バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

2022年7月1日 / 12:00

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。

バズ・ラーマン監督

-この映画を撮りたいと思ったきっかけを教えてください。

 単純な伝記映画にはしたくないと思いました。エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました。例えば、シェークスピアの『リチャード二世』のように。また、トム・ハンクスが演じたパーカー大佐というエルヴィスのマネジャーは、エルヴィスを売ることだけを考えていましたが、魂の部分はアーティストでした。

 こういう人物とうまく関係が結べればいいのですが、うまくいかない場合は、とても悲劇的なものになります。マネジャーとアーティストとの関係については、支配されて、罠にかけられたようになり、窒息しそうになるアーティストもいるようです。アイドルの生活は一見華やかに見えますが、実際は搾取されて、自分を破滅に導いてしまう場合もあります。そうしたところにとても興味を持ちました。

 これはエルヴィスが言った言葉ですが、「作られたイメージで生き続けることはとても難しい」と。今、たくさんいる若いアイドルも、かなりのプレッシャーを感じていて、それに負けてしまう人もいると思います。ファンタジックなイメージを抱かれて、それを完璧にこなそうとしても、それは無理な話です。

-エルヴィス役のオースティン・バトラーを発見したときの気持ちは?

 キャスティングの方法がいつもとは違いました。あまりにも彼が役に成り切っていたので、ではこういうケースだったらどうリアクションをするかという、テストをしたという感じでした。そして、スクリーンテストでは、若い頃のエルヴィス、年を取ったエルヴィスとかではなく、とにかくオースティンの歌が聴きたいと思いました。オースティンはこれまではほとんど知られていない存在でした。でも、この映画がナンバーワンのヒット作になって、今は『GQ』とか、いろんな雑誌のカバーを飾っています。これはかなり早い売れ方です。それで、急に有名になったらどういうことになるのか。『タイタニック』(97)で急に有名になったレオナルド・ディカプリオがその対処の仕方を教えてくれています(笑)。

-今回は、エルヴィスが亡くなった後に生まれた世代も映画館に足を運ぶと思いますが、その点についてはどう思いますか。

 例えば、アメリカの20代の女性にしても、エルヴィスのことはほとんど知らないです。今回、『トップガン マーヴェリック』を抜いて、週末の興行収入の1位になったのも、エルヴィスというよりも、オースティン・バトラーを見たい人が多いからです(笑)。若いアイドルは急に人気が出たり落ちたりします。今の人はそういうことにとても興味があるようです。それが特徴だと思います。また、今の若者の多くは、エルヴィスのことを、白いジャンプスーツを着た男としてしか認識していないと思います。でも、彼が反逆児であり、世の中に不満を持っていたというところには、今の若者も共感できるのではないかと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top