【インタビュー】舞台「物語なき、この世界。」岡田将生、憧れの人・峯田和伸との共演に「これまでとは違うセッションになる」

2021年6月28日 / 08:00

 岡田将生が主演するCOCOON PRODUCTION 2021「物語なき、この世界。」が、7月11日から上演される。本作は、映像でも脚光を浴びる三浦大輔が、3年ぶりに書き下ろした、新宿・歌舞伎町を舞台にした人間ドラマ。売れない俳優・菅原裕一を岡田が、売れないミュージシャン・今井伸二を銀杏BOYZの峯田和伸が演じ、10年ぶりに再会した2人の男の身に起きた大きな事件を描く。岡田に舞台出演への思いや本作への意気込みを聞いた。

菅原裕一役の岡田将生 (ヘアメイク:小林麗子(do:t)/スタイリスト:TAKURO)

-作・演出の三浦さんは、スキャンダラスな題材やリアルを追求した演出で知られる演出家です。そんな三浦作品への出演オファーがあったとき、どんな気持ちでしたか。

 三浦さんとは映画『何者』で、短い期間、ご一緒させていただいたのですが、そのとき三浦さんの演出を受けて信頼できる方という印象を抱いたので、長い期間をかけてしっかりと三浦さんの演出を受けたいとずっと思っていました。なので、今回、舞台のお話を頂いて、すごくうれしかったです。普段、僕は舞台に出演する際には、台本を頂いて、それを読んでからお話を進めさせていただくのですが、今回はタイトルとプロットのみで出演することを決めたので、どんなお話になるのか、いまだに(取材当時)分かっていません(笑)。これから三浦さんと濃密な稽古ができることは楽しみではありますが、(物語の)結末が分からないことに恐怖も感じています(笑)。

-舞台出演は、2019年の「ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~」以来となりますが、約2年ぶりに舞台出演についてはどんな気持ちですか。

 2019年のときは、このコロナ禍の前だったので、単純に舞台が好きで、舞台に立ってお芝居することに生きている実感がありました。ですが、昨年からのコロナ禍で、舞台に立てることに感謝する気持ちはより強くなりました。1日1日、1公演1公演を大切にしなければいけないと、より身に染みて感じています。本作でも、最善の対策をして、皆さまに安心して見ていただけるものにしなければいけないと思っています。

-岡田さんにとって、舞台に立つことの魅力をどこに感じていますか。

 僕は、舞台の魅力を語れるほど出演しているわけではありませんが…。舞台だと果敢に、いろいろな役に挑戦できると感じています。それから、「せりふで遊ぶ」ことができるのが舞台を見ていていいなと思っていた部分でした。実際には、1カ月半の稽古で僕がそれをできているかと言われると、なかなかそこまで到達できていないとは思うのですが(笑)、到達できていなくても、なぜ僕は稽古をしているのかを自問自答したりして、自分自身と見つめ合う時間が増えるのも、僕にとってはすごく充実した時間です。そうすることで、今までやってきたものがリセットされ、新たにお芝居ときちんと向き合える時間ができるので、それがすごく好きです。

-最近は、主演以外の作品に出られることも多く、多彩な才能を発揮していますが、今回は主演という立ち位置です。主演だからこその楽しみはありますか。

 (主演に)こだわりがないと言ったらうそになりますけど、僕は、一緒にやっているチームとして支えたいし、支えられたいので、どの位置でも気持ちは変わりません。

-岡田さんが演じる菅原は主人公に憧れを持っていますが、その気持ちには共感できますか。

 それはありますよ。いまだに僕も売れたいと思っています(笑)。ですが、それは俳優なら誰でも思っていることじゃないかな? どの人にも根本的には、たくさんの人に知ってもらいたいという気持ちがあるんじゃないかなと思います。役柄に関していえば、今回は無防備さや脱力感を出して、これまでとはまた違った一面を舞台上で見せられたらというお話を三浦さんとしているので、僕なりの菅原を見せられたらと思っています。

-今井役の峯田さんとは本作が初共演になります。岡田さんは、中学生の頃から峯田さんに憧れていたそうですね。

 峯田さんの音楽がすごく好きなんです。なので、お会いできることだけでも本当にうれしかったです。その上、一緒にお芝居ができるので、これまでとは違うセッションになるだろうなと楽しみにしています。

-岡田さんが感じている峯田さんの魅力は?

 中学生のときに、初めて銀杏BOYZの音楽を聞いて衝撃を受けました。峯田さんは、音楽が鳴ると顔つきが変わるんですよ。伝えたいというエネルギーにあふれていて、あの表現は峯田さんにしかできないことだと思います。今、こうして一緒のカンパニーで、一緒に作品を届けることができることが本当にうれしいなと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

大河ドラマ初出演「うれしさの反面、プレッシャーを感じる日々でした」大島優子(伊藤兼子)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年11月27日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。愛妻・千代(橋本愛)を失った主人公・渋沢栄一(吉沢亮)は、悲しみから立ち直れぬまま、周囲の勧めを受けて再婚することになる。その再婚相手となるのが、伊藤兼子だ。自身も波乱の半生を歩んだ後、後妻と … 続きを読む

【インタビュー】映画『ダンシング・マリー』EXILE NAOTO 「恋人に部屋の鍵を渡すシーンは僕もやってみたい」

映画2021年11月26日

 映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』が全国順次公開中。SABU監督の最新作となる本作は、NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が演じる、しがない市役所職員・藤本研 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW いりびと-異邦人-」高畑充希「分かったと思って演じてはいけないんじゃないか」難しく不思議な役に挑戦

ドラマ2021年11月26日

 原田マハの美術小説「異邦人(いりびと)」をドラマ化した、「連続ドラマW いりびと-異邦人-」が11月28日から、WOWOWプライムで放送・配信される。本作は、主人公の菜穂が、彼女が擁護する無名画家の出生の秘密や、ある天才画家の死の真相を追 … 続きを読む

【インタビュー】ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~うずまきナルト物語~うずまきナルト役・中尾暢樹「ナルトが一筋の光に見えたら」

舞台・ミュージカル2021年11月26日

 岸本斉史の漫画『NARUTO-ナルト-』の舞台、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」の4年ぶりの新作となる「うずまきナルト物語」が12月4日から上演される。本作では、原作の「ペイン来襲編」「五影編」を中心とした物語を展開。主人公 … 続きを読む

【インタビュー】映画『サマーゴースト』“幽霊役”の川栄李奈「女優業はいろいろな人になれることが楽しい」

映画2021年11月25日

 気鋭のイラストレーター・loundrawが初の映画監督を務めた短編アニメーション映画『サマーゴースト』が全国公開中だ。本作は、忘れられない“ひと夏の出逢い”を描く現代青春群像劇。インターネットを通じて知り合った高校生の男女3人が、都市伝説 … 続きを読む

amazon

page top