【インタビュー】Yellow/新感線「月影花之丞大逆転」いのうえひでのり&古田新太 劇団☆新感線が挑む「この時期ならではの」新作公演

2021年2月4日 / 08:00

 2021年劇団☆新感線 41周年春興行 Yellow/新感線「月影花之丞大逆転」が2月26日から上演される。劇団☆新感線(以下、新感線)は、出演者・スタッフを合わせると100人規模のカンパニーで作品を作り上げる大掛かりな公演が魅力だが、コロナ禍の今、同じ規模での公演を行うことは難しい。そこで、今回、「Yellow/新感線」と銘打ち、新たな形で作品が作られた。演目は「月影花之丞大逆転」。演出のいのうえひでのり、そして主演の古田新太に、公演の概要や、作品の見どころ、公演への意気込みを聞いた。

古田新太(左)と、いのうえひでのり

-今回、「Yellow/新感線」として公演に至った経緯を教えてください。

いのうえ 通常の新感線の公演では、関わるスタッフ・キャストも多く、公演も長期間にわたり、上演時間も長いので、それは今の状況にはそぐわないと思い、昨年の夏頃から企画を練り直していました。そこで、この時期ならではのものができないかと考え、少人数のカンパニーで、なおかつ笑える面白いものをと急きょ立ち上げたのがこの公演です。その時点で、すでに先々までのキャスティングは決まっていたので、メインの方にはそのまま出ていただけるようにということも踏まえた上で、木野(花)さんが演じた、(「ガラスの仮面」のオマージュとして1996年と2003年に上演した)「花の紅天狗」の月影花之丞というキャラクターを中心としたスピンオフにしよう、と。そこで、(座付き作家の)中島(かずき)くんと話し合った結果、今回の形になりました。

-古田さんは、今回の演目を聞いて、どう感じましたか。

古田 楽しみです。阿部(サダヲ)とは久しぶりの共演ですし、文ちゃん(浜中文一)とやっと共演できる。木野さんのことは守ってあげないといけないですし! ですが、最初に伝えておきたいのは、「花の紅天狗」とは違い、マヤ的な人や亜弓さん的な人は出てきません。今回は(木野が演じる)月影先生を第一に考えた作品です。「ガラスの仮面」は本来、マヤがいて、それに対抗する亜弓さんがいる。月影先生は最大のスパイスで、カレーにおけるクミンみたいな人なんですよ。でも、今回はクミンしか出ない(笑)。それを大前提に考えて見に来ていただければ、ある程度楽しめるんじゃないかなと思います(笑)。

-浜中さんとは、以前から共演したかったんですか。

古田 (浜中が)以前に出演していた舞台で、きれいな顔をして下品なことを平気でやっていたのを知って、興味が湧いたんです。関ジャニ∞の横山(裕)や大倉(忠義)にリサーチしたら、「あいつはいいやつだし、何でもやりますよ」って言っていたんで、楽しみにしてます(笑)。

-今回、月影先生をメインとしたストーリーになるということを聞いた、木野さんの反応は?

いのうえ  月影先生を演じるときは、木野さんはつねに死に物狂いです。やはり、大変な役だと思います。今は、初演から18年たっていますから、年齢もさらに進み、より大変だとは思いますが、体を鍛えているとおっしゃっていたので、すでに臨戦体勢でした。特にこういった時期なので、木野さんだけでなく僕たちも、余計に健康には気を使わないといけないと思っています。無事に終わることをまず第一に考えて、その上で楽しいお芝居ができればいいなと思います。

-浜中さんに加え、西野七瀬さんもゲスト出演します。若手のお二人には、どんな役割があるのですか。

いのうえ 七瀬さんは、この話のキーワードになっていると思います。そのキーワードたるためには、圧倒的にかわいいという、彼女が本来持っている輝きがあってこそ、説得力を持って伝わると思うので、その魅力が出せるように頑張りたいと思います。それから、文ちゃんは、切れ味のいい、変態ぶりを発揮してもらいたい。彼はきれいな顔をしているけど、微妙にズレているんですよ(笑)。そのズレがお客さんに伝われば、またそれも面白いなと思っています。

-古田さんからお二人にこの現場でどんなことを教えてあげたいですか。

古田 今のご時世、稽古終わりに食事にも行けません。打ち上げも、一杯飲みに行くのも駄目。飲みながらどうこう話すことはできない。だらか、稽古場で、「自分たちが輝くことを考えて」ということぐらいしかアドバイスできないだろうなと思います。なるべく、稽古場でガタガタ言おうかなとは思っています。

-ところで、新感線というと大掛かりな舞台セットも見どころですが、今回の公演では?

いのうえ セット的には、いつもと変わらないと感じてもらえると思います。いわゆる「ネタもの」「音もの」をやるときに出る、伝統的な形です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】一人の人間が他者に与える影響力の大きさを知らされる『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』

映画2021年3月4日

 ベトナム戦争にまつわる実話を、ユニークな視点から描いた『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』が3月5日から公開される。タイトルは、エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説の一節「最後の全力を尽くせ」から取られている。監督・ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 世にも奇妙な君物語」黒島結菜「『これをやるのは嫌だな…』と思ったぐらい不気味で奇妙な話」 朝井リョウ原作のオムニバスドラマに主演

ドラマ2021年3月3日

 『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウの小説を原作にしたオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」が、3月5日からWOWOWで放送開始となる(全5話/第1話無料放送)。世の中を鋭い視点で見つめた斬新なアイデアを … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

舞台・ミュージカル2021年3月3日

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービ … 続きを読む

【インタビュー】映画『NO CALL NO LIFE』優希美青&井上祐貴、期待の若手俳優が挑む「若さ故の危うい恋」

映画2021年3月3日

 ホリプロ60周年を記念した映画『NO CALL NO LIFE』が3月5日から公開される。本作は、壁井ユカコの同名小説を原作に、親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の、痛いほどに切ない恋を描いた青 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

amazon

page top