「妻として、光秀の隣で同じものを見られる人に」木村文乃(熙子)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年4月10日 / 05:00

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。これまで独り身だった主人公・明智光秀(長谷川博己)が、ついに妻を迎えた。その相手とは、美濃の土豪・妻木氏の娘・熙子。光秀の正室となった熙子は、以後、戦乱に明け暮れる夫を支え、明智家を守っていくことになる。熙子を演じるのは、「精霊の守り人」(16)や「サギデカ」(19)など、数々の作品で活躍する木村文乃。撮影の舞台裏や、2度目の夫婦役となる長谷川の印象などを語ってくれた。

熙子役の木村文乃

-第12回、光秀が熙子にプロポーズするシーンが、木村さんの初めての撮影だったそうですが、振り返ってみていかがですか。

 初めての撮影で、光秀の隣に立つ女性として、他の人とは違う「だからこの人が選ばれたんだな」というものを出さなければいけなかったので、それをどう表現するか、長谷川さんや監督と話し合いました。その結果、お芝居を台本から少し変更して演じることになりました。ただ、当日はものすごく寒かったです(笑)。朝早いロケだったので、霜が引くのを待ってからの撮影で…。でもその分、日が差してきたら、ものすごくきれいだったことを覚えています。

-長谷川さんとは以前、民放のドラマでも夫婦役を演じていましたが、改めて夫婦役で共演される感想は?

 幸せなことだな…と。とにかく穏やかな方なので、隣にいて、何となく話したりするような時間が、とても穏やかに感じられます。撮影に来ているのに、家にいるような安心感もあって。それは、前回から変わりません。現場をよく見ていらっしゃるので、ふとした瞬間に投げかけてくれる言葉に、温かい気持ちにさせられます。先日も撮影のとき、長谷川さんが映っていない私単独のカットまで、きちんとモニターで確認して、ぽろっと「熙子っぽいね」と言ってくださったんです。その一言で「ちゃんと(光秀の)妻としていられているな」と安心することができました。

-長谷川さんの座長ぶりはいかがでしょうか。

 長谷川さんはあまり控室に戻らず、スタジオの脇にある前室にいらっしゃることが多いです。そこで皆さんと、お話をされているんです。それもあいさつ程度ではなく、一人一人、しっかり話し込む感じで。そうやって考えを共有して、座長として立っていらっしゃるんだろうな…と。

-そのほか、長谷川さんとのエピソードで印象に残ったことは?

 とにかく紳士です。撮影では、セットの隙間を縫ってカメラ前に立つことが多く、その隙間に笹や枝や、いろいろな機材がたくさんあるのですが、歩いていくとき、それを全て長谷川さんがよけてくれるんです。マイクも毎回、ボタンで自分の分を電源オン、オフするのですが、私が長谷川さんの後ろで順番待ちをしていると、自分より先に私のマイクをオフにしてくださったり…。そんなふうにジェントルな方です(笑)。

-第九回で光秀と会った初登場シーンの感想は?

 ドキドキしながら演じていました。自分が一番キラキラしていた時代を思い出しながら、頑張ってやりましたが、ちょっと照れくさかったです(笑)。ただ、熙子を演じる上で「胆力があるということを大事にしてほしい」と言われていたので、ふわっとした出方の中にも、後に武将の隣に立つ女性として、恥ずかしくないような人間にしなければ…ということは意識しました。

-熙子を演じる上で心掛けていることは?

 時代劇の女性というと、「三歩下がって」というイメージがありますが、最初に演出の大原(拓)さんから「(光秀の)横を歩いてください」と言われたんです。だから、帰蝶(川口春奈)や駒(門脇麦)がいる中で、熙子が選ばれた理由を考えたとき、ちゃんと隣で同じものを見られる人でいなければ…と。また、熙子は目先のことに左右されず、何が大切かということをしっかり持っている人です。そういうところは私も好きなので、これからも大事にしていきたいと思っています。

-役作りのためにリサーチなどはしましたか。

 熙子に関しては、あらかじめ「伝えられているさまざまな逸話とは関係なく描いていきたい」と伺っていたので、史実を調べて深く人物像を掘り下げることはしませんでした。それよりも、台本から受け取る印象と、監督たちがどう描こうとしているかを大事にしています。

-熙子を演じる中で、どんな手応えを感じていますか。

 長谷川さんとの共演は2度目ですし、あまり人を緊張させる方でもないので、その柔らかい雰囲気に乗って、明智家として本当の家族のように撮影できている感覚があります。母上様の(石川)さゆりさんも、とても気さくにお話ししてくださるので、人生の先輩のお話をいろいろと伺って、撮影していないときも、楽しく過ごさせていただいています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

舞台・ミュージカル2020年10月23日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口 … 続きを読む

【インタビュー】『オレたち応援屋!!』A.B.C-Zのメンバーがそろって主演!「5人のやりとりは、素の僕たちに近い」

映画2020年10月22日

 A.B.C-Zの橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一が主演する映画『オレたち応援屋!!』が、10月23日から全国公開される。本作は、A.B.C-Zのメジャーデビューに合わせ、5人単独で座長を務める形で始まった舞台“ABC座”の … 続きを読む

【インタビュー】「女の一生」大竹しのぶ&高橋克実&段田安則&風間杜夫「一言一言がじんわりとお客さんの心に染みわたっていく作品に」

舞台・ミュージカル2020年10月20日

 昭和20年、終戦直後に森本薫が書き下ろし、杉村春子が初演した「女の一生」。杉村は、その生涯で、947回にわたって主人公の布引けいを演じ、観客から圧倒的な支持を得た。今回、その布引けい役に大竹しのぶが初めて挑む。段田安則が、けいが拾われる堤 … 続きを読む

【芸能コラム】「麒麟がくる」 新章「京~伏魔殿編」の波乱を予感させた第二十八回「新しき幕府」における足利義昭の姿

ドラマ2020年10月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。10月18日放送の第二十八回「新しき幕府」では、織田信長(染谷将太)と共に上洛を果たした足利義昭(滝藤賢一)が将軍に就任。光秀(長谷川博己)も幕臣に加わり、幕府の新体制が始動するが…という展開 … 続きを読む

【インタビュー】映画『彼女は夢で踊る』加藤雅也「低予算の地方の映画に出るときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義がある」

映画2020年10月19日

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴丈)の恋に思いをはせる。『シネマの天使』(15)で、閉館する実在の映画館を描いた時川英之監督が、今回は広島に実在するストリ … 続きを読む

page top