【インタビュー】ミュージカル「ボディガード」新妻聖子「楽しみ倒そうという気しかないです」

2022年1月4日 / 08:00

 1992年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストン主演で大ヒットした映画『ボディガード』を舞台化した、ミュージカル「ボディガード」が2022年1月21日から上演される。本作は、グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめとした映画の楽曲をふんだんに使ったミュージカルで、日本では20年に日本キャスト版を上演。しかし、新型コロナの影響によりわずか5回のみの上演となり、ほとんどの公演回が中止となった。今回は、待望の再演となる。レイチェル・マロンを柚希礼音、May J.とトリプルキャストで演じる新妻聖子に、本作の見どころや公演への意気込みを聞いた。

レイチェル役の新妻聖子(ヘアメイク:丹羽寛和/スタイリスト:小堂真里)

-新妻さんにとっても待望の再演となるかと思いますが、公演が決まったときの気持ちを改めて教えてください。

 とてもうれしかったです。初演は大阪で2回公演させていただいて、その後コロナ情勢が悪化したため大阪公演は中止。自宅待機中に東京公演の中止も決まり、キャストやスタッフにごあいさつもできないまま終わってしまったんです。自分の中でも、これからさらに深めて、お客さまともっと楽しい時間を共有しようと思っていた矢先の中止だったので、やり場のない思いが滞ったままでした。なので、ようやくまた流れ出すんだという喜びがあります。レイチェル役にこのタイミングで出会えたことに運命のようなものも感じていますし、子どもの頃から大好きだった洋楽を、日本語のミュージカルとして芝居に変換する作業には、ある種の使命感を持って取り組んでいたので、中止が決まった日から「再演を無事に務め上げるまでは絶対に死ねない」と思って生きていました(笑)。またこの作品に戻ってくることができて本当に幸せですし、とにかくみんなで楽しみ倒そうという気しかないです。

-大ヒット映画の舞台化で、映画をご存じの方も多いと思いますが。

 そうですよね。私自身は(映画は)レイチェル役が決まるまで見たことがなかったんですが、映画のおおまかなあらすじは知っていましたし、とにかくホイットニー・ヒューストンが歌う主題歌の「I Will Always Love You」を聴いたことがないという方はいないですよね。音楽とストーリーになじみがある分、初めてミュージカルに触れる方にも入りやすい作品だと思います。

-“ミュージカル”と銘打っていますが、心情を歌い上げるタイプの作品ではないので、余計ミュージカル初心者にも入り込みやすそうですね。

 そうなんです。厳密に言えば、この作品はミュージカルではないんですよ(笑)。ショー付きの芝居といったらいいのかな。主人公のレイチェルが歌手なので、彼女が歌手としてステージで歌うシーンがほとんどです。時々お芝居の心情にからめた演出もありますが、ミュージカル調に歌で会話をしたりはありません。「ストレートプレーだと飽きちゃう」とか「ザ・演劇はハードルが高い」と思っている方や、「ミュージカルは見てみたいけど、知らない曲を何十曲も聞き続けるのは…」と二の足を踏んでいる方などにもすごくお薦めの作品です。

-どんなところにポイントを置いて演じたいと考えていますか。

 やはりレイチェルとフランクが引かれあう過程は、大切に描いていきたいですね。スーパースターとボディガードの恋がとてもスピーディーに展開していくので、稽古場でフランク役の大谷亮平さんとも相談しながら、丁寧に作っていきたいです。先日、約2年ぶりに台本を読んで、新しい感情やインスピレーションが湧き上がってくることに自分でも驚いたんです。初演で培ったベースはそのままに、作品から少し距離と時間を置いた今だからこそ分かる、細かいエッセンスを足していけたらと思っています。

-今回は柚希さん、May J.さんとトリプルキャストになりますが、新妻レイチェルならではの見どころを教えてください。

 レイチェルという役は、現役の3人の女性アーティストの姿がそのまま投影できる役だと思っています。曲の解釈ですとか、観客との距離感や気持ちの届け方という、普段のアーティスト活動で行っていることがそのまま芝居の色として出るでしょうし、私は「新妻レイチェルを見たい」と言ってくださるお客さまに向けて、ご期待に沿えるよう精いっぱい頑張るのみです。

-フランク役の大谷亮平さん、それからレイチェル役の柚希さんとは初演に続いての共演です。お二人の印象は?

 3人とも同世代なんですよ。なので、初演のときから稽古場では同級生の集いのような感覚で和気あいあいとお稽古ができました。大谷さんは、一般的には、ダンディーで屈強なイメージだと思いますが、実はすごく少年っぽくておっとりした方です。ボディガード役にぴったりな男らしいビジュアルと、ピュアな笑顔のギャップというのが、フランク役そのものだと思います。

 柚希さんも、すごく気持ちの優しいすてきな方です。役者さんとしては、やはり存在感がすごいですよね。舞台稽古を拝見したときは、「ライオンが歩いてくる」と思いましたもん(笑)。少し離れているところにいると思ったのに、一瞬で間近まで迫っている。人間離れしたダイナミックさがある人だと感じています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」浦井健治「どんなにつらくても人間は素晴らしいと思ってもらえる作品に」

舞台・ミュージカル2022年1月28日

 文豪ビクトル・ユゴーが自身の最高傑作と評した小説を原作とした、ミュージカル「笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-」が、2月3日から上演される。本作は、口を裂かれた奇怪な顔を持ち、幼い頃から見世物として生きる“笑う男”グウ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第3回「挙兵は慎重に」頼朝の挙兵決断に至る鮮やかな展開

ドラマ2022年1月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。1月23日に放送された第3回「挙兵は慎重に」では、北条家の婿となった源頼朝(大泉洋)が、平家打倒の挙兵を決意するまでが描かれた。45分という枠の中、以仁王(木村昴)の挙兵の史実なども絡めて … 続きを読む

【映画コラム】くせ者監督が雑誌の記事の映像化を実現させた『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

映画2022年1月27日

 くせ者監督ウェス・アンダーソンが、雑誌『ニューヨーカー』にインスパイアされ、雑誌の記事の映像化を目指して、一つのレポートと三つのストーリーから成る、一種のオムニバス映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 … 続きを読む

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

amazon

page top