【インタビュー】「名もなき復讐者 ZEGEN」阿部進之介「『このミス』大賞の受賞作品。そんなに単純なミステリーではありません」馬場ふみか「『正義って何だろう?』と考えさせられました」

2019年9月26日 / 10:00

-阿部さんは、この作品のほか、企画・原案・主演を務めた『デイアンドナイト』(18)など、単純に「正義と悪」で割り切れないものを描いた作品に意欲的に取り組んでいる印象があります。その思いは?

阿部 世の中のルールはルールで、みんながより良く生きるためにあるもの。でも、人間の感情はルールだけでは割り切れません。役者である以上、人間の感情というものを大切にしていきたい。役を通してそれを表現できるのは、やりがいの一つではあります。『デイアンドナイト』は、僕が企画した作品なので、そういう要素を盛り込もうと思って、自ら発信していきました。そういうことが、今回の役を引き寄せたのかなと。

馬場 今回は「正義って何だろう?」とすごく考えさせられました。人それぞれ、自分にとっての善や悪があるので、「これが正義です」とは一概に言えないな…と。

阿部 僕は「復讐したい」と思ったことは一度もありませんが、そういう役を演じる以上、「なぜそう思うのか」というところに寄り添っていかなければならない。そうやって女衒という役を理解しようとするうちに、いつの間にか自分のことになる。そういうふうに、一つの役を受け入れるのは、実際に対面している人間を受け入れることに近いと思うんです。それができると、人として豊かな感情を持てるようになる。だから、役者としてのやりがいはもちろんですが、一人の人間として、自分のためでもあるな…と。

馬場 阿部さんのお話に、ものすごくうなずかされました。今まで、そういうことをきちんと考えたことがなかったので、人間的に成長するいい機会になったと思っています。

-最後に作品の見どころを。

阿部 ミステリーとして、とても面白い作品に仕上がっています。女衒という男が、何を抱え、どこに向かっているのか。その点にぜひ注目してください。

馬場 シュウランは次々と波瀾(はらん)万丈な運命に翻弄されていきます。そんな世界の中で、どんなふうに彼女が強く生き抜いていくのか。そこをぜひ見ていただけたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

 「名もなき復讐者 ZEGEN」(全8話)は、8月29日から毎週木曜深夜0時25分、カンテレで放送(関西ローカル)。放送終了後から動画配信サービスU-NEXTにて配信スタート。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top