松本若菜「ただただ、1人の女性を生きたいという思い」“松本劇場”から一転、心優しき骨髄移植のドナー役『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』【インタビュー】

2023年2月13日 / 14:58

 骨髄移植によって命を救われた俳優の樋口大悟が、自身の体験に基づき、企画・原案・主演を務め、骨髄移植を待つ患者と骨髄を提供するドナーの現実を描いた『みんな生きている ~二つ目の誕生日~』が全国順次公開中だ。本作で、急性骨髄性白血病に侵された青年・桧山大介(樋口)に骨髄提供をするドナーの桜井美智子を演じたのは、TBS系の「夕暮れに、手をつなぐ」などで活躍中の松本若菜。昨年、「やんごとなき一族」(フジテレビ系)で“松本劇場”と話題を集めた怪演とは真逆の、心優しき骨髄移植のドナー役に込めた思いを聞いた。

松本若菜 (C)エンタメOVO

-骨髄移植を待つ患者の苦しみやドナー側の葛藤をリアルに描いたヒューマンドラマですが、オファーを受けたときの気持ちは?

 主演の樋口さんが、実際に白血病を経験し、ドナーの方から提供された骨髄液で命を救われたと聞き、「生半可な気持ちではお返事できないな」と思いました。だから、二つ返事で、というわけにはいかなかったのが正直なところです。時間的にどのぐらい、とははっきり言えないんですけど、台本がまだ出来上がっていなかったので、頂いたプロットを何度か読んでじっくり考えました。

-出演の決め手は?

 表現をしている人間として、何かお手伝いできることがあるなら…と。私はドキュメンタリー番組が好きで、普段からいろいろな番組を見ていたので、骨髄バンクについても初歩的な知識はあったんです。実際に、今もドナーを待つ患者の方たちがいますし、そういうことを知っていただく映画に参加するのは、意味のあることかもしれないなと。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、それが素直な気持ちです。

-演じる上で心掛けたことは?

 私が演じた美智子は、ドナーになると決めた後は、自分の中での葛藤や家族の反対もありながら、「自分が決めたことだから」と進んでいく、強い女性です。でももともとは、「そういえばドナー登録していたな」ぐらいの感じなんですよね。だから、マザー・テレサのような善意にあふれた“特別な人”ではなく、ごく普通の女性に見えるように心掛けました。

-役とご自身との距離感はいかがでしたか。

 私は結婚もしていませんし、子どももいないので、「家族のために」という部分は想像するしかないんですけど、「大切な人を傷つけたくない」、「もし大切な人が同じような病気になったら、どうする?」という美智子の葛藤は理解できました。特に、本当に骨髄提供をするのかと尋ねる夫の高志(岡田浩暉)に、「もし、自分の娘が交通事故に遭って、輸血が必要になったときのことを考えるの」と答えた場面は、一人の母親としてリアルな心情だと思ったので、丁寧にやりたいと思っていました。両沢(和幸)監督も、その気持ちを酌み取ってくださり、撮影も丁寧に進めていただくことができました。

-美智子のような役は、一歩間違えると表面的な善人になってしまいそうですが、どこにでもいそうなリアルな女性に見えたところがすてきでした。

 そこは意識していたところでした。そういう意味では、ドナーとして骨髄採取を終え、麻酔から覚めた美智子が真っ先に「患者さんは?」と尋ねるんですけど、医師の先生が「(採取した骨髄液が)先方に届いている頃です」と答えたとき、「よかった…」とつぶやく場面があるんです。その「よかった」は「患者さんの元に届いたんだ、よかった」だけでなく、「私も生きている、よかった」という気持ちも伝えたいと思っていました。

-松本さんは“松本劇場”と話題になった昨年の「やんごとなき一族」をはじめ、最近の「夕暮れに、手をつなぐ」や「探偵ロマンス」(NHK)などで、一癖ある人物がハマり役になっている印象があります。本作の美智子は、それらとは真逆のごく普通の人ですが、気持ちの違いなどありますか。

 実は撮影順でいうと、この作品は皆さんが私のことを知っていただいた昨年よりも前なんです。もちろん、キャラクターが違うので、役の作り方などは違いますけど、そこに特別感を持つと偽善者になりそうなのが嫌だったので、今回は本当にただただ、1人の女性を生きたいという思いでいました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top