【インタビュー】ドラマ「マイルノビッチ」 桜井日奈子&神尾楓珠が挑むラブコメは「背中を押す」作品

2021年2月11日 / 06:14

 累計発行部数320万部を超える大ヒット少女漫画『マイルノビッチ』が、桜井日奈子と神尾楓珠のダブル主演で実写ドラマ化される。本作は、キノコ頭の地味で冴えない女の子が、神的メーク術を持つ毒舌イケメン男子のプロデュースで、キュートな女の子に大変身し、たくさんの恋に出会いながら、本当の愛を見付けるまでを描いたラブコメディー。恋愛経験ゼロの木下まいるを演じる桜井と、メークの達人・熊田天佑を演じる神尾に、役作りについて、見どころ、さらには2人の高校時代のエピソードを聞いた。

桜井日奈子(左)と神尾楓珠

-お二人は、今回が初共演ということですが、互いについてどんな印象を持っていましたか。

神尾 僕は、まいるにぴったりな方だと思いました。バラエティー番組などでも活躍されている姿を見ていたので、コメディーシーンもきっとうまく演じられるんだろうな、と。実際に現場に入っても、積極的に臨んでいたので、すごいなと思います。

桜井 最初にご一緒したのが、ポスター撮影だったのですが、まいるが天佑にリップを塗ってもらうというポーズだったので、すごく至近距離での撮影だったんです。そのとき、どこを見てもきれいな顔をしているなと思ったのが、印象に残っています(笑)。見ほれてしまうお顔で、整っているから、無口な方というイメージがあったのですが、実際には結構しゃべってくれますし、一緒に作品を作ることができて楽しいです。

-撮影現場で主演者として意識していることはありますか。

桜井 ダブル主演として出演させていただいていますが、主役としてやれることって何があるだろうって考えても全然思いつかなくて…それで、私は人見知りなので、自分から話しかけるのは苦手なのですが、今回はできるだけスタッフさんや、ほかのキャストさんとコミュニケーションを取ろうとしています。それから、朝早い撮影でも元気に頑張ろうというテンションではいました。

神尾 僕は、あまり主演ということを気にしたことがなかったです(笑)。同世代が多い現場だと、「ご飯を食べに行こう」と声を掛けたりはするんですが、今回は新型コロナウイルスの予防という意味でもそれはできないので、何もできてなくて…(桜井に)ごめんなさい。

-では、それぞれの役柄について、原作や脚本を読んでどう捉えていますか。

神尾 冷たいけれど、本当は優しいという分かりやすいキャラクターだと思います。そこをきちんと表現できれば、天佑らしさが出ると思ったので、そこは意識しました。それから、その優しさの中にも“段階”があると思うので、いいあんばいで出せるようにということは考えました。

桜井 このドラマは、恋愛経験ゼロの冴えない女の子が、メークの力で、外見も内面も磨かれていくというお話なので、イケているときとイケていないときの変化が大きいと面白いと思いました。イケていないときは、すごく猫背にしてみたり、にじみ出るオタク感を意識していて、逆に、恋愛をしてキラキラしているときは、一生懸命さを大切にしようと心掛けています。

-天佑はメークが上手だという設定ですが、メークの練習はしましたか。

神尾 知識はある程度持っていないと駄目だと感じたので、メーク道具をスタッフさんにお借りして、それを持ち歩いて「自分はメーキャップアーティストになりたいんだ」という意識はしていました。ただ、練習台になってくれる方がいるわけではないので、実際に練習するのは難しかったです。

-自分で自分にメークはしなかった?

神尾 全く考えてなかったですが、でも、確かに普通は自分で試してみますよね(笑)。

-物語にちなんで、お二人が高校生のときに何か始めたことがあれば教えてください。

桜井 まいると同じように、私も高校生になってからメークをするようになりました。幼稚園から高3までずっとバスケをしていたんですが、高校生になってからは“女の子”っていうものを意識するようになって…。それまでは兄のお下がりのジャージーを着て、髪も天然パーマで爆発した状態でアフロって呼ばれていたくらいだったんです(笑)。でも、高校生になって、部活が終わったらコテを使って髪を巻いたりするようになりました。

神尾 僕も高校生になって、ヘアセットするようになりました。周りの影響もあったと思いますが、セットしないで学校に行くと「寝坊したの?」って言われてしまうので、僕も一応、アイロンとかを使ってセットしていました。今は、オフの日は全くしていないですが…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

お互いをリスペクトし合う関係が映画ヒットの鍵? オールCG初挑戦の内野聖陽が、映画撮影中に山田涼介に感じた座長としての意識の高さ【インタビュー】『鋼の錬金術師』

映画2022年6月26日

 錬金術が存在する架空の世界を舞台とした大人気ダーク・ファンタジー作品『鋼の錬金術師』。2017年にHey!Say!JUMPの山田涼介が主人公のエドワード・エルリックを演じ、話題になった実写映画が5年ぶりにスクリーンに帰ってきた。エドワード … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

amazon

page top