【インタビュー】映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』堀田茜 女優宣言! 群雄割拠を勝ち抜く武器は“出川ガールズ”で培ったバラエティーセンス

2019年10月11日 / 17:52

 最近も、日本テレビ系連続ドラマ「3年A組 今から皆さんは人質です」(19)の教師役で出演し、菅田将暉をはじめ、片寄涼太、永野芽郁、上白石萌歌といった若手役者の演技合戦を目の当たりにし、「あんなに白熱した現場に身を置いたとき、自分だったらどれぐらいできるのか試してみたい」と刺激を受けたことを打ち明けた。

 かなり前のめりの姿勢だが、気合だけでは生きていけない厳しい世界。ライバルも多く、玉城ティナ、中条あやみ、池田エライザ、山本美月など、“モデル出身女優”や“モデル兼女優”枠を奪取するには、他を圧倒する自分らしい武器が必要だ。

 堀田は、「ここまでバラエティーに出ている人はいないし、そこで培われたリアクションや瞬発力、振り切った演技には自信はあります」とアピールすると、「コメディーにも挑戦して、自分の味を出していきたい」と意気込みを語った。具体的には「福田雄一監督や宮藤官九郎さんの作品で、ぶっ飛んだ役とか、見た目はきれいなんだけどメンヘラみたいな役をやってみたい」と声を弾ませた。

 モデルからスタートし、着実に夢をかなえて進化している堀田。バラエティー畑で培ったセンスと瞬発力を武器に、コメディエンヌとしての才能を開花させる日はそう遠くないかもしれない。

(取材・文・写真/錦怜那)

『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』全国公開中
公式サイト:http://doubt-movie.com/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top