「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年1月18日 / 12:00

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって描かれていく。放送を前に、制作統括の落合将が、作品に込めた思いや見どころなどを語った。

「麒麟がくる」から

-大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が題材となりましたが、その理由は?

 ここ数年、「西郷どん」(18)では幕末、「いだてん」(19)では近現代を扱ってきました。今年は2020年という節目の年でもあることから、大河ドラマも原点に戻り、最も人気のある戦国時代をやろうと。ただ、戦国時代というと、これまでは「真田丸」(16)のように関ケ原前後か、その少し前の武田信玄や上杉謙信が活躍した後半の時代を描くことが多かったんです。そんな状況の中、最近は「オリジン」や「ビギニング」といった物事の起源を描く物語が多い(映画『ジョーカー』など)ということもあり、斎藤道三や北条早雲、三好長慶といった英傑たちが台頭している戦国時代の始まり、揺籃期とでもいうべき時代を描いてみるのも面白いのではないかと。

-その主人公が明智光秀に決まった経緯は?

 そんな話を池端(俊策/脚本)さんにしたところ、池端さんの方では「太平記」(91)で室町幕府を開いた足利尊氏を書いたので、今度は室町の終わり、足利義昭を書きたいということでした。それが、「戦国の始まり」というこちらの希望と、ちょうど時代的に一致したわけです。さらに、その時代をどう描くか考えていく中で、信長と義昭をつないだ人物であることに加え、裏街道を歩んできた人を好む池端さんの視点や、40歳までの人生が謎に満ちており、今まであまり扱われてこなかった点などを総合的に考えて、明智光秀を選びました。池端さんも、大きな時代の転換点を一人の青年の視点で切り取ってみたい、ということでしたので。

-脚本を池端さんに依頼した理由は?

 今回は戦国時代ということで、脚本を誰に依頼しようかと考える中で、古代史三部作(「聖徳太子」(01)、「大化改新」(04)、「大仏開眼」(10))や、「夏目漱石の妻」(16)、脚本監修をお願いした「坂の上の雲」(09~11)など、NHKの歴史ドラマとなじみの深い池端さんの名前が上がってきました。さらに僕自身、池端さんの書かれた1980年代のテレビドラマを見て育ったという個人的な思いもありました。しかも、池端さんは戦国時代を書いたことがないとのことだったので、池端さんの歴史ドラマの集大成としてぜひこの機会に、とお願いしました。

-池端さんの他、前川洋一さんと岩本真耶さんが脚本家として参加されていますね。

 池端さんのサポート的に一部、「軍師官兵衛」(14)の前川さん、池端さんと一緒に「夏目漱石の妻」を書かれた岩本さんに加わってもらっています。ただ、あくまでもシリーズ構成は池端さんで、池端さんを中心に、お二人にはその世界観を共有して書いていただくという形です。

-タイトルが「麒麟がくる」に決まった経緯は?

 「麒麟」は中国の「史記」に登場する聖獣で、「穏やかな治世になると現れる」と言われています。池端さんが最初にこの話をしてくれて、僕たちも気に入ったので「タイトルに使いましょう」ということになりました。僕たちがやりたかったのは、「誰かが革新的なことを成し遂げたおかげで、今の日本が出来上がった」というドラマではなく、「その時代にどんな人間たちが、どんなことを考え、どんなふうに動いていたのか」という群像劇です。であれば、タイトルは個人の名前よりも、「麒麟を求める人たちの物語」として、その中心にいるのが明智光秀、という形がいいだろうと。そこから、「麒麟」という言葉を使った案を検討した結果、このタイトルに決まりました。

-そこに込めた思いは?

 昭和とその名残を残す平成という時代が終わり、元号が「令和」に変わった現在は、大きな時代の転換期と言えます。そういう時期に、室町という時代が終わり、同じように転換期となった戦国時代を生きた人々の物語を描くことで、視聴者に届くものがあるのでは…と考えました。閉塞した今の世の中にも「麒麟が現れてくれたら」と願う人がいるだろうと。「麒麟がくる」というタイトルには、そんな思いも込めています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top