【インタビュー】「BiSH」セントチヒロ・チッチ、2023年をもっての「解散」を控え心境「BiSHにしかないものを信じて貫いてきてよかった」 BiSH初の主演映画が公開

2022年6月9日 / 10:00

 “楽器を持たないパンクバンド” BiSH初の主演映画『BiSH presents PCR is PAiPAi CHiNCHiN ROCK’N’ROLL』が、6月10日(金)から全国公開される。本作は、BiSHのメンバーが、田辺秀伸、大喜多正毅、エリザベス宮地、山田健人、渡辺淳之介、行定勲の6人の監督とそれぞれタッグを組み、愛を込めて全力で主演したオムニバス映画。ドラマからアート作品まで、六人六色で見せるBiSHの新しい一面を詰め込んだ異色作品となっている。

 セントチヒロ・チッチは、行定監督とタッグを組み、許されない関係にある男女の濃厚な文学的恋愛物語『どこから来て、どこへ帰るの』で主人公の女性・チヨを演じている。昨年12月には、紅白歌合戦に出場するなど、注目を集める中、2023年をもって「解散」することを発表したBiSH。チッチが作品の見どころや撮影の裏話のほか、解散を控えた思いやメンバー間で話していること、解散後の活動についても語ってくれた。

「BiSH」セントチヒロ・チッチ

-BiSHさん初の主演映画ですが、企画を聞いたときの感想は?

 BiSHに入った頃から、ずっと「いつかお芝居をやってみたい」と話していたことが、本作のきっかけになったので、うれしかったです。新しいことに挑戦できるのは貴重なことですし、そこに行定監督が手を挙げてくださったので、すごく楽しみでした。

-どんな作品になりましたか。

 6人の監督が皆さん、BiSHに愛がある方たちだったので、メンバー一人一人が持つ個性や輝くものを知っていて、どうやって引き出すか、物語に織り交ぜていくかということを考えながら脚本を書いたり、演出してくださりました。6作品は全く毛色の違う物語ですが、それぞれの作品にBiSHらしさがあったり、新しい一面を引き出してもらっている感じもあって、面白い作品に仕上がったと思います。

-作品タイトルも、BiSHさんらしい攻めたものになっていますね。

 6作品の個性が違うので、一つにまとめて“BiSHらしいタイトルを”ということなんだろうなと思います。タイトルに込めた思いは聞いてないのですが(笑)、意味がないけれど、変なことや下ネタが好きですし、言いたくなるような題名なので、私はすごく好きです。

-チッチさんの主演作品について、教えてください。

 私が演じるチヨと、中島歩さんが演じるアキオの許されない関係の恋愛を描いています。恋愛は難しいものですが、その中でもっと難しいフェーズに入り込んでしまったお話で、ドロドロした醜い世界の中で、それがちょっぴり美しく見える瞬間があって、かわいげがあって不思議に感じる、生々しい男女のお話です。見終わった後に、この作品のことをずっと考えたり、引きずってほしいなと思います。

-行定監督が率いる行定組での撮影はいかがでしたか。

 映像作品での初めてのお芝居だったので、ドキドキしました。行定監督が私の好きな物や性格、生き方に寄り添って作ってくれた役柄だったので、「言葉遣いもチッチらしく変えていいからね」と言ってくださったり、皆さんが私の心のケアまで親身になってくださって。私は支えられているなあと思いながら、体当たりで挑みました。

-大胆なシーンもありますが、抵抗はなかったですか。

 全く抵抗はなかったのですが、撮影時は緊張しました。行定監督が「セントチヒロ・チッチが一歩踏み出せるための脚本にしたい。僕も真剣に考える」と言って作ってくださった作品なので、私も恥ずかしいとか、怖いと思わずに、全力でやってみようと思わせてもらえました。

-ほかのメンバーの作品を見た感想はいかがですか。

 それぞれ面白かったのですが、アユニ・Dとリンリンの作品が特に印象に残っています。アユニは兄妹の愛情を描くヒューマンドラマで、一緒に泣いたり、笑ったり、自分の純粋な心を揺さぶってくれる作品で、すごく刺さりました。リンリンの作品は、彼女と山田健人監督にしかできない映像美や音楽が織り交ざっていて、表現がカッコ良かったです。

-解散を控えて今後の活動について、今どんなことを思っていますか?

 時間が限られているからこそ、自分たちらしくいることが一番だと思っています。ここで変わるべきというよりも、今までの自分たちを愛してくれた人や、これから愛してくれる人たちに誠心誠意、愛情を込めて届けていくことがベストだと思っています。自分たちが進化していくことは当たり前のことなので、できる限りのことに挑戦して、BiSHらしく駆け抜けられたらなというのが願いです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第25回「天が望んだ男」死期迫る頼朝の陰に隠れた女たちの火花散る戦いの予感

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、死が近づく源頼朝(大泉洋)の姿が描かれた。脚本の三谷幸喜はこの回について、インタビューで「厳かに頼朝をみとるような回」と語っていたが、随所に … 続きを読む

井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】

映画2022年7月1日

 子役の阿久津慶人が主演し、埼玉県入間市が全面協力した映画『ラストサマーウオーズ』が、6月24日から入間市で先行公開、7月1日から全国公開となる。本作は、内気な小学6年生の男の子・陽太が、好きな女の子のために仲間を集め、自主映画を制作しよう … 続きを読む

工藤遥「考えるな、感じろ」の精神で挑む風俗嬢役【インタビュー】

ドラマ2022年7月1日

 俳優として活躍する工藤遥が、7月5日から放送されるMBS/TBSドラマイズム枠「ロマンス暴風域」で、これまでのイメージを脱ぎ捨てて、風俗嬢・せりかを演じる。アラサー男性と風俗嬢の運命の恋とその後を描いた本作に「全身全霊でぶつかっていく」と … 続きを読む

それぞれ謎の一端が明かされる『エルヴィス』と『バズ・ライトイヤー』【映画コラム】

映画2022年7月1日

『エルヴィス』(7月1日公開)  伝説のシンガー、エルヴィス・プレスリーの人生を、マネジャーのトム・パーカー大佐との関わりを中心に、バズ・ラーマン監督が映画化。プレスリーがなぜ早世したのか、なぜ熱望した来日公演がかなわなかったのかなどの、謎 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top