【インタビュー】『「宇宙戦艦ヤマト」という時代  西暦2202年の選択』山寺宏一「歴史の事実を突き付けられた気がした」福井晴敏「『ヤマト』は『ガンダム』や『エヴァ』の手が回らないところにあるべき存在」

2021年6月9日 / 06:44

 かつて社会現象を巻き起こした大ヒットSFアニメーションをリメークし、大きな支持を得た『宇宙戦艦ヤマト2199』(12~13)とその続編『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(17~19)。この二つのシリーズに新作映像を交え、新たな切り口で再構成した特別総集編『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』が6月11日から全国上映となる。本作で構成・監修・脚本を務めた福井晴敏と、人気キャラクター、デスラーの声を演じた山寺宏一が、作品の見どころ、その裏に込められた思いなどを語ってくれた。

山寺宏一(左)と福井晴敏

-山寺さんが本作をご覧になった感想は?

山寺 冒頭から「そういう入り方!?」と、びっくりしました。もちろん、時間軸を追って『2199』と『2202』の物語が描かれ、総集編的な作品に仕上がっています。ただ、真田(志郎/声:大塚芳忠)さんが語り手を務めることで、「新しい切り口で見事にまとめ上げたな。さすが福井さん」と。最後は感動しました。

-真田さんを語り手に選んだ理由は?

福井 真田さんというと、昔の「宇宙戦艦ヤマト」(74~75)の頃から、「こんなこともあろうかと」というせりふで有名ですが、実は本編中では一度も言っていないらしいんです。

山寺 そうなんですか。

福井 ええ。伝説が独り歩きしているらしく…。つまり、それぐらいドラマの解説役のような役割を背負わされてきたキャラクターなんです。今回のリメークシリーズでは、だいぶ人間像が掘り下げられ、「コミュニケーションが苦手な純粋理系」みたいなタイプから、徐々に人間的に柔らかくなっていく様子が『2199』と『2202』を通して描かれています。だから、「この二つをまとめるのであれば、この人しかいない」と思いました。

-「ドキュメンタリータッチ」というスタイルを採用した理由は?

福井 「『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』とは、一体どんな時代だろう?」と考えてみると、それは毎年のように新しい宇宙人が地球に攻めてくる時代なんですよね。

山寺 私もその一人ですね(笑)。

福井 昔は「いくら何でも、それは漫画的過ぎる」と、お客さんに引かれてしまった部分もあったと思いますが、現代は毎年のように新しい災害が起き、今までの常識が全く通用しない。これほどいろいろなことが続くと、来年あたり宇宙人が攻めてきても、もはや驚かないレベルだな…と。

山寺 そうですね。僕は東北出身ですが、震災のときは「日本はもう立ち直れないんじゃないか」と本気で思っていました。そこから何とか皆さんの努力で復興してきたところに、新型コロナの危機。昔の「宇宙戦艦ヤマト」を見ていた頃は「地球規模の危機なんて、そんなに次から次へと来るわけないじゃん」と思っていましたが、そうでもないんだな…と。

福井 「そうでもないんだな」になっちゃいましたよね。それぐらい何が起こってもおかしくない時代で、その苦難を十何年も生き抜いてこなければならなかった。そういうことから、『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』を「現代日本の鏡像」として描くことができる時代が来てしまった。そこを真正面から捉えて、皆さんにこの物語を肌身で感じていただくにはどうしたらいいか。それを考えた結果、あえて一歩引いた感じの「ドキュメンタリータッチ」という結論に至りました。

山寺 地球の危機を描く作品はたくさんありますが、これほど頻繁に危機が訪れるものはないと、初めて「ヤマト」を見た中学生の頃からずっと思ってきました。そういう意味では、最初にそういうものを描いたのが「ヤマト」であり、時代に合わせてよりリアルにしたのが、『2199』からのリメークシリーズですものね。

-福井さんは「ガンダム」シリーズの「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」(10~14)、山寺さんは「新世紀エヴァンゲリオン」(95~96)など、それぞれ日本のアニメ史に残る作品にも参加してきましたが、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズならではの魅力をどんなふうに捉えていますか。

福井 「宇宙戦艦ヤマト」は当初、「ヤマト」というタイトルではなかったそうなんです。それが、企画が進む中で「ヤマト」という名前とあの船の形に決まり、その瞬間から「戦後日本を背負う」みたいな雰囲気をまとうことになった。これは、「ガンダム」や「エヴァンゲリオン」にはない「ローカリズムの極致」と言っていいと思います。

-なるほど。

福井 そういうものが、「古い、ダサい」と忘れ去られたのが90年代やゼロ年代。その時期を過ぎた後、もう一度「戦後日本」というものを捉え直す必要が出てきた。そういうところにピタッとハマるという意味では、「ガンダム」や「エヴァ」の手が回り切らないところにあるべき存在になっているかな、という気がします。

山寺 「ヤマトの魅力」って、一言で言うのは難しいし、今またこうやって支持を得ているのは、福井さんたちがきちんと再構築してくれたおかげだと思います。ただ、福井さんのおっしゃった「戦後日本」ということに関して言えば、われわれは戦争を遠い昔のことだと思っているかもしれませんが…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十九回「勘定組頭 渋沢篤太夫」目指す商売の在り方を示した栄一の言葉

ドラマ2021年6月23日

 「上に立つ者だけがもうけるなら、御用金を取り立てりゃあ、早え話です。しかし、それじゃあどん詰まりだ。誰かが苦しみ、不平を持てば、そこで流れがよどんじまう」  6月20日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第十九回「勘定組頭 渋沢篤 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「准教授・高槻彰良の推察」ドラマ初共演の伊野尾慧&神宮寺勇太、凸凹コンビ役で「イチャイチャしちゃってる(笑)」

ドラマ2021年6月22日

 8月7日から、東海テレビ・フジテレビ系列で「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察」の放送がスタートする。本作は、澤村御影の人気小説を原作に、怪異事件の謎解きを通して、人と人とのつながりを描く、少し怖くて、笑えて … 続きを読む

【インタビュー】Huluオリジナル「悪魔とラブソング」浅川梨奈&飯島寛騎 「うっとりするような世界観のラブシーンを楽しんで」

ドラマ2021年6月21日

 浅川梨奈と飯島寛騎がW主演するドラマ、Huluオリジナル「悪魔とラブソング」が、6月19日(土)からHuluで独占配信中。本作は、少女漫画誌『マーガレット』とオンライン動画配信サービスHuluがタッグを組む恋愛ドラマシリーズの第2弾。 美 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ピーターラビット2/ バーナバスの誘惑』ウィル・グラック監督「今回は、アイデンティティー、裏切り、父親捜しという、三つの要素がとても重要でした」

映画2021年6月21日

 ビアトリクス・ポター作の『ピーターラビット』を初めて実写映画化した前作から3年、『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が、6月25日から公開される。今回はピーターが、自分の居場所を見失い、生まれ育った湖水地方から飛び出して都会で過ごす様 … 続きを読む

「五代さんとの不思議な縁を改めて感じました。再び演じさせていただけることは光栄です」ディーン・フジオカ(五代才助(友厚))【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年6月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。主人公・渋沢栄一(吉沢亮)が一橋家に仕えるようになり、劇中にはさらに多彩な人物が姿を見せるようになってきた。その1人が、薩摩藩士・五代才助(友厚)だ。今は薩摩藩の一藩士に過ぎないが、今後、日本 … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top