【芸能コラム】長澤まさみのコメディエンヌぶりが爆発! 信用詐欺師が華麗にだます「コンフィデンスマンJP」の世界

2020年4月27日 / 15:38

 長澤まさみが主演し、コンフィデンスマン(信用詐欺師)の世界を描いて大ヒットした「コンフィデンスマンJP」の傑作選が、27日からフジテレビで放送される。最新映画『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』(公開日未定)の公開も控える本作の魅力を改めて振り返ってみよう。

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子(長澤)と真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大)、ベテランのリチャード(小日向文世)が悪徳企業やマフィアのボスなどの金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金をだまし取る1話完結型の本作。

 2018年の4月期に連続ドラマとして“月9”枠で放送されて、数々のドラマアウォードで主演女優賞などを獲得。その後、2019年5月に映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』、そして映画の後日談となるスペシャルドラマ「運勢編」がそれぞれ公開、放送され、いずれも話題を呼んだ。

 昨今のドラマでは、「医療もの」「刑事もの」、そして形はさまざまだが「恋愛もの」に分類できる作品が高視聴率を記録する傾向にあり、そのため映画化までされるシリーズものは、それらのいずれかである場合が多い。その中で、“詐欺師”を主人公とした本作は異例だ。短期間で2度も映画化されていることからも、フジテレビの本気度がうかがえる。

 そんな本作は、物語ラストの「大どんでん返し」が魅力。視聴者にミスリード(物語の真意を誤解させる)させることによって、真実が明かされたときに衝撃を与える手法が多く用いられており、特に映画版やスペシャルドラマではその傾向が強い。ミスリードによって驚きの展開を生み出すのは、ミステリーものにはよくある手段だが、本作では「没入感」を味わえるのが特徴だ。

 主人公・ダー子らのキャラクターがとにかく魅力的で、詐欺師なのにどこか身近で愛らしいため、いつの間にかダー子たちに共感し、ハラハラドキドキし、ダー子を応援しているうちに、気づいたら全く違う答えにたどり着いている。それ故、どこからダー子たちの“演技”が始まったのか、種明かしまで気づけない視聴者も多いのではないだろうか。

 緻密で細やかな伏線の上に成り立つ上質なミステリーを好む、往年のミステリーファンにしてみれば、なんとも雑に映るどんでん返しかもしれないが、細かな伏線に気を取られるよりも、ただただ一緒になってだまされて、最後に「そうだったのか!」と爽快感を味わうことこそが、本作の最大の楽しみ方のように思う。

 もちろんそれは、長澤らの高い演技力があってこそ可能となっているものだ。長澤といえば、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)での白血病のヒロイン役で涙を誘う熱演を見せ、一躍、スターの座に就き、『海街diary』(15)では恋に重きを置く次女・佳乃役で強いインパクトを残すなど、これまでも女優として高い評価を得てきた。

 そんな長澤が、お笑い芸人顔負けのギャグを連発し、変顔も披露。異常なテンションでまくしたてる姿もまた、見事にハマっている。コメディエンヌとしての才能が見事に開花した。

 
  • 1
  • 2

page top