【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

2020年7月1日 / 06:38

-それでも、本番が始まった途端、皆さんが強烈なお芝居をするわけですよね。

 長澤さんのスイッチの切り替えがものすごかったです。待ち時間は普通に話をしているのに、「本番です」と言われてお芝居に入った途端、まるで別人のようになって。そういう長澤さんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました。

-現場で長澤さんから学んだことは?

 お芝居する前にリラックスする方法を学びました。長澤さんは、演技をする前に体をたたかれていたんです。その理由を聞いてみたら「これをやると、リラックスできる」とおっしゃって。それを聞いてから、僕も演技をする前に、ルーティーンとしてストレッチをするようにしました。そうしたら、体の動きがよくなり、それまでよりも素の自分が出せるようになったので、それから続けるようにしています。

-完成した映画を見た感想は?

 最初は、すごく恥ずかしかったです。スクリーンで自分の演技を見るのは初めてですし、いろんな人が一緒に見ていたので。でも、次第に自分の演技を客観的に見られるようになり、「ここはうまくできたな」とか、「もうちょっとこうすればよかったな」と、気付くことがたくさんありました。自分で見ると、人から言われるよりも改善点がよく分かりましたし、他の皆さんの演技も、ものすごく勉強になりました。そういう点を、これからのお芝居に生かしていければと思っています。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2020「MOTHER」製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top