「強く賢い帰蝶を最後までしっかり演じていきたい」川口春奈(帰蝶)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年3月8日 / 20:50

 ついに登場した戦国の風雲児・織田信長(染谷将太)。その妻となったのが、斎藤利政(道三/本木雅弘)の娘・帰蝶だ。美濃と尾張の同盟の証として、父・利政やいとこの明智光秀(長谷川博己)の願いを受けて織田家に嫁いだ帰蝶は、今後、夫・信長の活躍を支えていくこととなる。帰蝶を演じるのは、これが時代劇初挑戦となる川口春奈。初めて経験する大河ドラマの感想、信長の妻という大役を演じる意気込みなどを語ってくれた。

帰蝶役の川口春奈

-初大河ドラマ、初時代劇だそうですが、ここまで撮影を進めてきた感想は?

 大河ドラマはもちろん、時代劇も初めてなので、着物を着て、かつらをかぶってお芝居をするというところから不慣れで…。今でも慣れているのか、まだ自分でもよく分かっていません。ただ、セットにしても、ロケにしても、大河ドラマならではのものすごいスケール感で、すべてが新鮮です。たくさんの方が関わっていることを日々実感しながらお芝居をさせていただいています。

-女性が立て膝で座るなど、戦国時代ならではの所作も大変そうですね。

 この場面では、こういう所作がふさわしいなど、この時代特有の所作を一つ一つ教えていただきながらやっています。相手によって所作が変わるのも初めてですし、立て膝一つでも、手を置く位置によって、リラックスしていたり、緊張していたり…といった表現ができるそうなので、演じる上ではそういうところも工夫しながら演じています。ただ、あの立て膝は、見た目は地味ですが、実はすごく難しいんですよね…。だから、慣れるまでは苦労しました(笑)。

-帰蝶を演じるに当たって心掛けていることは?

 スタッフの方からは「激動の時代を生き抜いた女性なので、りんとして強さもあり、芯のぶれない女性を演じてほしい」と言われています。だから、そこは常に心掛けています。

-人質として他家に嫁ぐのは戦国の姫の宿命ですが、第8回で織田家に嫁入りする場面を演じてみた感想は?

 自分の宿命として、家のために嫁がなければいけないことは分かっていたはずです。それでも、実際にその立場に置かれてみると、本心では断りたいけど、そうもいかないし…という葛藤はあっただろうなと思います。その中で、最終的には「自分が行かなければ」と覚悟を決めた。そういう芯みたいなものは、意識しました。ただ、当時は当たり前のこととはいえ、現代ではあり得ないお話なので、演じる難しさはありました。私には理解しがたい話だな…と思って。

-同じく第8回では、嫁ぐ前、信長の様子を見に行かせた光秀から帰蝶が話を聞く場面もありました。そのときの帰蝶の気持ちをどんなふうに捉えましたか。

 ものすごく切ないですよね。自分はお嫁に行きたくない。だから、「止めてほしい、止められるのはあなたしかいない」という思いがありながらも、ひそかに思いを寄せる光秀から「行ってほしい」と言われてしまう。帰蝶が「私はどうしたらいいの?」という思いを打ち明けられる相手は、光秀しかいないはずなのに…。そういういろんな思いが重なり合った場面でした。

-同じように光秀に思いを寄せる駒(門脇麦)と、女の子らしい会話を繰り広げる場面もありましたが…。

 帰蝶にとって駒は、自分の素を出せたり、女の子にしかできないお話をしたり、普段は見せない表情を見せられる存在です。だから、ライバル心を抱くというよりは、お互いに秘めた思いを共有し合う感じでした。ただやっぱり、駒は光秀とは身分が釣り合わないし、帰蝶は織田家に嫁がなければいけないし…という思いを2人とも抱えていたので、切なかったです。

-光秀役の長谷川さんの印象は?

 ものすごく助けられています。お会いするのは初めてでしたが、撮影に入る前から温かい言葉を掛けていただきましたし、本当に感謝しています。常に周りを気に掛けながらも、穏やかな様子で現場にいらっしゃるので、とても安心感があります。

-帰蝶は今後、夫の信長とも次第に距離を縮めていくようですね。

 突拍子もないことを言ったりするので、最初は「何だ、この人?」と思いますが、育ってきた環境や母親との関係を聞いていると、とても切ないものがあるんです。そういうところでは、帰蝶と通じる部分もあるのかな…と。いつもへらへら笑っているのに、やることは大胆で面白い人…というふうに印象も変わってくるので、そんなところに帰蝶は引かれていくことになります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

醍醐虎汰朗&黒羽麻璃央が語る野球愛「野球を通して、一生付き合える仲間たちと出会える」【インタビュー】

映画2022年8月6日

 高校球児たちの知られざる日常と生態をリアルに描いた伝説的コミックを映画化した『野球部に花束を』が、8月11日から公開される。本作は、全ての青春を野球部に捧げた、球児たちの熱過ぎる汗と涙の“時代逆行型”エンターテインメント。青春をおう歌しよ … 続きを読む

鈴木福、「もう子役じゃないんだから」の言葉で目覚めた俳優としての自覚【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月5日

 子役時代から数々のドラマや映画で活躍してきた鈴木福。6月17日に、18歳の誕生日を迎え、“新成人”となった。そんな鈴木が、本格的ストレートプレーに初挑戦する舞台「きっとこれもリハーサル」が9月29日から開幕する。舞台出演への意気込みや本作 … 続きを読む

ジョニー・デップ好演、改めて人種差別や警察の腐敗について考えさせられる『L.A.コールドケース』【映画コラム】

映画2022年8月4日

『L.A.コールドケース』(8月5日公開)  ロサンゼルス 市警の元刑事ラッセル・プール(ジョニー・デップ)は、1997年に発生した HIPHOP界のスター、2パックとノトーリアス・B.I.G.の射殺事件から18年たった今も、事件の真相を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top