新納慎也、大河ドラマに続いて三谷幸喜作品に出演「三谷さんは“お葬式で笑い出してしまう人”」【インタビュー】

2022年10月21日 / 18:00

 数々のミュージカルやストレートプレーに出演し、舞台俳優として活躍するだけでなく、テレビドラマや映画でも存在感を示している新納慎也。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では阿野全成役を演じ、全成の登場が最後となる放送回後には「全成ロス現象」を巻き起こすなど、大きな反響を集めた。11月7日からは、「鎌倉殿の13人」の脚本を担当していた三谷幸喜が作・演出を務める舞台「ショウ・マスト・ゴー・オン」に出演する。本作は、三谷が主宰する劇団「東京サンシャインボーイズ」が、1991年に初演したコメディーを、三谷自らリニューアルして上演。“小道具づくりのレジェンド”役を演じる新納に、三谷作品への思いや公演への意気込みなどを聞いた。

新納慎也 (撮影:加藤孝/ヘアメーク:田中エミ(Rapport81)/スタイリスト:津野真吾(impiger))

-三谷作品には「鎌倉殿の13人」に続いての出演となりますが、三谷作品の魅力をどこに感じていますか。

 以前は、キャラクターのさまざまな事情が折り重なっていくシチュエーションコメディーの面白さが好きでしたが、三谷さんも年々、作品の色が変わってきて、進化していらっしゃるので、なかなかここと断言するのは難しいですね。だって、「鎌倉殿」はシチュエーションコメディーからは程遠い、おぞましい展開が続いているでしょう? でも、癖になる面白さがあって、人の闇や黒い部分をこれでもかと見せつけているのに、引きつけられてしまうんです。しかも、そうしたある意味、怖い話の中にも笑いの要素があって、その笑いがすごく上質で面白いんですよ。三谷さんの笑いは、一発芸のようなものではなく、その状況が面白いという笑いが多い。三谷さんはよく「笑わそうとしないでください。とにかく、みんなが本気で、リアルな演技をしてください」とおっしゃいますが、そうして作られる笑いも僕は三谷作品の好きなところです。

-本作では“小道具作りのレジェンド”を演じます。どんなキャラクターですか。

 伝説の小道具作りの名人、七右衛門という役なのですが、ネタバレになってしまうので、それ以上は言えません(笑)。実は僕、明日(取材翌日)の稽古で初めての登場シーンをやる予定なんですよ。ですが、僕が登場する以前のシーンで「七右衛門が来てくれる」、「七右衛門なら何とかしてくれるぞ!」と、さまざまなキャラクターたちが言っていて、期待を持たせているので、どうやって登場したらいいのか、今、思い悩んでいます(笑)。プレッシャーで胃が痛いです。

-三谷さんから何かアドバイスはありましたか。

 この作品の主役は、鈴木京香さんが演じる舞台監督の役なのですが、読み合わせのときに、三谷さんが「小道具作りの七右衛門という役がこの作品の真の主役と思ってください」と言い出したんです。僕も含めて、そこにいた全員が「えー! そんなばかな」って言いました(笑)。決して、そんな役柄ではないんですよ。それ(三谷の言葉は)は、僕へのいじりみたいなものですから。今日も、三谷さんが「明日は、いよいよ七右衛門が登場します。皆さん、ご期待ください!」と言って、稽古を終えたので…プレッシャーをかけられ続けています(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top