倉科カナ「大奥」に綱吉の側用人・柳沢吉保役で出演 「吉保の愛の行き着く先にも注目していただけたら」

2023年1月30日 / 20:30

 毎週火曜日に放送中のNHKドラマ10「大奥」。2月7日からスタートする「5代・徳川綱吉×右衛門佐編」の追加キャストとして、倉科カナが発表された。

 本作は、3代将軍・家光の時代から、幕末の大政奉還にいたるまで、男女が逆転した江戸パラレルワールドを描いてセンセーションを巻き起こした、よしながふみ氏作の『大奥』をドラマ化。

 「5代・徳川綱吉×右衛門佐編」では、唯一の世継ぎ・松姫が急死し、閉経を迎えてもなお子作りを迫られる綱吉(仲里依紗)の姿が描かれる。

 江戸市中では赤穂事件や生類憐みの令も手伝って評判が下落し、善政を敷けず、世継ぎも作れない自分はなぜ生きているのかと号泣する綱吉に、大奥総取締・右衛門佐(山本耕史)は「生きるということは、女と男ということは! ただ女の腹に種をつけ、子孫を残し、家の血をつないでいくことではありますまい!」と抱きしめる。

 倉科が演じるのは、綱吉への忠誠心を誰よりも強く持つ美しき側用人・柳沢吉保役。

 放送を前に、倉科は「吉保の静かにうごめく感情、深い愛、愛故の憎悪、演じていてとても苦しく、最後の最後までも、やはりむなしくて。でも、その抱えているもの全てを表面に出さず、ただただ寄り添い、見詰めている吉保の気高い姿。表立って華やかな役柄ではないですが、ぜひ吉保の愛の行き着く先へも注目していただけたらうれしいです」とコメントを寄せた。


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top