Dream Ami、「この先の人生を動かす大きなきっかけになる」初めてのグランドミュージカルへの思い【インタビュー】

2023年2月12日 / 08:00

 Dream、E-girlsの中心メンバーとして活動し、現在はソロアーティストとして活動するDream Ami。近年では、舞台作品にも挑戦し、俳優としての活動もスタートした。3月11日から開幕するミュージカル「ジキル&ハイド」には、桜井玲香とダブルキャストでエマ役で出演。Dream Amiにとって、本作は、初めてのグランドミュージカルでもある。本作に懸ける思いや、ミュージカルへの出演を決めた思いなどを聞いた。

Dream Ami (ヘアメーク: Midori Fukuda(Luana)/スタイリスト:Goto Noriko)(C)エンタメOVO

-本作は、2001年の初演以来、上演を重ねてきた人気作です。出演が決まったときはどんな心境でしたか。

 すごくうれしかったのですが、驚きもありました。オーディションで選んでいただいたのですが、私はまだ、さほどミュージカルの経験がなかったので、まさか選んでいただけるとは思ってもいなかったです。でも、これも経験の一つだと思って挑んだので、とても光栄ですし、自分にとってこの先の人生を動かす大きなきっかけになるのではないかと思っています。

-もともとミュージカルに出演したいという思いがあったのですか。

 正直にいうと、全然なかったです。私は中学2年生でDreamとしてデビューして以来、グループで歌やダンス以外のこともたくさんさせていただく中で、ミュージカルにも何度か出演させていただいたことがありました。ただ、グループで出演したということもあって、グループ活動の延長線上にあるもののように思っていて、どこか中途半端な気持ちでやっていたんだと思います。なので、そのときは、ミュージカルの面白さが分からなかったんです。演技の経験もなかったですし、自信もなかったので…。ミュージカルを見るのは好きでしたが、出演する側ではないなと思うようになっていました。

-なるほど。

 ですが、歌って踊ることが好きだったので、何度も出た方がいいと勧められてはいたんです。それでも「私はやらない」とお断りしていたのですが、昨年、(所属する)事務所の代表のEXILE HIROさんとお話しさせていただく機会があり、そのときに「ミュージカルをやってみたら? いいと思うよ」と直接、勧めていただいたんです。そのときに、HIROさんから言っていただくということは、本当にやってみた方がいいのかもしれない。今までちゃんとやってもいないのに、やらないと決めていたのはもったいないことだったのかもしれないと思って、昨年、ミュージカルに出演させていただきました。グループを離れて、初めて1人で出演したのですが、それがすごく楽しかった。自分でも驚くほど、またやりたいと思うようになったんです。その矢先に「ジキル&ハイド」のオーディションのお話を頂いたので、こんな私がこのような歴史ある作品に出演させていただいてもいいのかと思いましたが、やりたいという思いの方が強く、受けさせていただきました。

-ミュージカルの面白さは、どんなところに感じたのですか。

 私は、これまで慣れ親しんだ環境に居心地の良さを感じていたので、全く違う世界に入ることには怖さもありましたが、入ってみたら、すごくエネルギーにあふれた、熱い世界でした。アーティストとしての活動とはまた違うものですが、みんなで一つのものを作り上げていくのが面白かったですし、私はやっぱり歌うのが好きなんだと改めて感じました。ミュージカルの楽曲は、私がこれまで歌ってきたようなJ-POPとは違いますが、小学生のときから合唱団に入って歌っていたので、そうした歌を歌う楽しさもありました。とにかく、すごく楽しかったんです。

-今回は、主人公・ジキルの婚約者で、彼をいちずに信じ、支え続けるエマを演じます。今現在は、エマという女性をどう捉えていますか。

 外見は、かわいくて柔らかい雰囲気を持っているけれども、芯のある強い女性だと思います。柔らかさとお嬢さまとしての気品、それから芯の強さを表現できたらいいなと思います。

-同じくエマを演じる桜井さんの印象は?

 メディアを通して見ていたときは、ふわふわした女の子らしい、柔らかな印象の方なのかなと思っていましたが、実際にお話をさせていただいたら、すごくしっかりしていて、自分を持っている方だなと感じました。28歳とおっしゃっていましたが、私よりも年上に感じたほど、落ち着いた方で…ふわふわしているのは私だけでした(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top