「この先、義時は毎回シビアな決断を迫られる状況になっていきます」小栗旬(北条義時)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

2022年5月7日 / 08:00

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。上総広常(佐藤浩市)が衝撃的な最期を迎えた第15回「足固めの儀式」を境に物語のムードがグッと変わり、このところシビアな展開が続いている。5月8日放送の第18回「壇ノ浦で舞った男」では、いよいよ源平合戦のクライマックス、壇ノ浦の合戦を迎えるが、そんな物語の中で主人公・北条義時はどうなっていくのか。義時役の小栗旬が今後の展望について語ってくれた。

北条義時役の小栗旬 (C)NHK

-ここまでの物語を見ていると、北条義時は与えられた仕事を一生懸命にこなす「仕事のできる普通の人」といった印象です。大河ドラマの主人公というと、「自らが何かを成し遂げる」という志や熱意を持って行動するイメージがありますが、義時はそうではありません。そういう一風変わった主人公の義時を描く三谷幸喜さんの脚本の魅力と、小栗さんが演じる上で心掛けていることを教えてください。

 そう感じていただけるのであれば、それも三谷さんの脚本の魅力ではないかと思います。確かに、義時は自ら前に出て、こうする、ああする、という人間ではないんですよね。心の奥底には常に「早く伊豆に帰って米の勘定をしたい」という思いがあり、それが一番の楽しみのような人ですから(笑)。でも、そんな人間が、周囲から「どうする?」「おまえどうする?」と言われ続けた結果、自分が動かなければいけなくなり、いろんな人をつなぎ、その間で右往左往することになっている。僕としては、そこが一番面白いところだと思っています。その点、演じる上では、基本的に自分の意見はそれほど持ち込まず、周りの皆さんのお芝居をしっかり受けることを心掛けています。その蓄積の中から、義時のキャラクターが立ってくると思うので。

-そういう意味では今後、義時の姿勢も変わってくるのでしょうか。

 大きく変わっていくと思います。壇ノ浦の合戦が終わると源氏内部の話になり、頼朝が鎌倉幕府を作り上げていく過程で、義時は今までとは違った仕事を任されるようになっていきます。その中で、義時自身が考え、行動していく瞬間が次第に増えていきますから。そのとき、第15回で三浦義村(山本耕史)から言われた「おまえは少しずつ、頼朝に似てきているぜ」という言葉が、改めて立ってくるような気がします。

-この先、義時は年齢的にも上がっていくと思いますが、その変化はいかがでしょうか。

 現在の義時はまだ20代前半なので、頭で考えるより感情が先走ってしまう部分があります。ただ、もう少したつと年齢が一気に上がって30代中盤になります。そこからはもともと持っていた“青年らしさ”みたいなものは消え、より大人になっていきます。自分ではその辺を丁寧に演じているつもりなので、きちんと段階を追ってそこにたどり着けている手応えはありますね。その頃になると息子の金剛も成長してくるので、「親として」という言い方も出てきたりして、今までとはだいぶ違った感じになっていくのかなと思っています。

-放送が始まった頃、「義時は次第にダークになっていく」とも言っていましたが、その点について教えてください。

 当初、北条義時は「ダークヒーロー」がキャッチフレーズのようになっていましたが、現在撮影が進んでいるあたりでは、ダークというより、毎回シビアな決断を迫られる状況になっています。つまり、「北条が生き抜くためにはどうすべきか」という選択を重ねた結果、厳しい決断をせざるを得なかった、ということで。その中で、果たして義時はどこまで迷い、どこから迷うことをやめたのか。現在はそういう部分を皆さんと一緒に丁寧に描いているところです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気持ちよく暢子と再会することができました」成長した和彦がついに登場! 宮沢氷魚(青柳和彦)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年5月28日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50年の節目に送るのは、復帰前の沖縄で四人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指す50年の物語だ。5月30日からの第8週では、東京 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第20回「帰ってきた義経」義経の最期を際立たせた2人の女性

ドラマ2022年5月27日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日放送の第20回「帰ってきた義経」では、源義経が悲運の最期を迎え、斬新な展開と義経役の菅田将暉ら、俳優陣の見事な演技が話題を集めた。  そのドラマの盛り上げに貢献した存在として筆者が注 … 続きを読む

【映画コラム】“生きること”を強調したところに、この映画の真骨頂がある『トップガン マーヴェリック』

映画2022年5月26日

『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)  トム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』(86)の続編。アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校に、伝説の男マーベリック(クルーズ)が教官として戻ってくる。だが、訓練生たちは彼の型破り … 続きを読む

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

amazon

page top