【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

2020年8月6日 / 13:57

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中心となるのが、「ウルトラマンタイガ」(19)で主人公・工藤ヒロユキを演じた井上祐貴。公開を前に、「ウルトラマンタイガ」に全力投球した1年を振り返ってもらった。

井上祐貴

-テレビシリーズのクランクイン前と今とで、ご自身の中で一番大きく変化したことは?

 「ウルトラマンタイガ」という作品に対する愛情は格段に上がりました。特撮にものすごく手が掛かっているということも、初めて知って。ちょっとした戦いのシーンでも、特撮が絡むと撮影に2、3時間かかるのに、放送では2、3秒しか映っていなかったりするんです。スタッフさんが本当に命懸けで頑張っていることを感じて、僕らも「もっと!もっと!」という気持ちになったことを今も覚えています。そういう意味では、ウルトラマンに対する愛情や知識など、いろいろなものが、この1年でものすごく増えました。

-振り返ってみて、タイガに出演が決まったときの心境は?

 タイガはタロウの息子という設定ですが、それを実感したのは、両親に「タロウの息子らしいよ」と伝えたときです。ものすごくテンションが上がって、父からは「ということは、“ウルトラの父”の孫か」みたいなことを言われました(笑)。それぐらいタロウ世代の方にとってはすごいことなんだな…と。イベントなどに出演すると、タロウ世代の方が見にきてくださることも多くて、そういう皆さんの反応からも、タロウのすごさを実感していました。

-ブルーレイボックスの特典映像用に、「ウルトラマンタロウ」(73)の主人公・東光太郎を演じた篠田三郎さんと対談されましたね。

 あれは衝撃でした…。僕も話を聞いたとき、びっくりして。タロウを全話見直してから対談に行きました。そうしたら、篠田さんもタイガを見てくださっていて。篠田さんの口から「イージス」とか「カナ社長」という言葉が出てくるのがすごく新鮮でした。ものすごくありがたかったし、篠田さんのウルトラマンへの愛も感じて、「僕もこんな先輩になりたい」と思いながら対談をさせてもらいました。本当に楽しかったです。

-今改めて感じる「ウルトラマンタイガ」の魅力は?

 タイガがヒロユキと一緒に成長していくところです。最初に(市野龍一)監督から「ヒロユキと一緒に成長していってほしい」と言われていたんです。でも僕は、そこにタイガもいると思っていて。こんなに未熟なウルトラマンは今までいなかったと思うぐらい、タイガは幼い発言をしていました。時にはヒロユキと対立することもあったり…。でも、仲間のウルトラマンタイタスやウルトラマンフーマ、さらにはヒロユキの同僚であるイージスのメンバーの支えを受け、徐々に成長していく。そういうふうにタイガの成長を感じてもらえる作品だったと思っています。

-井上さん自身の子ども時代のウルトラマン体験は?

 僕は長野(博)さんがやったティガ(「ウルトラマンティガ」(96~97))と同い年なのですが、父が昔からウルトラマン好きで、ティガを録画してくれていたんです。それを2、3歳の頃に見ていたことを、今も覚えています。僕自身が一番ハマったのは、コスモス(「ウルトラマンコスモス」(01~02))。青が好きだったこともあって、その頃は見た目でコスモスのルナモードがお気に入りでした。でも、物心がついてくると、戦闘態勢でも絶対にこぶしを握らず、相手を傷つけないように事件を解決するルナモードのキャラクターに引かれるようになって。今、僕もいろいろなショーのステージに立たせてもらっていますが、子どもの頃は、親と一緒にそういうショーを見に行っていたんです。タイガが決まったとき、両親に連絡したら、その頃の写真がたくさん出てきて。おかけで当時のことをいろいろと思い出しました(笑)。

-今回の劇場版で、ニュージェネの先輩ウルトラマンたちと共演した感想は?

 僕も先輩たちの作品は一通り見ていましたから、その主人公の方たちと一緒にお芝居をしたり、変身したりできたのは、やっぱりうれしかったです。

-撮影中にはどんなお話をしましたか。

 いろいろなことを話しましたが、中でも一番盛り上がったのは、「変身シーンの撮影って難しいよね」という話です(笑)。タイガの変身シーンは、例年に比べるとシンプルなんです。だから、先輩方の変身シーンについて「あそこはどうやったんですか?」「実はこうで…」と話を聞くのが面白くて。すごく盛り上がりました(笑)。劇場版でも新しい変身アイテムが出てきますが、どうやったらそれがカッコよく見えるか、皆さんからアドバイスを頂いたりもしました。特に、オーブ(「ウルトラマンオーブ」(16))の石黒(英雄)さんのこだわりはすごかったです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top