【インタビュー】舞台「ライフ・イン・ザ・シアター」高杉真宙 勝村政信との“二人芝居”に初挑戦「俳優としての不安や焦りみたいな気持ちは、すごく理解できる」

2022年3月1日 / 08:00

 舞台「ライフ・イン・ザ・シアター」が、3月3日から上演される。本作は、アメリカの劇作家、デビッド・マメット作の、90分間の二人芝居。ベテラン俳優のロバートと、無限の可能性を秘めた若手俳優のジョンが、舞台上や楽屋裏など、「劇場」のあらゆる場面で交わす会話をオムニバス形式で描くヒューマンドラマだ。ロバートを勝村政信、ジョンを高杉真宙が演じ、俳優としても活躍する千葉哲也が演出を担当する。本作で、二人芝居に初挑戦する高杉に、舞台の見どころや、勝村の印象、理想の俳優人生のプランなどを聞いた。

ジョン役の高杉真宙 (C)エンタメOVO

-舞台の話が決まったときは、どんなことを感じましたか。

 二人芝居の緊張感は半端じゃないなと、マジかと思いました(笑)。勝村さんとは、以前に2度ほど作品でご一緒したことがあったのですが、ガッツリと共演させていただくシーンはなかったので、勝村さんと共演できるうれしさもありました。

-ジョンを演じる上で、意識していることは?

  ジョンは、ひょうひょうとした、素直で誠実な青年になればいいなと思いながら演じています。勝村さんとの二人芝居なので、どの場面も、空間の全てを2人だけで作っていかなければいけないんだなという緊張感を感じながら稽古しています。

-勝村さんの印象は?

 勝村さんは、舞台上で自分をコントロールして、その中でどう爆発させるのかを考えて、計算した上で動いているので、全てがすごいなと思わされます。お客さまに対しての「見え方を考えた方がいい」とか、「せりふを話す上での動機を考えた方がいい」ということをお話してくださったり、たくさんのことを教えてくださいます。

-「俳優の生きざま」が描かれる作品ですが、物語に共感する部分はありますか。

 ロバートが感じている俳優としての不安や焦りみたいなものは、すごく理解できるなと思いました。出る側の人は、皆焦りや焦燥感のような気持ちはあると思いますし、じゃあ、どうするかというのを考える作業が、ずっと付きまとう職業なので。でも、「演じること」が面白いんですよね、だから演じるんだろうなというところも共感しています。

-高杉さんが演じるジョンの方に、共感するところは?

 あまりない気がします(笑)。ジョンのように積極的に先輩に対して行くことができていたら、僕の人生は変わっていたなと思うので、本当にうらやましいなと思います。

-10代の頃から、まさに「ライフ・イン・ザ・シアター」のような生き方をしている高杉さんですが、芸能の世界でも、歌手やアイドル、モデルなどのさまざまな道がある中で、俳優の道を選んだきっかけは、どんなことだったのでしょうか。

 単純に僕は、歌と踊りができないんです(笑)。そもそも僕は、テレビで、ドラマや映画、バラエティー番組などを見たことがなくて、アニメ以外の時間は、全くテレビがついていない家で育ったので、俳優という職業の存在自体がよく分からなくて、憧れる職業ではなかったんです。そういう中で、スカウトをしていただいて、いろいろな作品に携わっていくうちに、作品作りの面白さに触れることができて。16歳のときに出演した映画『ぼんとリンちゃん』が、演技が面白いなと思い始めるきっかけになりました。

-劇中では、老いに不安を抱えるロバートの姿も描かれますが、高杉さんの理想の俳優人生のプランを教えてください。

 生意気な発言だと思うのですが、50歳から60歳の頃には、自分で「この作品に出たい」と願ったら、出られる人になっていたいなと思います。出たいと思う作品があっても、自分のスキルやスペックが間に合わないことは結構あるので、そういう作品に出会ったときは、ちゃんと選ばれる人になっていられるように頑張りたいです。

-ジョンがロバートを慕うように、高杉さんが慕っている先輩の俳優はいますか。

 周りには、たくさんすてきな先輩方がいるので、これからは積極的に分からないことを聞けたらいいなと思います。今ご一緒している勝村さんは、いつか自分が先輩になったときに、後輩にこんなふうにできたらいいなと思える先輩だなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top