1月9日放送スタート!「三谷作品の魅力は何といっても『エンターテインメント』。毎回、お客さんを大いに驚かせます」清水拓哉(制作統括)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

2022年1月1日 / 08:00

 2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が1月9日からNHKで放送スタートとなる。脚本を「新選組!」(04)「真田丸」(16)の三谷幸喜が手掛け、主演の小栗旬を筆頭に豪華キャストをそろえた本作は、源平合戦から鎌倉幕府誕生に至る時代を背景に、鎌倉幕府の最高権力者に上り詰めた2代執権・北条義時の生涯を描く物語だ。放送開始を前に、清水拓哉制作統括が、制作の背景やドラマの見どころを語ってくれた。

「鎌倉殿の13人」キービジュアル (C)NHK

-まず、北条義時が主人公に決まった経緯を教えてください。

 「真田丸」が終わった後、三谷さんと「もう一本やろうか」という話になりました。そこで「何をやるか?」となったとき、僕はしばらくやっていなかった源平合戦がいいのではないかと思ったんです。そうしたら、三谷さんは以前から北条家に関心があったらしく、源平合戦よりも射程の広い北条義時の目線で、鎌倉幕府が誕生する過程を描いてみたいと。源氏の将軍たちがどのように倒れ、どのように北条家が頂点に立ったのか。

-なるほど。

 さらに、三谷さんはこれまで、大河ドラマで近藤勇や真田幸村といった人たちの「敗者の美学」を描いてきましたが、3作目となる今回は「歴史の勝者を描きたい」と。それはまた新たな挑戦でもあるし、「三谷幸喜が描く歴史の勝者とは、どんなものだろう?」と興味を引かれ、僕も「ぜひ」とその話に乗った感じです。

-確かに興味を引かれますね。

 ただ、北条義時は、勝者ではあるけれど、そこにたどり着く過程でものすごく傷つき、多くの人を傷つけているはず。そういう「苦い勝者」を描こうということになりました。それはすごく三谷さんらしいと思いますし、だからこそ新しいものができるんじゃないかという期待感がありました。

-物語の前半は義時と源頼朝(大泉洋)との関係が重要になるようですね。

 北条義時はもともと、伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった青年で、頼朝が転がり込んできたことから突然、歴史の表舞台に引っ張り出されていきます。そこからやがて頼朝をもしのぐ権力者になっていくことを考えると、その過程で頼朝から受けた影響は計り知れないものがあったはずです。そこをきちんと描かないと、義時が歴史のメインステージに立った時、説得力が出てきません。そこでまず、義理の兄弟でもある頼朝と義時の「奇妙なバディ」をじっくり描こうという考えです。

-そうすると、最終的に物語はどこまで行くのでしょうか。

 基本的には義時の生涯を最後まで描こうと思っています。義時は、人生の最終盤で起きた「承久の乱」という朝廷と幕府が正面からぶつかり合う大事件を何とか乗り越えた直後、自分の役目を終えたかのように亡くなります。そこまでを描くつもりです。

-義時役に小栗旬さんを起用した理由は?

 まず、北条義時は最終的に「帝王」になる人物なので、そのスケールに見合う役者さんでなければいけません。小栗さんはハリウッドにも活動の場を広げる世界的なスケールのある俳優ですし、これまで数々の大河ドラマに出演し、大河ドラマの何たるかもよくご存じです。シェークスピア劇もやられているので、歴史劇という意味でも安心してお任せできます。また以前、会見で三谷さんが「心で演じてくださる役者さん」とおっしゃっていた通り、人物の心情もしっかりと表現してくださる。まさに日本を代表する、頼りになる素晴らしい俳優さんなので、一緒に新しい大河を作れたら、ということでお願いしました。

-小栗さんには、いずれ鎌倉幕府の頂点に立つ義時に通じるものがあると?

 そうですね。この豪華キャストの中にも「小栗さんのために頑張るよ」とおっしゃる方がたくさんいて、人望の厚い方なんだな、ということを改めて感じました。そういう「器の大きさ」は、北条義時に通じる部分があると思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top