【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

2020年8月10日 / 09:37

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などのヒットソングに乗せて、主人公アレックスの夢と友情、そして恋の物語を描く。アレックス・オーウェンズ役の愛希れいかと、ニック・ハーレイ役の廣瀬友祐に公演への思いを聞いた。

ニック・ハーレイ役の廣瀬友祐(左)とアレックス・オーウェンズ役の愛希れいか(ヘアメイク:杉野智(NICOLASHKA)/スタイリスト:山本隆司)

 -まずは、出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

廣瀬 僕が必要とされて、仕事を頂けることは、この仕事をしていて幸せを感じる瞬間の一つでもあるので、とにかくうれしかったです。

愛希 私は出演が決まる前にミュージカルを見ていたので、ご縁を感じましたし、うれしかったです。もともと、ダンスを踊るのは大好きなのですが、宝塚を退団してからは、なかなか踊る機会がなかったので、今回、踊れるということに喜びを感じました。

-ダンスはこの作品の大きな見どころですよね。

愛希 私もそう思います。私自身、ミュージカルを見たときに、ダンスをしているシーンが一番印象深かったですし、それぐらいずっと踊っていたイメージがあります。ダンサーの方たちも激しいダンスが続いていて…なので、正直なところ、大丈夫かなという気持ちもあります(苦笑)。

-廣瀬さんはダンスはないのでしょうか。

廣瀬 ないことを願っています(笑)。僕はダンスに苦手意識が強い人間なので。ただ、これまでのたまっていた思いを発散するには、この作品でバーン! とエネルギーをぶつけたダンスができれば最高に気持ちいいんだろうなとは思います。ブロードウェーミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2に出演させてもらってから、ダンスに対する認識が、僕の中でも変わってはきてはいます。そのときに、ダンスを踊る楽しさを少しだけ感じることができたので、もし、ダンスをするシーンがあるのであれば、ほかの人の何倍も努力して、本番では楽しみながらステージに立てるように頑張りたいとは思っています。

-お二人は、ミュージカル「ファントム」以来、2度目の共演になりますが、お互いの印象は?

廣瀬 僕は初めての方と話すのが苦手で…。今までたくさんの宝塚出身のトップスターの方たちと共演させていただきましたが、愛希さんは以前から共通の知り合いがいたということもあって、初めての感じがしなかったんです。それで余計に話しやすかったのかもしれません。一度共演させていただいて、彼女の表現者としてのセンスにすごく魅力を感じていますし、今回、また共演できるのはとても光栄です。

愛希 私は、廣瀬さんはすごくお芝居が好きなんだな、というのが印象的でした。悩みを相談させていただくことも多かったのですが、廣瀬さんのアドバイスで道が開けたことが何回もありました。こういう形でまたご一緒できるのはすごくうれしいです。

廣瀬 本気で言ってる?

愛希 本気で言っていますよ!(笑)。廣瀬さんは、とてもユーモアがあって楽しい方ですし、同じ作品を一緒に作り上げることができるのは本当に光栄です。

-今現在、それぞれの役柄をどのように捉えていて、どう演じたいと考えていますか。

廣瀬 映画を見て、この作品は、アレックスが人と出会って、夢に向かって走っていくさまが魅力的で、そこに音楽とダンスというものがあると感じたのですが、じゃあ、ニックは? と考えるとすごく難しいなと感じました。これから愛希さんの演じるアレックスとコミュニケーションを取っていく中で、ニックがどんな人物になるか、作っていこうと思っています。

愛希 アレックスは、自分のやりたいことははっきりとしているけれども、不安があって、まだ自分が確立できていないという印象があります。ニックに対しても、感じたままのことを言ってしまうのですが、それも若さ故のかわいさだと思います。気が強く、意見をはっきり主張する子ではあるんですが、親友や恩師であるハンナに対しては思いやりがあって素直な部分も持っています。そういったところを大切にして、演じる上でもヒントにしていきたいと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

page top