オースティン・バトラー「この映画で、“人間エルヴィス・プレスリー”と出会ってください。そして、彼の素晴らしいステージを目撃してください」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

2022年6月30日 / 12:00

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を、バズ・ラーマン監督が映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作で、プレスリー役を見事に演じたオースティン・バトラーが初来日し、プレスリーや映画について熱く語った。

エルヴィス・プレスリーを演じたオースティン・バトラー (C)エンタメOVO

-まず、今回プレスリー役に決まるまでの経緯と、役に決まったときの心境を聞かせてください。

 最初に、自分が「アンチェインド・メロディ」を歌っている映像をバズ・ラーマン監督に送りました。それはとてもパーソナルなものでした。それを見た監督からニューヨークに呼ばれました。初めて会ったときに3時間話をしました。翌日、監督が「脚本を読んでみないか」と言ってくれましたが、それは正式なオーディションではなく、2人でコラボレーションできるかどうかを探るような感じでした。それから、その作業が5カ月間続きました。

 その後、スタジオ側に正式にオーケーをもらわなければならなかったので、スクリーンテストをしました。1週間後に監督から決定の連絡が来て、映画の中の(プレスリーのマネジャーの)パーカー大佐(トム・ハンクス)のせりふである「ミスター・プレスリー、飛ぶ準備はできているかい」と言われました。最高の瞬間でした。ただ、スリルと同時にすごく責任も感じたので、すぐに準備に取り掛からなければと思いました。

-実際に演じてみてどう感じましたか。

 それを話すととても長くなります。どこから話せばいいのか(笑)。最初から、この映画に参加することで、自分はこれまでとは全く違う人間になるだろうとは思っていましたが、それがどんな意味を持つのかは分かりませんでした。ただ漠然と、自分では気付かないことを引き出してもらえたり、未知への挑戦を体験するのだろうとは思っていました。

 最終的には、恐怖心に対する自分の考え方が少し変わりました。僕もエルヴィスと同じなのですが、とてもシャイで、舞台に上がることに緊張してしまうタイプなんです。それに、今回エルヴィスを演じることの責任はとても重かったし、彼のレガシーもあるし、ファンの方やご家族もいます。でも、考えてみれば、エルヴィス自身も、“エルヴィスであること”へのプレッシャーを常に感じていたし、家族や友人たちをいかに守っていくのかということをずっと考えていたので、自分とはかけ離れていると思っていたエルヴィスが、実はいろいろな面で自分とつながっていると感じることができました。本当にたくさんのことを学び、今は、以前とは全く違った人間になれたと思っています。。

-では、演じた後で、プレスリーに対するイメージは変わりましたか。

 一つには、アイコンと呼ばれるような人は、総じて誤解されているところがあると思います。僕たちは、彼らが突然、最初からその状態で世の中に登場してきたと思いがちですが、実はそうではありません。僕もエルヴィスに関しては、生まれたときは双子だったけど、兄弟を失ったことを知ったのは、とても興味深いことでした。生まれながらにして、もう一人の自分がいなくなったのですから、ずっと心に穴が空いていたわけです。でも、それが母親との絆を強めることにもなった。彼女にとっては、とても悲しんでいたときに、エルヴィスというミラクルが生まれてきたわけですから。

 もう一つは、エルヴィスの音楽は、ブラックミュージックやブラックカルチャーなくしては存在しなかった、今回は、そういう文脈をきちんと描いていると思いました。テントや教会で奏でられていたゴスペルや、ビールストリートで聴いた音楽に触れなければ、エルヴィスの音楽は誕生しなかったのです。ほかに知らなかったことは、エルヴィスの感受性の豊かさやもろさ、そして不安定な部分でした。あとは、彼は生涯スピリチュアルな人だったようですし、ユーモアのセンスにも優れていました。そうしたことも彼の一部です。彼のことを知れば知るほど、好きになりました。

-この映画は、プレスリーのことを知らない、若い世代にぜひ見てほしいと思いました。彼らに向けて、何かメッセージがあればお願いします。

 そう感じてもらえて、とてもうれしいです。観客には、自分がこの映画を通して体験したことと同じような感覚を抱いてもらえたらと思います。僕は、映画を作りながら、エルヴィスのことをどんどん知っていくという体験をしました。例えば、彼が、いかに心が広く、優しく、たくさんの愛を持っていて、感受性が豊かであったかということ。それと同時に、強い反骨心も持っていたこともです。

 また、今は、エルヴィスといえば、白いジャンプスーツのイメージが強いと思いますが、彼の反骨児時代は、舞台の上でゴロゴロしたり、獣のような、本能的な感じを出したりと、まるでパンクロックの誕生を思わせるものがあります。そこにもワクワクすると思います。あとは、彼が自分のビジョンを裏切らずに行動したところも心に響くと思います。

 僕が最もインスピレーションを得たのは、彼がオリジナルであることを恐れなかったことです。それと同時に、周囲のものも積極的に取り入れていたところもすごく好きです。ファッションや音楽の選択においても、彼には芸術性がありました。その部分も見てほしいです。この映画をきっかけにして、彼の音楽を聴いてみたり、彼の素晴らしい芸術に触れてもらえればいいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top