【インタビュー】舞台「奇蹟」井上小百合「私も舞台に立ってみたい」を実現 乃木坂46を卒業し、俳優業にまい進

2022年3月5日 / 08:00

 井上芳雄が主演する舞台「奇蹟 miracle one-way ticket」が、都内・世田谷パブリックシアターで上演される。本作は、劇作家・北村想が書き下ろした新作舞台。記憶を失くした名探偵とその相棒が、どこからか届いた謎の依頼を受けて、深い森へと出向いていく。本作で、謎の女性・マリモを演じるのは井上小百合。井上は、2020年に乃木坂46を卒業後、本作の企画・製作も行っている芸能事務所シス・カンパニーに移籍し、俳優として本格的に活動をスタートした。本作は、井上にとって念願のシス・カンパニー制作舞台への出演となる。井上に稽古を通して感じたことや、本作への意気込み、さらには俳優業への思いを聞いた。

井上小百合 (ヘアメーク:奥山信次(barrel)/スタイリング:中川原有(CaNN)

-シス・カンパニー制作の舞台に出ることが夢だったと聞きました。それだけに出演が決まったときはとてもうれしかったのではないですか。

 夢のようでした。今でも夢を見ているんじゃないかなと思っているほどです(笑)。ですが、うれしかったのと同時に、シス・カンパニーに所属している役者として、この公演に出演するということで、「新しい子が(事務所に)入ったみたいだけど、微妙だったね」と思われてしまったら、先輩たちに申し訳ないと思うので…。なので、今(取材当時)は、うれしい気持ちとプレッシャーとを両方抱えながら、毎日を大切に過ごそうと思って稽古に臨んでいます。

-稽古では、手応えを感じていますか。

 最初に台本を読んだときは、小説のように楽しく読み進めることができる作品だと思ったのですが、逆にいってしまえば、それはすでに台本だけで完成しているようにも感じました。なので、これを役者がどう演じれば舞台としてやる意義があるのだろうということはすごく悩みました。さまざまな解釈ができる物語で、それがこの作品の面白さでもあると思うのですが、役者が舞台に立って演じると、ニュアンスが違ってしまうのではないかという懸念もあって…。それぞれの価値観と解釈で表現していくのもいいのかもしれませんが、そうすると謎が謎を呼んでしまうので、今は、道筋を立ててやろうと、カンパニー一丸となって進めています。

-台本を読んで小説のように楽しいということでしたが、どんなところに台本の魅力を感じましたか。

 これまでさまざまなミステリー作品を映像で見たり、舞台で見たり、本で読んだりしてきましたが、この作品は私が出会ったことがないようなミステリーでした。脚本の北村さんが「そもそもつじつまが合うものを作ってしまったらつまらない」とおっしゃっていたのですが、いかようにも解釈できるし、見方によっては全く違う作品になります。それが面白いと私は感じました。ミステリーと言いながらも面白いシーンも出てきますし、井上(芳雄)さんが歌うシーンもありますし、てんこ盛りです。これまで見たことがないものを稽古場で作り上げているので、ミステリーと呼んでいいのだろうかというぐらい斬新で、前衛的な作品になるんじゃないかなと思っています。

-井上さんが演じるマリモという役は、どんな役どころですか。

 この作品は、井上さんが演じる探偵と、鈴木浩介さんが演じるその助手が“迷いの森”に迷い込むところからお話が始まるんですが、私が演じるマリモちゃんは、その“迷いの森”にいる謎の女性です。善なのか悪なのか分からない女性ですが、彼女の過去や人生をひも解いていくと、少しずつ(マリモの)物語が見えてきます。純粋でピュアなのか、それとも計算しているのかも見方次第だと思いますが、私自身は、彼女は純粋な女性だと今は解釈しています。真っすぐでピュアだから人を信じてしまい、結果としてこうなってしまったと、マリモちゃんを通して、人間の未熟さをお客さんに感じていただけたらいいなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

松本穂香&犬飼貴丈&関口メンディー ドラマ「95」主演の高橋海人は「唯一無二の魅力的な人」【インタビュー】

ドラマ2024年5月20日

 高橋海人が主演するドラマ「95」がテレ東系で放送中だ。早見和真氏の青春小説が原作の本作は、大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱き青春群像劇。  本作で高橋が演じる … 続きを読む

市村優汰、憧れは父・市村正親のような俳優 「プリンス・オブ・マーメイド」で舞台初主演に「死ぬ気で頑張る」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月19日

 俳優・市村正親の長男で、ミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たした市村優汰が、8月8日から上演される海の音楽劇「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」で舞台初主演を果たす。市村が演じるのは、人魚の王子タリク役。石 … 続きを読む

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

Willfriends

page top