 08:00

 天海祐希と松下洸平の共演で、柚月裕子の小説をドラマ化した「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」が4月17日から、カンテレ・フジテレビ系で放送される。本作は、頭脳明晰(めいせき)な探偵の上水流涼子(天海)が、変装を武器に、IQ140の貴山伸彦(松下)とタッグを組み、さまざまな依頼を、超大胆な方法で解決していく痛快エンターテインメント。本作で初タッグを組む天海と松下に撮影の様子、ドラマの見どころなどを聞いた。

ドラマ「合理的にあり得ない ~探偵・上水流涼子の解明~」のワンシーン  (C)カンテレ

-今回が初共演となりますが、互いの印象を教えてください。

天海 これまで作品を見させていただいた印象では、巧みな役者さんだなと。役について、いろんなことを考えているんだなということが、拝見していて伝わってくるし、実際にお目にかかって、一緒にシーンを重ねると、本当に最初に画面から受けていた印象そのままの誠実な方だなと思いました。

-巧みな役者さんとは?

天海 表現が難しいですが、技術的にうまいというだけでなく、考えていることを、ちゃんとそのまま自分で表現できるという、うまさもお持ちになっている。ちょっとポンポンポンとやってみると、ガッツリ付いてきてくれるので、何て頼もしいんだろうって。また合間にお話してみると、とても前向きで真摯(しんし)な方。そしてハンサムじゃないですか(笑)。見ていると幸せになりますよね。

松下 ありがとうございます! 僕も、数え切れないほど天海さんの作品を拝見してきたので、まさかこうしてバディを組ませていただく機会が来るとは。非常に光栄です。一報出しの写真を2人で撮らせていただいたときに、画面に映るツーショット写真を見て「僕、本当にやるんだ」と、やっとそこで実感しました(笑)。しかも、その写真に映る天海さんが本当に格好いい。また涼子とリンクする部分もあって、とても真っすぐなんです。「この人に付いていけば間違いない」と思わせてくださるような方で、現場での居方も含めて、勉強になることが多いです。5月までご一緒できるということで“格好良さとは何だ”ということを、盗めるところは盗んで帰りたいです。

-ご自身の役柄については、どう捉えていますか。

天海 原作の涼子さんは結構淡々していますが、脚本では、ちょっとコミカルな部分も描かれています。また涼子さんは、過去に割と大きな痛い目に遭っていて、それで人を心底信用することができなくなってしまっている。そこが一番、この人の大きな核だと思っているので、ドラマが進むにつれて、そこがどう変化していくのかを表現できたらいいなと思っています。

松下 貴山は本当に癖のある性格でして…。非常に頭がいいし、全てにおいて論理的に物事を進めます。一方で貴山自身も、人を信じられない部分があるなど、抱えているものがあります。話を進めるごとに、それが一体何なのか…。今後、人としてのありのままの姿みたいなのものも出てきますので、役を作る上では、そこをベースにしています。

-今回は探偵物ですが、見どころなどを教えてください。

天海 涼子さんは、精神的にも鉄の女っぽいところがあるのですが、人間って強いだけじゃないから、どこか人に見せない柔らかい部分が絶対にあって。その柔らかい部分を貴山には見せてはいないのだけれど、その雰囲気を貴山は察していて、いろんな場面でちょっとかばってくれたりするんです。ガッと進んでいく涼子さんを抑えつつ、貴山が冷静な目で、どういう方向にかじ取りをしていくのかという部分も、注目していただけたら。主導権を握っているのは涼子さんに見えて、後ろで操作しているのは貴山なんです(笑)。

松下 見どころは、潜入のときの衣装です。しかもわれわれ、絶対にバレていますよ(笑)。でも、そこがこのドラマの面白いところ、クスッとしていただけるポイントだと思います。1話につき、本当に何回も衣装替えをして、いろんな所に潜入しているので、間違いなく今まで見たことのない天海さんが見られると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

Willfriends

page top