源頼朝、運命の第25回に込めた思い「厳かにみとるような回に」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

2022年6月26日 / 21:05

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、これまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)に死が迫る様子が描かれた。大きな節目を迎えたこの第25回に込めた思いを、脚本の三谷幸喜が語ってくれた。

脚本の三谷幸喜

-第25回、史実では詳細が不明とされている頼朝に死が迫る様子が描かれましたが、どんな思いでこの回の脚本を書き上げたのでしょうか。

 頼朝の死因に関しては「殺されたのでは?」など、いろんな説があります。ただ、「誰かに殺される」となると、そこに“殺す側のドラマ”が生まれてきます。これだけ長い時間寄り添い、彼のつらさや孤独を十分に感じてきた僕としては、そうではなく、あくまでも“頼朝側のドラマ”として完結させてあげたいと思ったんです。それで最後は静かに死なせてあげたいと。「結局、彼の人生は何だったんだろう?」「彼ほど寂しい男はいなかったんじゃないか?」その答えが浮かび上がってくるように心掛けたつもりです。

-なるほど。

 ですから、僕の中でこの回は、これまでの24回に比べてとても厳かな1日というイメージがありました。演出の吉田(照幸)さんもそういう僕の意図をくみ取ってくださり、厳かに頼朝をみとるような回になったと思います。(頼朝役の)大泉洋も一生懸命やってくれましたし、巴(秋元才加)と対面するシーンでは、「自然に涙が出てきた」と語っていたそうです。あんなに泣くとは思っていませんでしたが、それはこれまで演じてきた積み重ねがあった上での涙だったのでしょう。

-そういう意味では、この回はどこを取っても名シーンでしたが、特に三谷さんの想像を超えたシーンはありますか。

 頼朝が落馬したとき、いろんな人たちの姿が次々に浮かんでいくシーンです。実は、僕が高校生のときに感銘を受けた「草燃える」(79)の中でよく覚えているのが、頼朝の落馬シーンなんです。ただそのとき、僕は「その瞬間、他の人たちは何をしていたんだろう? 何を思っていたんだろう?」ということがすごく気になって、ずっとその場面が見たかったんですよね。だから今回は、それを自分のホンに書きました。僕の中では、もっと瞬間的にいろんな人たちの顔が瞬時に浮かんでいくイメージだったんです。でも、演出の吉田さんは、僕の思いをより強調し、一人一人、じっくりと時間を掛けてそれぞれの生活を描いてくださいました。意外でしたが、おかげさまで「僕が40年前に見たかったのはこれなんだ」と実感できました。ですから、吉田監督にはすごく感謝しています。

-その印象的なラストシーンは、これまで頼朝を「鎌倉殿」と呼んできた安達盛長(野添義弘)が、昔の呼び名である「佐殿」と呼ぶことで締めくくられます。この盛長の最後のせりふに込めた思いは?

 安達盛長は、頼朝にとって最古参の家臣です。今回、やや心残りなのが、盛長が頼朝の馬を引き、2人で蛭ヶ小島(流人だった頃の頼朝が暮らしていた土地)あたりを散歩しているシーンを作れなかったことです。それでも、その頃から慕ってきた盛長にとって、頼朝は生涯「佐殿」だったんだろうなと。そんな思いから、最後は盛長のあのせりふで締めくくらせていただきました。

-ここまでの物語を振り返ってみて、今回のような頼朝像になったのは、三谷さんと大泉さんの信頼関係の成果ということになるのでしょうか。

 大泉洋という俳優が源頼朝を演じた結果、こういう頼朝像が出来上がった、というのが全てだと思います。彼なら僕が望む頼朝像をきちんと、もしかしたらそれ以上に演じてくれるだろうと思っていましたから。彼が司会で、僕が審査員を務めた昨年末の紅白歌合戦を最後に、「鎌倉殿の13人」の放送が始まってからは一度も会っていませんし、メールもほとんどしていません。だから、接触はほぼありませんが、完成した作品を見ながら、「分かってくれているな」と常に感じていました。やっぱり、彼以上にこの役を演じ切れる人はいなかったですし、こんなに人間味のある頼朝を見事に演じられる俳優は他にいるだろうかと。それぐらい彼を信頼していました。

-ところで、第1回、頼朝が女装した場面について、「三谷さんからメールで駄目出しされた」と大泉さんが語っていましたが、その後、そういうやりとりはあったのでしょうか。

 ほとんどありませんが、彼が「日本中から嫌われていると思っている」と聞いたので、「日本中に嫌われても、僕はきみのことが好きだよ」とメールをしました。そうしたら、「おまえのせいだ」って返事がありました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「脚本を読んで、世界にはこれが必要だと思った」ブラッド・ピット&デビッド・リーチ監督 映画『ブレット・トレイン』【インタビュー】

映画2022年8月19日

 伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピットを主演に迎え、『デッドプール2』(18)のデビッド・リーチ監督が映画化したミステリーアクション『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)から劇場公開される。今回、『ファイト・クラブ』(9 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」堀田真由「小栗旬さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださって」 北条義時の妻が故郷・滋賀で撮影秘話を語る

ドラマ2022年8月19日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 トークライブin滋賀」が、8月14日、滋賀県長浜市の長浜文化芸術会館で開催され、ドラマで主人公・北条義時の妻・比奈を演じる同市出身の堀田真由が、詰めかけた故郷のファンにドラマの撮影秘話を語った。  「大河ド … 続きを読む

1986年がよみがえる! 和製『スタンド・バイ・ミー』の『サバカン SABAKAN』 『ロッキー4 炎の友情』が生まれ変わった『ロッキーVSドラゴ ROCKY IV』【映画コラム】

映画2022年8月18日

『サバカン SABAKAN』(8月19日公開)  ドラマ「半沢直樹」など、テレビや舞台の脚本・演出を手掛けてきた金沢知樹の映画初監督作。萩森淳と共同でオリジナル脚本も執筆した。タイトルの『サバカン SABAKAN』の意味は見てのお楽しみだが … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「激しい憎悪の火を燃やして、最後までやり切ろうと」 堀内敬子「“強い母親”を意識」比企一族の壮絶な最期を振り返る

ドラマ2022年8月14日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月14日放送の第31回「諦めの悪い男」では、北条家と激しく対立してきた比企一族が滅亡。ここまで比企一族の当主・比企能員を演じてきた佐藤二朗と、妻・道役の堀内敬子がコメントを発表し、その最期を … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「三谷さんの本は面白いし、どのせりふもいい」 演じた比企能員のお気に入りのせりふとは?

ドラマ2022年8月14日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、この地に縁のある、比企一族の当主・比企能員を演じる佐藤二朗が、比企尼役の草笛光子、 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top