竹内涼真、多重の人格を持つ難役に挑戦!「一人一人の交代人格にこだわって作りました」 ドラマスペシャル「ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者」【インタビュー】

2023年3月23日 / 09:00

 沢村一樹が主演するドラマスペシャル「ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者」が、3月24日午後8時からテレビ東京系で放送される。本作は、過去の事件で妻を殺害された元刑事が、新たな連続誘拐事件をきっかけに、事件の真相に迫るヒューマンサスペンス。主人公の元刑事・獅子舞亘を沢村が演じ、連続誘拐事件の容疑者となる複数の人格を持つ解離性同一性障害(DID)の青年・元村周太を竹内涼真が演じる。本作で、幾つもの人格を持つ難役に初挑戦している竹内に、ドラマの見どころや役作りで苦労したこと、撮影現場でのエピソードなどを語ってもらった。

竹内涼真 (c)テレビ東京

-今回、DIDという多重の人格を持つ難しい役どころを演じていますが、撮影に当たって準備したことはありますか。

 クランクインするまでに約1ケ月半の準備期間があったのですが、その期間はプロデューサーの皆さんから頂いたDIDの資料や本を読んだり、DIDの子どもたちと触れ合う機会があって、その中からヒントを得たりしました。人格が連続してチェンジするシーンは、自分の姿を動画で撮影して何度も見返したりもしましたし、たくさん勉強をして一人一人の交代人格にこだわって作っていきました。

-脚本を読んで、どんなところに面白さを感じましたか。

 DIDという一つの症例に基づいて物語が展開していくのですが、やはり僕の交代人格がチェンジする瞬間は見どころだと思います。僕が演じる元村周太は、幼少期に満足のいく愛情を受けられなかったことで、自分に足りないものや満たされていないものを無意識のうちに埋めていく作業を、一生懸命もがきながら埋めようとするんです。見てくださる方も、人間ドラマとして感情移入しながら見ていただけるのではないかなと感じています。DIDを題材とした作品は、自分が知らないところで犯罪が起きていたり、他人を痛めつけたりと、事件性に重きを置かれることが多いと思いますが、今回はいいことや悪いことという区別ではなくて、自分を守り、自分の愛情を勝ち取るために生きている姿をフィーチャーしているので、そこは今までになかったのかなと思います。

-今回演じた、それぞれの交代人格について教えてください。

 まずは主人格である24歳の元村周太と、人見知りで臆病な性格でありながら天才的なIQを持つ7歳のカブト、常に相手のことを否定しながら生きている乱暴な性格のバクという交代人格がいます。カブトは愛情を追い求めるために生まれた人格なので、獅子舞と出会ったときに愛情をもらうために、褒められようと忖度(そんたく)をするのですが、その一生懸命さが愛らしいなと思います。バクは自分が過去に否定され続けた経験から、相手のことを否定して自分が正しいと主張したいときに出てくる人格で、猪突(ちょとつ)猛進なんです。それぞれの人格が個性を持って生きているのですが、主人格が心の奥底で求めている一つの目的に向かって進んでいくんです。

-作品に臨むにあたって、苦労したことはありますか。

 今回は交代人格を作る準備が大変だったというよりも、台本がすごく複雑な内容なので、それを読み解くのに一番時間がかかりました。僕が演じる元村周太が、この物語においてどのような意味をもたらすのかを明確にしたことで、それぞれの交代人格のキャラクターを、物語上でどのように表現していけばいいのかが見えた気がします。

-役を演じる上で、監督からリクエストされて印象に残っていることはありますか。

 主人格から、それぞれの交代人格のキャラクターに変わる瞬間の目です。数秒の間合いだと思うのですが、監督が目が変わる瞬間を色とりどりに撮っていきたいと言ってくださったので、そこは監督と相談しながら意識して臨みました。

-主演の沢村一樹さんと演技で対峙(たいじ)した感想はいかがですか。

 僕がいろいろな人格にチェンジして、沢村さんが演じる獅子舞にあらゆる球を投げさせていただきましたが、大きな懐で受け止めてくださるので、沢村さんとのお芝居はすごく楽しかったです。その場で生まれるものもたくさんありましたし、目の前のキャッチボールを大切にしてくださるので、僕もあまり芝居のプランを決めて行かずに、現場でいい距離感でお芝居させていただきました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top