松井玲奈、念願の劇団☆新感線に出演「新しい扉を開いて世界を広げていきたい」【インタビュー】

2023年3月1日 / 08:00

 俳優の松井玲奈が、3月10日から開幕する、2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演Shinkansen faces Shakespeare「ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~」にヒロインのモナ役で出演する。大河ドラマ「どうする家康」では家康の側室・お万を演じるなど、数々のドラマや映画で活躍している松井だが、近年は舞台作品でも強い存在感を放っている。松井に、出演を熱望していたという劇団☆新感線の新作公演への意気込みや、舞台への思いなどを聞いた。

2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演Shinkansen faces Shakespeare「ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~」

-憧れだったという劇団☆新感線への出演は、本作が初となります。出演が決まったときの心境を教えてください。

 いつか出演したいとずっと思っていたので、やっと夢がかなったという思いでした。自分が目標にしていたステージに立てるということが、とてもうれしいです。私は、毎年、その年の目標を書いているのですが、そこに毎年のように「劇団☆新感線の舞台に出る」と書いていました。やっとその目標がクリアできるんだなといううれしさもありながら、そこで満足せずにさらに頑張っていかなければいけないなと感じています。

-本作は、シェークスピアの「オセロ」を青木豪さんが翻案し、戦後の関西らしき場所にある港町を舞台に、混沌(こんとん)とした時代に生きるチンピラやくざたちの喜怒哀楽を描いています。シェークスピアを新感線らしい味付けで表現した作品ということですが、それについてはどう感じていますか。

 「ジュリアス・シーザー」「歌妖曲~中川大志之丞変化~」、そして本作と3作連続でシェークスピアを題材とした作品に出演しているんです。ご縁があるなと思います。シェークスピアの作品には女性の登場人物は数少ないのですが、今回、私が演じるモナは、そんなシェークスピア作品の中でも特に無垢(むく)に描かれている女の子です。そうしたモナを劇団☆新感線のコメディー色が強い演出の中で、自由に演じさせてもらえるのは自分にとって挑戦になると思います。

-どんなところが挑戦になりそうですか。

 彼女の純真さを愛らしく、そしてコミカルに表現しなければいけないのですが、私はそれが苦手で…。恥ずかしくなってしまうんです。なので、今回、殻を破って演じなければいけないなと思います。それから、関西が舞台なのでせりふが関西弁で、その関西弁の中にもシェークスピアの空気感や芯の部分は残っているので、何度も繰り返し声に出して、自分の中に言葉を落としていかないと操れるようにならないと感じています。どうしよう、大変だってパニックになるのかなと思っていましたが、実際はすごく楽しみながら稽古できています。

-モナを演じる上で、どんなことを意識していますか。

 モナは、エネルギーにあふれていて、常に動いて飛び跳ねている、愛らしさのある女の子というイメージです。そして、最初から最後までオセロを真っすぐに愛し続けています。その清らかなところは、見ている人にもしっかり伝わるようにモナというキャラクターを作っていきたいなと思っています。

-オセロ役の三宅健さんの印象は?

 モナはオセロと一緒にいると、とにかくはしゃいでいるのですが、そのはしゃいでいるモナを三宅さんはしっかりと受け止めてくださるので、安心して突進していける気がしています。ストレートに「好き好き」というのは恥ずかしくもあるのですが、そこが彼女の愛らしさでもあると思うので、モナとして“好き”のパワーを投げつけていきたいと思います。それから、関西弁がとてもお上手。最初のお稽古から流ちょうに話していらっしゃったので、うまく話せない私は焦りました。

-「歌妖曲~中川大志之丞変化~」でも生き生きと演じる姿が印象に残っていますが、今、舞台で演じることの楽しさをどんなところに感じていますか。

 自分のお芝居の仕方によって、相手から返ってくるものが違いますし、そうやってみんなでいろいろなパターンを試して、そのシーンをどんどん豊かにしていき、いろいろな解釈が生まれてくるというのがお芝居をやっていて楽しいと思う瞬間です。同じ戯曲でも印象がどんどん変わっていくんですよ。みんなで作っているという感覚があって、やりがいも感じられます。なので、舞台で感じていることを映像でもできるようになったら、もっとお芝居が楽しくなるんだろうなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top