【インタビュー】テレビ東京4月新番組「デカ盛りハンター」プロデューサー柴幸伸「デカ盛り動画は、意外に女性に人気なんです」

2020年3月30日 / 15:49

 30年にわたり、テレビ東京の人気コンテンツとして知られる大食い番組。「テレビチャンピオン」内でも人気選手権の一つとして知られ、そこで活躍した者が、大食いタレントとして人気を博し、多方面で活躍している。そんな人気ジャンルの流れをくむのが、4月からスタートする「デカ盛りハンター」だ。この番組の柴幸伸プロデューサーに、大食い番組が長年にわたって人気を呼ぶ理由や、新番組への意気込みなどを聞いた。

新番組「デカ盛りハンター」の柴幸伸プロデューサー

-まず、柴プロデューサーのこれまでの経歴について教えてください。

 テレビ東京に入社したのが1999年。それからずっと制作局で番組を作っています。携わった主な番組は「ハロー!モーニング。」「徳光和夫の情報スピリッツ」「空から日本を見てみよう」。今は「THEカラオケ★バトル」と「世界!ニッポン行きたい人応援団」など。特番では「大食い王決定戦」も担当してきました。

-テレビ東京をはじめ、他局でも長年にわたって大食い企画が多数放送されてきました。それはなぜでしょうか。

 テレビ東京は、もともと素人さんをうまく使った番組が多いんです。当然、低予算だから、というのもありますが…。その中で「一番素人さんを生かせるのは何か?」と考えると、やっぱり「他の人にまねができないような特殊な能力を持った素人さんを探すこと」でした。そうやって「テレビチャンピオン」から、どんどん新しいスターが生まれてきたんです。そして「テレビチャンピオン」の中でも一番の目玉企画であった”大食い”が独立して特番になった感じだと思います。

-なるほど。

 現在放送されている中でも、どんどん新しい人たちが出てきています。最近では”大食い”として、YouTuberで活躍している人もいます。YouTubeとテレビがいい感じで相互に作用している、と言いますか、テレビで活躍した人がYouTubeでも人気になったり、また反対に人気YouTuberが大食い選手権に出て活躍したり…。”大食い”はネットともいい関係が築けているので、人気コンテンツなんだと思います。

-当初は、「大食い選手権」の企画の一つであったものが、特番「デカ盛り道場破り」(不定期放送)となり、今回のレギュラー番組「デカ盛りハンター」へと変化してきました。その経緯について教えてください。

 以前、金曜の夜7時にやっていたある番組が終わったときに、編成局から急きょ「スピンオフで大食いの特番を作ってもらえないか」と言われたんです。そこで「完食者ゼロのデカ盛りメニューに、番組で育ってきた大食いが挑む」という「デカ盛り道場破り」というのを放送しました。これが、かなり反響が大きかった。去年の12月から今年の3月まで計5回放送したのですが、結果の良さを踏まえて、4月からレギュラーとなりました。

-視聴者の受けが良かった理由は何だと思いますか。

 金曜の夜7時というのはテレビ東京では、なかなか難しい枠なんですが、そこの視聴者層に“デカ盛り”のコンテンツが合致したのだと思います。お子さんも楽しんで見られるポップな内容ですし、お母さま方にも一緒に見ていただけたのかな、という手応えはあります。

-これまででの大食い企画で、思い出に残っている出演者を教えてください。

 最近でいうと、一番印象に残っているのはやはりMAX鈴木さんです。今年の正月に放送した回では、レジェンドと呼ばれている小林尊さん、ジャイアント白田さんの目の前で、12年前に(番組内で)作られたラーメンの大食い記録を塗り替えるという、すごい技をやってのけました。確か35杯食べたんじゃないかな。MAX鈴木さんは、現役最強と言われていますが、恐らく歴代最強だと思います。

-番組のレギュラー化にあたって、グレードアップした部分を教えてください。

 大食いスターが「完食者ゼロのデカ盛りメニューに挑む」というのは目玉コーナーとして続けていくつもりです。その他にも、レジェンドの小林さんが、かなりの間、テレビの大食いからは遠ざかっていたのですが、この番組で復活します。そして「小林尊さんに視聴者の方が勝ったら100万円!」といった企画も立ち上げます。内容は、初回をお楽しみにしていただけたらと(笑)。

 その他にも、大食いアイドルのもえのあずきさんと、メイプル超合金の安藤なつさんがタッグを組んで、行列ができるお店に行って人気メニューを全部食べ「本当においしいものはどれか?」を判定する企画を行ったり、いろいろなことに挑戦していきます。「大食い選手権」は“ガチの戦い”でしたが、金曜夜7時の「デカ盛りハンター」は、どちらかというと“ポップな大食い総合バラエティー”でやっていこうと考えています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】「エール」古山裕一のモデル、古関裕而が鎮魂の思いを込めた「モスラの歌」

映画2020年5月28日

 放送中のNHK連続テレビ小説「エール」で窪田正孝が演じている主人公・古山裕一のモデルは、さまざまなジャンルで名曲を残した作曲家の古関裕而だ。  特に、早稲田大学の「紺碧(こんぺき)の空」、慶応義塾大学の「我ら覇者」、阪神タイガースの「六甲 … 続きを読む

【芸能コラム】藤井流星&神山智洋が送る“癒やしドラマ” 笑えて泣けて最後はほっこり「正しいロックバンドの作り方」

ドラマ2020年5月25日

 ジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋がW主演するドラマ「正しいロックバンドの作り方」(日本テレビ系/毎週月曜24時59分)が「笑えて泣ける」と視聴者から高い評価を得ている。深夜枠ながら、話数を重ねるごとに好評を博している本作の魅力を探っ … 続きを読む

息子を失った母の心情を告白「途中で呼吸ができなくなるほど、つらいシーンになりました」檀れい(土田御前)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年5月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。第十八回で織田信長(染谷将太)が弟・信勝(木村了)を暗殺し、続く5月24日放送の第十九回では、それを知った母・土田御前が、悲しみを爆発させる一幕が見られた。土田御前を演じる檀れいが、その場面に … 続きを読む

【芸能コラム】朝ドラ「エール」 ファン歓喜! 豪華ミュージカルスターが数珠つなぎ出演

ドラマ2020年5月24日

 昭和を代表する作曲家・古関裕而と声楽家で妻の金子をモデルに、音楽の力で人々の心を勇気づける夫婦の物語を描く連続テレビ小説「エール」。音楽をモチーフにしたドラマだけあり、続々と登場するミュージカルスターに、ファンの間には歓喜の輪が広がってい … 続きを読む

【芸能コラム】現実のコロナ禍と奇妙なシンクロ 現在放送中のドラマ「隕石家族」が話題!

ドラマ2020年5月23日

 2020年、人類滅亡説を唱える人が出るほどの強力な感染力を持つ新型コロナウイルスにより、世界中がパニックに陥る中、地球滅亡の危機にさらされるもう一つの世界があった。それが、ドラマ「隕石家族」(フジテレビ系/毎週土曜午後11時40分放送)。 … 続きを読む

page top