【インタビュー】舞台「日本の歴史」瀬戸康史 三谷幸喜作品で感じた「コメディーのやりがいや難しさ」

2021年6月25日 / 08:05

-演じること、俳優業の面白さはどんなところに感じていますか。

 言葉で説明するのはすごく難しいのですが…。何もないところから作り上げるという“物作り”の面白さがあります。物作りでいえば、僕は絵も描いたりもしますが、絵はあくまでも1人で作り上げるものです。お芝居は、みんなで作るものなので「みんなで」ということも面白いところだと思います。

-俳優としての今後の目標は?

 「23階の笑い」でご一緒したことで、三谷さんがまた呼んでくれたように出会いが大事だと思いますし、大切にしていきたいと思います。そうして頂いた目の前のお仕事と、一つ一つ、しっかりと向き合って取り組んでいければと思っています。

-こういう俳優になりたいという理想像はありますか。

 いい出会いを逃さない人間になりたいと思っているので、僕自身は目指す役者像というのはないんです。面白ければどんな作品でもやりたいし、クールな役しか演じませんということでもない。ただ、役者を続けられたら幸せだなと思います。

-改めて公演を楽しみにしている人にメッセージを。

 前向きになれるし、ハッピーになれるミュージカルになっています。まだ不安な毎日を過ごされている方も多いと思いますが、こういった状況だからこそ、明るい気分になれる作品が必要なのかなと思います。どうしようもないモヤモヤとした気持ちを、ほんの少し、晴らしてくれる作品だと思うので、ぜひ、劇場に足を運んでいただけるとうれしいです。

(取材・文・写真/嶋田真己)

シス・カンパニー公演「日本の歴史」

 シス・カンパニー公演「日本の歴史」は、7月6日~18日、都内・新国立劇場 中劇場、7月23日~30日に、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。

公式サイト https://www.siscompany.com/mitanisaien/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十一回「栄一、最後の変身」栄一の豊かな人間味を表現した吉沢亮の巧みな演技

ドラマ2021年10月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月17日放送の第三十一回「栄一、最後の変身」では、日本初の銀行や富岡製糸場の設立にまつわるエピソードが描かれた。  その中で、主人公の渋沢栄一(吉沢亮)は、大阪で知り合った大内くに(仁村紗 … 続きを読む

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

amazon

page top