【インタビュー】「名もなき復讐者 ZEGEN」阿部進之介「『このミス』大賞の受賞作品。そんなに単純なミステリーではありません」馬場ふみか「『正義って何だろう?』と考えさせられました」

2019年9月26日 / 10:00

-阿部さんは、この作品のほか、企画・原案・主演を務めた『デイアンドナイト』(18)など、単純に「正義と悪」で割り切れないものを描いた作品に意欲的に取り組んでいる印象があります。その思いは?

阿部 世の中のルールはルールで、みんながより良く生きるためにあるもの。でも、人間の感情はルールだけでは割り切れません。役者である以上、人間の感情というものを大切にしていきたい。役を通してそれを表現できるのは、やりがいの一つではあります。『デイアンドナイト』は、僕が企画した作品なので、そういう要素を盛り込もうと思って、自ら発信していきました。そういうことが、今回の役を引き寄せたのかなと。

馬場 今回は「正義って何だろう?」とすごく考えさせられました。人それぞれ、自分にとっての善や悪があるので、「これが正義です」とは一概に言えないな…と。

阿部 僕は「復讐したい」と思ったことは一度もありませんが、そういう役を演じる以上、「なぜそう思うのか」というところに寄り添っていかなければならない。そうやって女衒という役を理解しようとするうちに、いつの間にか自分のことになる。そういうふうに、一つの役を受け入れるのは、実際に対面している人間を受け入れることに近いと思うんです。それができると、人として豊かな感情を持てるようになる。だから、役者としてのやりがいはもちろんですが、一人の人間として、自分のためでもあるな…と。

馬場 阿部さんのお話に、ものすごくうなずかされました。今まで、そういうことをきちんと考えたことがなかったので、人間的に成長するいい機会になったと思っています。

-最後に作品の見どころを。

阿部 ミステリーとして、とても面白い作品に仕上がっています。女衒という男が、何を抱え、どこに向かっているのか。その点にぜひ注目してください。

馬場 シュウランは次々と波瀾(はらん)万丈な運命に翻弄されていきます。そんな世界の中で、どんなふうに彼女が強く生き抜いていくのか。そこをぜひ見ていただけたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

 「名もなき復讐者 ZEGEN」(全8話)は、8月29日から毎週木曜深夜0時25分、カンテレで放送(関西ローカル)。放送終了後から動画配信サービスU-NEXTにて配信スタート。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top