【インタビュー】宇宙Sixトライアル#1『実験室』作・演出マギー「キラキラしたがむしゃらさが宇宙Sixの一番の魅力」

2020年3月26日 / 14:46

 ジャニーズJr.内のユニット・宇宙Sixのために、俳優・脚本家・演出家で、6人組ユニット「ジョビジョバ」のリーダーとしても活躍するマギーが、新作として書き下ろした新しいエンターテインメント「宇宙Sixトライアル#1『実験室』」が4月10日から上演される。「実験室」というタイトル通り、宇宙Sixの4人全員が、さまざまなことにトライアルするという本作は、コントとダンスアクトでつづられるオムニバス形式の構成。本作で宇宙Sixと初めてタッグを組むマギーに、彼らの印象、そして本作の見どころを聞いた。

作・演出のマギー

-本作のオファーを受けたときは、どう感じましたか。

 自分は「ジョビジョバ」という6人組のグループをやっているのですが、今回、宇宙Sixとご一緒できると聞いて、自分たちではできない、僕自身ではできない何かに挑戦できそうだという予感がありました。それに加えて、宇宙Sixの4人にとっても、新しい可能性につながるものを、この作品で見つけてもらえたらいいなと思ったので、お互いにとって、とても楽しい作品になるだろうと思いました。

-今回は、コントやダンスなどのショートストーリーをオムニバス形式で展開するということですが、演出面でのポイントは?

 基本的に、宇宙Sixの4人はオープニングで出てきてからエンディングで去るまで、1度も舞台上からいなくならないという演出を行います。着替えも舞台上で見せますし、パフォーマンスに加わらないときには舞台上で座って休憩します。作品全体を通して、4人だからこそ見せられる、4人のグルーブ感を最大限に引き出せるように演出したいと思っています。

-稽古がスタートする前には、ワークショップも開催されたそうですが、そこではどのようなことをしたのですか。

 振り付けの藤田(善宏)さんには、ご自身でやってらっしゃる、コンテンポラリーのワークショップを発展させたものを。それから、(ブレーンの)サトミツ(佐藤満春)による大喜利。僕は、コントやリアクションの表現についてのワークショップをやりました。いずれのワークショップでも、彼らに何かを教えたかったわけではなくて、彼らがどういう姿勢で臨むのかを見たかったんです。ダンスがすでに上手な彼らが、藤田さんのワークショップを体験したら、どういう表情、どういう雰囲気で取り組むのかを見たかった。大喜利で、どんな答えを出すのかというよりも、悩んでいる姿だったり、誰かの発言にどう突っ込んで、どうフォローするのかを見たかったんです。それは、コントを書き出す前に、彼らのキャラクターを知りたかったので。そういう意味で、僕にとっても非常に充実したワークショップになりました。

-ワークショップ、そして稽古を通して、宇宙Sixのメンバーそれぞれのキャラクターも、マギーさんの中で見えてきているのだと思いますが、初対面のときと印象が変わった点はありますか。

 僕が、初めて彼らのことを“宇宙Sixの4人”として認識したのは、「Winter Paradise 2019~ふゆパラ~」での公演を見させていただいたときなので、そのときの印象と比較してお話させていただきますが…。原(嘉孝)くんは、最初は末っ子キャラで、やんちゃなイメージでした。でも、実際は、メンバーのこともしっかり考えているし、しっかり者でいたいという意思も感じるので、そういう意味では印象が変わりました。

 山本(亮太)くんは、「ふゆパラ」を見て、振り付けは彼がしているんだろうとなと思いましたし、それもあって、ダンスがすごくうまいなぁというのが第一印象でした。ワークショップや稽古場では、彼の、何げないけれども、すごく前向きな一言でその場の温度が上がることが多いので救われています。

 江田(剛)くんはリーダー的な立場なのかな、という印象でした。舞台構成もやっているということだったので、グループの頭脳的なしっかり者だと思っていましたが、実際に会うと引っ込み思案でシャイな一面もある。でも、そういうところも含めて喜劇的に面白くなる素材であるということが分かってきました。本人が意識している以上にコメディーに向いていると思います。

 松本(幸大)くんは正統派のアイドルという印象でした。「ふゆパラ」ではとにかくキラキラしていたので。今、稽古を重ねてきても、いい意味でその期待を裏切らないです。真っすぐで、ピュアで、キラキラしているんです。だからやっぱりステージ映えもするし、非常に面白いです。

-宇宙Sixのメンバーの舞台に対する思いは、どのように感じていますか。

 舞台に対してだけではなく、目の前のお仕事一つ一つに真面目に取り組む人たちだと思います。全てにおいて完全燃焼したいと思っているんじゃないかな。僕は、そういうキラキラしたがむしゃらさが、彼らの一番の魅力だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top