【インタビュー】『HUMAN LOST 人間失格』花澤香菜、「役を頂き続けることが難しい…」人気声優の苦悩と希望

2019年11月28日 / 14:02

 花澤香菜。名前を知らなくても、その声は誰もが一度は聞いたことがあるはず。アニメ・映画・ゲーム・CMなどで大活躍の人気声優で、キュートなビジュアルもあり、今年は女優の石原さとみがイメージキャラクターを務めるビールのCMで共演して話題を集めた。そんな人気、実力を兼ね備えた花澤だが、声優として生きることには苦悩もあるようで…。

花澤香菜

 幼い頃から、バラエティー番組「やっぱりさんま大先生」(96~00)に出演するなど、子役として活動するが、大学進学と同時に本格的に声優の道へ進んだ花澤は、「澄んだかわいらしい声」で人気を博し、今では同世代の宮野真守や梶裕貴らと共にトップを走る。女優・歌手活動も盛んだが、特に声優としての力は折り紙付きで、数々の声優賞も受賞している。

 近年では、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した湯浅政明監督の『夜は短し歩けよ乙女』(17)の黒髪の乙女役、新海誠監督の新作『天気の子』(19)のカナ役など、ヒット作に多数出演。今月からテレビ東京系でスタートした「ポケットモンスター」の新シリーズでは、コハル役で国民的アニメのボイスキャストに仲間入りした。

 その活躍ぶりから、役の大半をオファーでもらっているのかと思いきや、「ほとんどの役はオーディションで勝ち取るしかない厳しい世界です。役を頂き続けることが本当に難しいです…」と本音を漏らす花澤。それは彼女に限らず、オーディション会場では名だたる先輩たちがライバルになることが多く、「この方と張り合うなんて…」とおののくこともしばしばあるのだという。

 さらに30歳を迎え、「今はティーンも、成熟した女性の役もできなければいけない微妙な年齢なので、役の幅を広げる必要もあります」とのしかかる苦労も明かす。しかし、そのための対策は万全。「自分が経験していないことは想像しにくいので、役に反映させられるように、多くの体験をして自分自身の幅を広げていきたい」と意気込みを語る。

 「最近は、ベテランの方と一対一で収録させてもらうこともありますが、すご過ぎて、『自分なんかまだまだだな…』と痛感します。でもそれは、自分も年を重ねて、いろんな作品に出て経験を積んだら、こんなふうになれるかもしれないという希望にもつながります」と声を弾ませた。

 そんな花澤だが、今回はオファーで役をもらったそうで、「やりました!」とかわいくガッツポーズ。その作品は、破滅に至った一人の男の生涯を描いた太宰治の『人間失格』のスピリチュアルを内包し、屈指のクリエイター陣によって再構築されたオリジナルアニメーション映画『HUMAN LOST 人間失格』。

 昭和111年、GDP世界1位、年金1億円支給、120歳寿命保障がされた日本・東京で、人々を管理するS.H.E.L.L.体制から外れて異形化する「ヒューマン・ロスト現象」に襲われた大庭葉藏(声:宮野)が、生と死、希望と絶望の狭間でもがきながら人生の選択をする姿を描いたダークヒーローアクションだ。

 花澤は「大学生のときに、文学部の有志で『太宰治の聖地めぐり』と称して、東京・三鷹を散策したことがあります」と話すほどの太宰ファンで、「『人間失格』は、人生のバイブルにされている方も多い名作で、私も大好きなので、収録がとても楽しみでした」とにっこり笑う。

 太宰作品の魅力を問うと、「主人公のモヤモヤしている心象描写に共感できるし、人間の暗い部分や、言葉にできない感情をうまく表現してくれているので、モヤモヤしている人に刺さるところかな」と返答。

 続けて、「私は死を選ぶほど思いつめることはないですが、『恥の多い生涯を送ってきました』」と「人間失格」の名言を引用しながら、「気持ちを抱え込んでしまって『うわ~』となったときには、太宰作品の登場人物と自分を重ねて見つめ直し、頑張ろう!と自分を励ましています」とはにかんだ。

 また、「男性はこういう生き方に憧れるのではないでしょうか。そういう文学青年が周りにいっぱいいました。女性目線でも、放っておけなかったり、色気を感じたりしますよね。作品を通して太宰さん自身を見ていた気がします」と、太宰治に引かれる理由も打ち明けた。

 演じる美子は、ヒューマン・ロスト現象を感知・抑制する不思議な力を持っており、S.H.E.L.L.の理念によって希望の未来が訪れることを信じる女性。

 バア「メロス」の女店主・マダム(沢城みゆき)のせりふ「あなた、信じる天才なのね」に「ヒントが詰まっている」と感じたそうで、「人類の未来のために自分を犠牲にする危うさもあるけど、信じるものや目標を持っている人は生き生きして、強さもあるので、そこをちゃんと出せたらいいなと思いました」と役へのアプローチを回顧する。

 美子は広報の仕事もしていることから、「女子アナウンサー的な清潔感とか、聞いていて安心できるようなしゃべり方も目指しました」とも語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

「“東洋の魔女”は、『いだてん』が描いてきた女子スポーツの集大成」安藤サクラ(河西昌枝)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月1日

 世界選手権で優勝し、“東洋の魔女”と呼ばれるようになった日紡貝塚女子バレーボールチームは、紆余(うよ)曲折を経て、1964年の東京オリンピック出場が決定する。監督の大松博文(徳井義実)の下、主将としてこのチームを束ねるのが河西昌枝だ。演じ … 続きを読む

【インタビュー】「FORTUNE」吉岡里帆、久しぶりの舞台で見せる“大人な役”に「自分の嫌なところもしっかりと見せることで役が生きてくる」

舞台・ミュージカル2019年11月27日

 森田剛が主演する舞台「FORTUNE」が2020年1月13日から上演される。本作は悪魔に魂を売った男の顛末(てんまつ)を描いた「ファウスト」を、現代のロンドンに舞台を置き換えた作品。英国を代表する劇作家サイモン・スティーブンスの最新作とし … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top