【インタビュー】舞台「千と千尋の神隠し」醍醐虎汰朗&三浦宏規、ハクは「美しさの中にはかなさが混在している存在」

2022年1月5日 / 10:00

 宮崎駿監督のアニメーション映画を世界で初めて舞台化する「千と千尋の神隠し」が3月2日から上演される。舞台化に当たり、翻案と演出を手掛けるのはジョン・ケアード。千尋役を橋本環奈と上白石萌音がWキャストで演じる。千尋が迷い込んだ油屋で働く謎の美少年・ハクをWキャストで演じる醍醐虎汰朗と三浦宏規に、本作への意気込みを聞いた。

ハクを演じる、三浦宏規(左/Hairmake:AKi/Styling:小田優士)と醍醐虎汰朗(Hairmake:七絵/Styling:MASAYA) (C)エンタメOVO

-オーディションでハク役に決まったと聞いていますが、オーディションはどのような内容でしたか。

三浦 ジョン・ケアードさんがいらっしゃっていて、原作にあるせりふを読んで…。それから事前にハクが龍に変わるシーンの音楽素材を頂いて、「振りを付けてきて踊ってほしい」という要望があったので、自分で振り付けたダンスを踊りました。僕は、ずっとバレエをやっていたので、「振りを付けて」というオーダーがあったんだと思いますが、振り付けは経験したことがなかったので、すごく大変でしたが(笑)、とてもいい経験でした。実際のオーディションでは、せりふを淡々と読んで、ダンスも音楽をかけて一度踊っただけで、あとは雑談をして終わったので、自分では落ちたんだなと思っていました(笑)。あまり手応えを感じることもなく。なので、受かったと聞いたときは、本当にびっくりしましたし、うれしかったです。

醍醐 僕は、リモートでした。パソコン画面の向こうにジョンがいて、お芝居の課題は「カメラから目を離さないで」と要望があって、カメラを見つめながらせりふを話しました。それから、僕の場合は、ダンスは未経験だったので、振付師の方が作ってくださったダンスを練習して、動画を送りました。これまでにないオーディションではありましたが、駄目だったという感覚もなかったので、手応えはそれなりにあったんだと思います。

-オーディションで踊ったということは、やはりハクはダンスシーンが見どころになるのでしょうか。

三浦 どうなのでしょう(笑)。僕たちもまだ何も分からないんです。(取材当時)台本も頂いていないので。僕自身は、特に踊りたいということではなく、ハクを表現するに当たってダンスを取り入れた方が伝わりやすいということでしたら、それはもちろん精いっぱいやらせていただきますが、まだ何とも。自分が得意だからというよりは、この作品の中で必要かどうか、ハクという役にダンスがうまくリンクできるのかが重要だと思うので、必要なのであればもちろん、踊らせていただきますが。

醍醐 でも、僕は踊るんじゃないかなと思っています(笑)。ダンスというよりは「舞い」だと思いますが、人間から龍になるのを表現するには、舞うことが最善の方法なんだろうと思うんです。ただ、僕はダンスの経験がないので、ダンスや舞いがあるならば、とにかく時間を懸けて作り上げていくしかない。舞いのシーンが増えれば増えるほど練習量も膨大になっていくと思うので…。とにかく頑張ります。

-お二人は、これまでに2.5次元作品にも出演してきました。今回は、アニメ原作ということもあり、その経験が役立ちそうですか。

三浦 僕はそもそも、2.5次元作品でも、ほかの原作のある作品でも、キャラに寄せたり、似せるということはあまりしないんです。まねをするというのは誰でもできると思いますが、それならば3次元にする意味があまりない。もちろん、(原作と)全く違うキャラにしようとは思いませんし、必然的に原作に寄っていくものだと思いますが、あくまでもキャラの心情や内面が大事だと思って役作りをしています。それに、アニメーションをまねしようと思ってもできるものではないので(笑)。今回も、台本を読んで、そこから受け取ったものをジョンの前に提示して、そしてさらに深めていくという作り方をしていきたいと思っています。それとは別に、もちろん原作の世界観は取り入れていきたいとは思っています。

醍醐 僕も役作りにおいての考えは似ていると思います。ものまねではなく、その役をその場に体現させるためにも、「生きる」ことが大切だと思います。ただ、最近、需要と供給が大事だと学んだので、そういう意味で作品に合わせたお芝居をしなければいけないなとは思うようになりました。それから、監督や演出家の方を信頼して、話し合って作っていくということも、僕が大切にしているところです。もし、自分が納得できないことがあれば、納得できるまで監督や演出家とディスカッションするようにしています。そこは今回も変わらず、ジョンととことん話し合って、役を作っていけたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」浦井健治「どんなにつらくても人間は素晴らしいと思ってもらえる作品に」

舞台・ミュージカル2022年1月28日

 文豪ビクトル・ユゴーが自身の最高傑作と評した小説を原作とした、ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」が、2月3日から上演される。本作は、口を裂かれた奇怪な顔を持ち、幼い頃から見世物として生きる“笑う男”グウ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第3回「挙兵は慎重に」頼朝の挙兵決断に至る鮮やかな展開

ドラマ2022年1月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。1月23日に放送された第3回「挙兵は慎重に」では、北条家の婿となった源頼朝(大泉洋)が、平家打倒の挙兵を決意するまでが描かれた。45分という枠の中、以仁王(木村昴)の挙兵の史実なども絡めて … 続きを読む

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

映画2022年1月27日

 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 … 続きを読む

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

amazon

page top