【インタビュー】『映画 妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』小芝風花「9割方はふざけているんですけど、1割は真面目なところがある、そのバランスの良さが、このシリーズの魅力だと思います」

2022年6月16日 / 12:00

 2020年にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「妖怪シェアハウス」は、気弱な性格で、周りの空気ばかり読んで生きてきた主人公の澪が、妖怪のシェアハウスで暮らす中で、たくましく成長する姿を描いて好評を得た。あれから1年半、シーズン2となるドラマ「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」に続いて、『映画 妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』が、6月17日から公開される。ドラマから続けて主人公の澪を演じる小芝風花に、澪のキャラクターや、妖怪たち=共演者の印象、映画化への思いなどを聞いた。

(C)2022 映画「妖怪シェアハウス」製作委員会

-このシリーズのことを最初に聞いたとき、どんなふうに思いましたか。

 最初に「妖怪シェアハウス」という作品の撮影と聞いたときは、「どういうことですか?」と思いました(笑)。でも、もともと妖怪とか、ファンタジーの要素がある作品がとても好きだったし、配役も個性的なメンバーで、監督とも二度目のお仕事だったので、「すごく楽しそう。楽しみ」と思いました。

-主演をすることで、何か心掛けたことはありましたか。

 私は、性格的に「引っ張っていくぞ」というタイプではありません。特にこのシリーズは、周りが先輩方ばかりですし、澪が妖怪さんたちに助けてもらいながら成長していくように、私も皆さんに助けていただきながら成長できたらいいなと思って臨みましたので、そんなに気負うことはありませんでした。現場が楽しくなればいいなと、いつも思っているので、スタッフさんたちとコミュニケーションを取ることを心掛けています。

-ドラマから発展して映画化が決まったときの気持ちは? 共演の皆さんはどんな感じでしたか。

 映画化が決まってから撮影するまでの間に結構時間がありましたが、最初にお話を聞いたときに、すぐにグループLINEで、「ドラマの続編も、映画化も決まりましたね」「すごい! やったね」みたいになって、みんなで盛り上がりました。頻繁に連絡を取り合うわけではないのですが、1年半ぶりに本読みでお会いすると、驚くほどすぐに感覚が戻って、和気あいあいとした雰囲気になりました。

-演じた目黒澪というキャラクターについてどう考えていますか。また、ご自身との共通点はありますか。

 澪はすごく真っすぐで、純粋だと思います。普通、あんなにだまされたり、周りに振り回されたりしていたら、性格がゆがんでしまってもおかしくないのに、それでも友だちを信じて守りたいと思う心を持っています。だからこそ、妖怪さんたちが、「澪は私が守ってあげなきゃ」と感じて、お世話をしてくれるのだと思います。その真っすぐさと純粋さはとても大事だと思います。あとは、よくないものを呼び寄せてしまう、どうしようもないほど不幸な体質も(笑)、笑顔よりも困った顔が似合うところも、澪らしさかなと思います。キャラクター的には、自分とは違うと思いますが、でも、澪は小説で、私はお芝居でというように、やりたいことがはっきりしているところは共通していると思います。

-澪の表情の変化が印象的でした。表現を工夫することを考えたりはしますか。

 工夫というより、お芝居をするときは、相手のお芝居をよく見聞きすることを意識しています。特に、こういうリアクションが大きい役のときは、どのせりふで喜怒哀楽を表すかというのは、台本を読んで自己完結をしていると分からないことが多いです。なので、自分のせりふを話すことも大事ですが、相手のせりふのどの言葉で、感情が変わるのかというのは、常に意識しながら演じています。

-妖怪たちとのやり取りを見ていると、アドリブも多いように見えますが、何か印象に残るアドリブはありますか。

 いっぱいあります(笑)。今までアドリブは苦手でしたが、ちょっと皆さんのまねをしてみたり、会話をしたりするのはすごく楽しいと、このシリーズで初めて思いました。例えば、(沼田飛世=ぬらりひょん役の)大倉(孝二)さんのアドリブは、日常に溶け込んだぼやきみたいな感じなので、アドリブの出し合いではなく、日常会話みたいになります。ご飯を食べているときに、(和良部詩子=座敷)童子さん(池谷のぶえ)に「みそ変えた?」と言ってみたり…。アドリブというと、いかに面白いことを言うかを競うみたいに思いますが、そうではなくて、あくまで日常会話の一つであり、その一言によって、より生活感が増したり、キャラクターが映えるようなアドリブをしてくださるので、とても楽しいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

バズ・ラーマン監督「エルヴィスを介して、1950年代、60年代、70年代のアメリカを描きたいと思いました」 映画『エルヴィス』【インタビュー】

映画2022年7月1日

 伝説の歌手エルヴィス・プレスリーの人生を映画化した『エルヴィス』が7月1日から公開される。本作を監督したバズ・ラーマンに、エルヴィスやそれを演じたオースティン・バトラーについて、また、映画に込めた思いについて聞いた。 -この映画を撮りたい … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第25回「天が望んだ男」死期迫る頼朝の陰に隠れた女たちの火花散る戦いの予感

ドラマ2022年7月1日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、死が近づく源頼朝(大泉洋)の姿が描かれた。脚本の三谷幸喜はこの回について、インタビューで「厳かに頼朝をみとるような回」と語っていたが、随所に … 続きを読む

井上小百合「好きなことを諦めないことの大切さを学んだ作品」【インタビュー】

映画2022年7月1日

 子役の阿久津慶人が主演し、埼玉県入間市が全面協力した映画『ラストサマーウオーズ』が、6月24日から入間市で先行公開、7月1日から全国公開となる。本作は、内気な小学6年生の男の子・陽太が、好きな女の子のために仲間を集め、自主映画を制作しよう … 続きを読む

工藤遥「考えるな、感じろ」の精神で挑む風俗嬢役【インタビュー】

ドラマ2022年7月1日

 俳優として活躍する工藤遥が、7月5日から放送されるMBS/TBSドラマイズム枠「ロマンス暴風域」で、これまでのイメージを脱ぎ捨てて、風俗嬢・せりかを演じる。アラサー男性と風俗嬢の運命の恋とその後を描いた本作に「全身全霊でぶつかっていく」と … 続きを読む

それぞれ謎の一端が明かされる『エルヴィス』と『バズ・ライトイヤー』【映画コラム】

映画2022年7月1日

『エルヴィス』(7月1日公開)  伝説のシンガー、エルヴィス・プレスリーの人生を、マネジャーのトム・パーカー大佐との関わりを中心に、バズ・ラーマン監督が映画化。プレスリーがなぜ早世したのか、なぜ熱望した来日公演がかなわなかったのかなどの、謎 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top