【インタビュー】「名もなき復讐者 ZEGEN」阿部進之介「『このミス』大賞の受賞作品。そんなに単純なミステリーではありません」馬場ふみか「『正義って何だろう?』と考えさせられました」

2019年9月26日 / 10:00

 「このミステリーがすごい!」大賞(以下「このミス」大賞)でU-NEXT・カンテレ賞をサプライズ受賞した登美丘丈の小説『名もなき復讐者 ZEGEN』が、「このミス」大賞ドラマシリーズ第2弾として連続ドラマ化された。妻を死に追いやった者たちに復讐(ふくしゅう)を誓い、裏社会に生きる男・女衒(ぜげん)を主人公に、中国人女性リ・シュウランらの運命が絡み合い、やがて予想もつかない展開を見せていくスリリングなエンターテインメントだ。女衒役の阿部進之介とリ・シュウランを演じる馬場ふみかが、撮影の舞台裏や作品の見どころを語ってくれた。

阿部進之介(左)と馬場ふみか

-台本を読んで感じた作品の魅力は?

阿部 女衒には、児童養護施設で育ったという生い立ちがあります。そこで大切にされてはきたものの、親がいないことに満たされないものを感じて、両親の消息をたどるために東京へ出てきた。そんな複雑な事情を抱えた男です。にもかかわらず、自分よりも周りの人間を満たそうとする。そういう人間味あふれるキャラクターが魅力的だな…と。

馬場 シュウランは、病気の夫の治療費を稼ぐため、中国から出稼ぎに来て、マッサージ店で働いている女性です。家族と離れた境遇の中、たった一人で強く生きている姿がとても魅力的でした。物語的にも、女衒の復讐劇を軸にしつつ、女衒とシュウラン、シュウランと偽装結婚する佐藤幸造(杉本哲太)さんという、それぞれ事情を抱えた3人の関係が、物語の進行とともに変化していくところが面白いなと。

-それぞれ、演じる上で大事にしたものは?

阿部 ミステリーなので、見ている人に「何かあるのかな?」と感じてもらいたかった。でも、常にそういう雰囲気が漂っているのは、人間としてちょっと違和感がある。それよりも、ふとした瞬間にそう感じてもらえる方が、女衒の抱えたものの大きさが表現できるだろうと考え、常にそういう意識を自分の傍らに置いて演じるようにしました。そうすれば、どこかでそういう瞬間が生まれるはずだと。

馬場 シュウランは言葉数の多い役ではなかったので、その分、ちょっとした目の動きや下ろした手の指先など、細かいところに気を付けて演じるようにしました。ただ下ろしているだけでなく、洋服をつかんで不安を表現してみたり…。そういうところで、シュウランの心情が少しでも伝わればと。

-お互いに共演した感想は?

阿部 馬場さんは、芝居に取り組む姿勢はとても真面目ですが、普段は冗談も言ったりする気さくな方だったので、話しやすかったです。おかげで、シーンごとにどう面白くするかを一緒に話し合って作り上げていくことができました。

馬場 阿部さんは、私のお芝居を優しく受け止めてくださる方だな…と。シーンごとに話をしてくださったのも、一緒に作っていっている感じがして、すごくうれしかったです。

-チームワークの良さを感じますが、そんなふうに役者同士で話し合いながら芝居を作っていく現場は、必ずしも多くはありませんよね。

阿部 そうですね。でも、僕はそうした方がいいと考えるタイプ。「僕はこう思う」「私はこっちの方が面白いと思う」というやり取りの中から、発見できるものもあるので。ただ、相手の役者や現場の状況にもよるので、必ずしもそういうふうにやれるわけではありません。この現場は、それができる環境にありました。

馬場 私は、今までそういうやり方をあまり経験したことがなかったので、学ぶことがたくさんありました。

-物語は女衒の復讐劇が軸になるようですが、単純な復讐劇でもなさそうですね。

阿部・馬場 (同時に)そうですね(笑)。

馬場 深いですよね…。

阿部 『このミス』大賞で受賞した作品ですからね。そんなに単純なミステリーではありませんよ(笑)。

馬場 最後はすごいことになります(笑)。

阿部 原作とも異なる展開になっているので、原作を読んだ方も、ぜひ楽しみにしてください。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top