「幻の東京オリンピックがあったことを初めて知りました」塚本晋也(副島道正)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年10月7日 / 14:33

-役所広司さんとの共演はいかがでしたか。

 役所さんとはこれまで、ごあいさつ程度しか面識がなく、今回がほぼ初対面です。共演させていただくことがとても楽しみでした。素晴らしい存在感と素晴らしい演技。人間国宝のような方だと思っています。嘉納さんと副島が並ぶような場面では、僕は正面を向いていなくてはならないのに、横にいる役所さんの演技を見たい衝動に駆られ、自分でも困りました(笑)。

-阿部サダヲさんの印象をお聞かせください。

 すてきな方ですよね。阿部さんが演じる田畑には驚かされました。とてもエネルギーにあふれ、大河ドラマの枠にとらわれず、アニメのキャラクターのように縦横無尽に駆け回っている。その破壊力が非常に面白い。僕も初めはギャグを交えながら演じるつもりでしたが、阿部さんを見ていたら、それとは対極に、どこか肖像画のように作品に溶け込んでいこうと。そんなことを心掛けるようになりました。

-これまで出演してきた感想は?

 1964年の東京オリンピックの前に、こんな幻の東京オリンピックがあったことを初めて知りました。64年の東京オリンピックのとき、僕は4歳でしたが、そこにたどり着く前に、こんなふうにオリンピックと東京が関わり合っていたとは…。今回の大河ドラマはいつもの時代劇とは違い、近現代が舞台。しかも、僕らが生まれて完全に記憶があるところまでつながっていくので、そういう時代背景について、役を通じていろいろ知ることができたのも、大きな意味がありました。出演することができて、本当によかったです。

(取材・文/井上健一)

組織委員会で、東京オリンピック返上を主張する副島(塚本晋也)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

【映画コラム】ストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー『彼女は夢で踊る』

映画2020年10月24日

 新型コロナウイルスの影響で、東京での上映が延期されていた、広島発の映画『彼女は夢で踊る』が10月23日から公開された。  広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

舞台・ミュージカル2020年10月23日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口 … 続きを読む

【インタビュー】『オレたち応援屋!!』A.B.C-Zのメンバーがそろって主演!「5人のやりとりは、素の僕たちに近い」

映画2020年10月22日

 A.B.C-Zの橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一が主演する映画『オレたち応援屋!!』が、10月23日から全国公開される。本作は、A.B.C-Zのメジャーデビューに合わせ、5人単独で座長を務める形で始まった舞台“ABC座”の … 続きを読む

【インタビュー】「女の一生」大竹しのぶ&高橋克実&段田安則&風間杜夫「一言一言がじんわりとお客さんの心に染みわたっていく作品に」

舞台・ミュージカル2020年10月20日

 昭和20年、終戦直後に森本薫が書き下ろし、杉村春子が初演した「女の一生」。杉村は、その生涯で、947回にわたって主人公の布引けいを演じ、観客から圧倒的な支持を得た。今回、その布引けい役に大竹しのぶが初めて挑む。段田安則が、けいが拾われる堤 … 続きを読む

page top