【インタビュー】大谷亮平「品川さんは大好きな監督」 品川ヒロシ監督「シーズン2は大谷さんのユーモラスな一面を乗せられた」WOWOWドラマ『異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』

2022年6月8日 / 12:00

 『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』が、放送・配信中だ。本作は、蝉川夏哉の同名小説を2020年に実写ドラマ化した『異世界居酒屋「のぶ」』の続編。中世ヨーロッパ風の異世界につながってしまった居酒屋を舞台に、庶民的な居酒屋料理や酒を通じて、温かな人間ドラマが繰り広げられるグルメファンタジー。前編に続き、主人公の居酒屋「のぶ」の大将を演じた大谷亮平と、監督&脚本を務めた品川ヒロシに、続編の見どころや撮影時の裏話を聞いた。

品川ヒロシ(ヘアメーク:hm CIair/スタイリスト:渡邊浩司/hiroshi watanabe))と大谷亮平(ヘアメーク:MIZUHO(VITAMINS)/スタイリスト:伊藤省吾(sitor)/Shogo Ito(sitor))

-2年振りの待望の新シリーズとなりますが、続編が決定したときの率直な感想は?

大谷 この作品の世界観が視聴者の方に受け入れてもらえたんだなと、すごくうれしかったです。シーズン2はストーリーが面白くて、楽しんでいただける作品になるなと思って撮影していたので、早く見てもらいたいなと思います。

品川 シーズン1の最終回の放送後に、皆さんがTwitter上で「#のぶシーズン2希望」と拡散してくれたことがきっかけで続編が撮れることになったので、うれしかったです。うれしい反面、前作よりも面白いものをという思いがあったので、編集した作品を見て、改めて前よりもパワーアップしたものを見ていただけるのではないかなと、楽しみにしています。

-今回は原作でも人気の「魔女と大司教編」になりますが、品川監督はどんなことを意識して脚本を書きましたか? 大谷さんは脚本を読んだときの感想はいかがでしたか。

品川 原作では中世ヨーロッパのような異世界の政治的な要素が多く描かれているので、ドラマの短い時間内に落とし込むことが難しかったのですが、視聴者が離れないように、キャラクターたちのユーモアだったり、料理だったり、アクションの味付けをすることで、政治的な物語の部分も推し進めることができました。その分、シーズン1よりも要素が増えて面白くなっているなと思います。

大谷 居酒屋やセットのスケール感が大きくなっているので、ドキドキワクワクしながら見てもらえるなと感じました。僕と、武田玲奈さんが演じる居酒屋「のぶ」の看板娘・しのぶや、居酒屋の常連客とのやり取りが、シーズン1のときよりもコミカルで、愛されるものになるんじゃないかなと思いました。

-2年振りに再会した、互いの印象は?

品川 大谷さんは結構砕けた面白い人なんだなと感じました。シーズン2の現場では、よりプライベートな話もするようになりましたし、大谷さんが持つユーモラスな一面を作品に乗せられたんじゃないかなと思います。

大谷 シーズン2までの2年間は、品川さんがバラエティー番組で芸人さんの顔に戻られているところを見てきたのですが、いざドラマの現場に入ると、鋭い突っ込みをしたり、毒を吐く品川さんとは180度違っていて、キャスト一人一人にものすごく愛情をくださる方だなと感じています。どんな方にも気を配られるからこそ、スタッフを含め、皆さんが品川監督に付いていくんだなと思いますし、僕も大好きな監督さんです。

-撮影で印象に残っているシーンは?

品川 水野美紀さんが演じる魔女のような女・イングリドの登場シーンです。中世ヨーロッパのような異世界にランタンを持ってイングリドが現れるときの説得力のある絵作りというのは、かなり作り込みましたし、安っぽくないカッコいい魔女の登場シーンになったなと思います。

-撮影現場はどんな雰囲気でしたか。

大谷 前作からやっていることもあって、キャストのみんなの緊張感がほぐれてたのもあり、思わず笑ってしまってNGになることが多くありました。水野さんのアドリブが面白かったり、反対に僕が原因で水野さんが吹き出してしまったりと、そんなシーンが散りばめられていると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top