【インタビュー】ミュージカル「INTO THE WOODS」古川琴音「悔いが残らないように」引っ越ししてまで臨んだオーディションで勝ち取った初ミュージカル

2022年1月7日 / 08:00

 羽野晶紀や古川琴音、渡辺大知らが出演する、ミュージカル「INTO THE WOODS」が1月11日から上演される。本作は、『赤ずきん』『シンデレラ』『ジャックと豆の木』『塔の上のラプンツェル』といったおとぎ話の登場人物たちが同時に存在する世界で、それぞれの有名なおとぎ話をなぞりながら交錯するストーリー。おとぎ話からかけ離れた、人間の本質をあぶり出すような深淵なテーマがさまざまな角度から描かれる。初めてのミュージカル出演でシンデレラを演じる古川に、意気込みや役柄への思いを聞いた。

シンデレラ役の古川琴音 (C)エンタメOVO

-本作への出演は、オーディションで決まったと聞いています。もともとミュージカルには憧れがあったのですか。

 ミュージカルやミュージカル映画が好きだったということもありますが、音楽を通してお芝居をすることで伝わるものが増すのではないかという思いもあったので、漠然とした憧れは持っていました。今回、オーディションのお話を頂いて、ブロードウェー版の映像を見させていただいたら、ユーモラスで楽しい楽曲が多いのに、ストーリーでは教訓めいたものも描かれていて、すごく深い作品だと感じました。シンデレラなど、親しみのあるおとぎ話のキャラクターが登場しますが、そのキャラたちが現実を語るというのも皮肉で面白いなと。それで、その世界観に入りたいと思ってオーディションを受けさせていただきました。

-本作のオーディションに臨むに当たって、防音の部屋に引っ越しもしたそうですね。

 ミュージカルのオーディションに呼ばれるとも思っていなかったので、その機会を頂けたことがありがたいと思っていました。憧れもありましたし、自分ができるところまでやってからオーディションに臨みたかった。まず自分ができることを全てやった上で判断してもらいたかったので、思い切って、オーディションの話を聞いた日に物件を探し始めて、すぐに引っ越しをして、悔いが残らないように練習をしました。

-それだけの強い思いで臨んだオーディションだっただけに、出演が決まったときは格別な思いだったのではないでしょうか。稽古が始まって、どんなことを感じていますか。

 演出家の熊林(弘高)さんのお話を聞いたり、脚本を読んでいく中で、表現したいものがどんどん増えていくのですが、それを歌に乗せるのはすごく難しいことだと改めて感じています。今(取材当時)はまだ、やらなければいけないことがあり過ぎる状況です。本番までの期間に学ぶことはすごく多いと思いますし、千秋楽を迎えたときに自分がどう変わっているのか楽しみでもあります。

-稽古を通して、具体的にどんなことを学びましたか。

 私一人では、このせりふをどうやって言おうかと、表面的なことしか考えられませんでしたが、熊林さんの演出によって物語の深いところまで考えられるようになったと思います。この作品は、私たちがなじんできた『シンデレラ』や『赤ずきん』などのストーリーとは違って、もっとシリアスなストーリーになっています。その中で、人間の深層心理を象徴するようなモチーフが出てきます。熊林さんがこの物語を作るに当たって、「夢」を一つのモチーフにしたいとおっしゃっていました。夢には深層心理を象徴するものが出てくるんですよ。例えば、私は疲れたときに歯がたくさん抜ける夢を見ることがあるんですが、それは私だけでなく、悩んだり追い込まれた状況のときに多くの方が見るものなんだそうです。そういうふうに、人間の中に無自覚に隠されているモチーフがたくさんあって、それが散りばめられているのがおとぎ話の世界なんだと、この作品に携わって知ることができました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top