【インタビュー】映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』堀田茜 女優宣言! 群雄割拠を勝ち抜く武器は“出川ガールズ”で培ったバラエティーセンス

2019年10月11日 / 17:52

 最近も、日本テレビ系連続ドラマ「3年A組 今から皆さんは人質です」(19)の教師役で出演し、菅田将暉をはじめ、片寄涼太、永野芽郁、上白石萌歌といった若手役者の演技合戦を目の当たりにし、「あんなに白熱した現場に身を置いたとき、自分だったらどれぐらいできるのか試してみたい」と刺激を受けたことを打ち明けた。

 かなり前のめりの姿勢だが、気合だけでは生きていけない厳しい世界。ライバルも多く、玉城ティナ、中条あやみ、池田エライザ、山本美月など、“モデル出身女優”や“モデル兼女優”枠を奪取するには、他を圧倒する自分らしい武器が必要だ。

 堀田は、「ここまでバラエティーに出ている人はいないし、そこで培われたリアクションや瞬発力、振り切った演技には自信はあります」とアピールすると、「コメディーにも挑戦して、自分の味を出していきたい」と意気込みを語った。具体的には「福田雄一監督や宮藤官九郎さんの作品で、ぶっ飛んだ役とか、見た目はきれいなんだけどメンヘラみたいな役をやってみたい」と声を弾ませた。

 モデルからスタートし、着実に夢をかなえて進化している堀田。バラエティー畑で培ったセンスと瞬発力を武器に、コメディエンヌとしての才能を開花させる日はそう遠くないかもしれない。

(取材・文・写真/錦怜那)

『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』全国公開中
公式サイト:http://doubt-movie.com/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top