オースティン・バトラー「エルヴィスの物語を分かち合えることを幸せに思う」 バズ・ラーマン監督と共に来日

2022年6月29日 / 06:39

オースティン・バトラー(左)とバズ・ラーマン監督 (C)エンタメOVO

 映画『エルヴィス』来日記念イベントが28日、東京都内で行われ、主演のオースティン・バトラーとバズ・ラーマン監督が登壇。ゲストとして玉城ティナほかが登場した。

 本作は、若くして謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。

 ラーマン監督は「日本人にとても愛されたエルヴィス。彼の夢は日本に来てパフォーマンスをすることだった。しかし、いろいろな罠にかかりそれはかなわなかった。どうしてそんなことに…? その謎は映画を見れば明らかになります」とアピールした。

 初来日となったエルヴィス役のバトラーは、温かい歓迎に「アリガトウ」と笑顔で感謝。「エルヴィスの来日の夢がかなわなかったことは、彼の悲劇の一つでもありますが、こういう形で僕が彼の夢をかなえられたこと、そして、彼の素晴らしい物語を、今いる皆さんと分かち合えることをとても幸せに思います」と語った。

 日本がプロモーションの最終地となったことを「誇りに思う」といい、「今夜カラオケに行くのが楽しみです」と笑わせた。

 そんな2人に玉城がインタビューを実施した。「エルヴィスの一番の魅力」を尋ねられたバトラーは「僕が一番魅力を感じるのは“人間エルヴィス”。彼は貧しい家庭の出身で、生まれたときは双子だったけど、兄弟を失って、生涯(心に)穴が空いていた。そして仲のよかった母も若くして亡くなり…。そんな彼の魂を見つけることが、(演じる上では)とても大事でした」と役作りを振り返った。

 その過程でエルヴィスについて多くを学んだというバトラー。「ステージ上で、彼をエルヴィスたらしめるものは何なのか、彼を駆り立てたものは何なのか。彼は笑い声がとてもすてきなんです。ユーモアセンスも素晴らしく、とてもスピリチュアルで、物事を深く考える人。知れば知るほど彼を大好きになっていきました」と熱い思いを口にした。

 映画は7月1日から公開。

 


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

ドラマ2024年4月21日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマン … 続きを読む

北山宏光主演の「きみけも」ラストの展開が「すごく怖い」 「闇が深くて目が離せない」「神崎も宮ノ森も危ない」

ドラマ2024年4月20日

 北山宏光が主演するドラマ「君が獣になる前に」(テレビ東京系)の第3話が、19日に放送された。  本作は、さの隆氏の同名漫画を原作に、ドラマオリジナルの脚本で実写化。人が持つ闇や獣性を描き、人間の暗部をとことんえぐる戦慄のノワール・サスペン … 続きを読む

「季節のない街」「キャッツを超えた!」「訳分からんパワーがすごい」

ドラマ2024年4月20日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第三話「半助と猫」が、19日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

ドラマ2024年4月19日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

Willfriends

page top