「麒麟がくる」新キャストにユースケ、本郷奏多ら 長谷川博己「遠慮は要りません」

2020年2月19日 / 16:47

(左から)間宮祥太朗、長谷川博己、ユースケ・サンタマリア

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の新たな出演者発表会見が19日、東京都内で行われ、新キャストのユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、本郷奏多、安藤政信が、主人公・明智光秀役の長谷川博己と共に登場した。

 越前の領主・朝倉義景を演じるユースケは大河初出演。既に初回の収録を終えたという。「暗中模索の中で何もつかめないまま終わった。ただそのつかみどころのない感じが非常によかったみたいで、監督が『すごくいい!』と言ってくれて。(相手役の)長谷川くんも、かなり充実した顔をしていた。楽しくこの『麒麟がくる』を盛り上げられたら。乾杯!」と調子よくあいさつした。

 間宮は、明智光安の嫡男で光秀のいとこの明智左馬助(秀満)を演じる。後に光秀と共に本能寺の変を起こす重要な役どころとなる。「僕も初大河ドラマ。所作や言葉遣いが難しく、右も左も分からない中での撮影ですが、長谷川さんにいろいろ教えてもらいながら精いっぱい付いていきたい」と語った。

 若き関白・近衛前久を演じる本郷も大河初挑戦。「前久は非常に偉い人物。このそうそうたる皆さんが、僕に対して頭を下げてくれるのは、さぞかし気持ちがいいんだろうな、と今から楽しみです」と冗談めかしながら、「ものすごい先輩方と交わらせていただくので、ご迷惑をお掛けしないよう、最後まで精いっぱい頑張りたい」と語った。

 一方、柴田勝家役の安藤は「僕も大河初ですし、大河ドラマ自体を見たことがない」と“爆弾発言”を。撮影はまだ始まっていないが、所作指導では「完璧と褒められた」と明かし、「すごく厳しいイメージがあったので、『本当なの?』とびっくりした。撮影が本当に心配。自分だけ動きがおかしかったらどうしよう」と苦笑交じりに語った。

 そんな新キャストに対するアドバイスを求められた長谷川は「アドバイスができるような身分ではない」と恐縮しながらも、「とにかく気負うことなく存分にやられたらいいと思う。特に今回、僕は主演でありながら“受け”の存在。周りの方が存在感を出して、攻めてくださればくださるほど、僕もそれを受け止めて渡していける立場にある。遠慮は要りません」と笑顔で話した。

(左から)安藤政信、間宮祥太朗、長谷川博己、ユースケ・サンタマリア、本郷奏多


芸能ニュースNEWS

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

薬丸裕英、二宮和也やNEWS増田との交流を明かす 「最終的にジャニーズをけん引するのはTOKIO」

テレビ2020年7月9日

 タレントの薬丸裕英が8日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲストとして出演した。  番組では、かつてジャニーズ事務所に所属し、「シブがき隊」のメンバーとして活躍した薬丸が、嵐の二宮和也やNEWSの増田貴久、ジャニ … 続きを読む

「ハケンの品格」大泉洋が再登場 「大泉洋って最高だと思いません?」の声も

ドラマ2020年7月9日

 篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第4話が8日、放送された。  本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問う。  第4話では、コネ入社を自称していた新入社員の … 続きを読む

本上まなみ、外出自粛中は自宅で子どもと相撲 「夫婦間、自分自身と向き合う時間も増えた」

イベント2020年7月8日

 エイジングケアブランド「ブライトエイジ」の「500万本突破記念 ブライトエイジPR発表会」が8日、東京都内で行われ、女優の本上まなみがゲストで出席した。  同スキンケアシリーズの売り上げが500万本を突破。アンバサダーを務めて2年目となる … 続きを読む

松本穂香&奈緒、七夕イベントで浴衣姿を披露 願い事は「一緒にキャンプに行けますように」

映画2020年7月8日

 映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願!記者会見イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒と角川春樹監督が出席した。  本作は、高田郁氏のベストセラー時代劇小説を映画化。大阪に生まれた少女・澪(みお)が、天性の料理の才を武 … 続きを読む

page top