「2人の主人公・金栗四三と田畑政治をつなぐ重要な役。皆さんにきちんとついていきたい」仲野太賀(小松勝)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年8月25日 / 20:50

 ロサンゼルスオリンピックでの日本選手団の活躍に刺激を受け、故郷・熊本で再び走り出した金栗四三(中村勘九郎)。その前に現れたのが、四三に憧れる青年・小松勝だ。共に九州一周の旅に出た2人は以後、師弟関係を結び、激動の昭和を歩んでいくこととなる。物語後半のキーマンとなる小松を演じるのは、「八重の桜」(13)などの大河ドラマに出演し、現在も数々の作品で活躍する若手俳優の仲野太賀。熱望していた本作出演の裏話、小松役に懸ける意気込みなどを聞いた。

小松勝役の仲野太賀

-出演が決まったときのお気持ちは?

 メチャクチャうれしかったです。実は、制作発表があったときから出演したくて、個人的に「いだてん」の関係者という関係者に、手当たり次第に会いに行っていたんです。直接的に「出たい!」とは言わず、「どんな物語か」、「どんな役があるのか」、「撮影はいつか」と聞いて回って、「楽しみにしています!」と(笑)。でも、ことごとく「詳しいことは言えない」、「すごいことになる」と含みのある話をされるばかりで…。そのうち、「どうやら思いが届きそうだ」という気配が漂ってきたので、事務所の方と「スケジュールを空けておきましょう。絶対に来るので」と話し合っていたら、本当に話が来て…。だから、本当にうれしかったです。

-そこまで出演を熱望した理由は?

 僕はもともと、宮藤官九郎(脚本家)さんの作品が大好きで、そのチームで大河ドラマをやる。しかも題材はオリンピック。絶対に面白いに決まっている。「これは大変なことになる。絶対に出なきゃ」という気持ちでした。

-小松勝役の印象は?

 「いだてん」には、金栗四三と田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公がいて、さらに落語のパートもあります。小松勝は、それらをつなぐキーになる、とても重要な役。ここまでスタッフ、キャストが必死に紡いできた物語をひとつにつなぐわけですから、「下手なことはできない」と思いました。

-小松勝と金栗四三の師弟関係を、どんなふうに見ていますか。

 小松にとって金栗先生は尊敬すべき憧れの存在です。ただ、そんな人の指導を受けたからといって、浮かれているわけでもありません。もちろん、最初はそういう気持ちもありますが、鍛えられていく中で、同じランナーとして、「金栗先生に負けたくない」という気持ちが芽生えてくる。一緒に走るシーンでも、先生が先を行っていたら、必死に走って追い越す、そうすると、また先生が追い越して…という感じで。そういう「追いつ、追われつ」みたいなせめぎ合いを楽しむのが、小松と金栗先生の師弟の形なのかなと。その中で、かつての金栗先生を思わせる部分が出せたら…と思っています。

-小松の走り方はどのように生まれたのでしょうか。

 走り方はとても大事なので、マラソン指導担当の金哲彦さんがフォームを考えてくれました。金栗さんのフォームを基に、歩幅やピッチ、上体の使い方を研究し、時代に合わせて進化しつつ、2人の師弟感が出るような感じになっています。

-金栗さんと一緒に走る場面も多いようですね。

 金栗先生と一緒に走る場面は何度も登場しますが、周囲の街の風景や情勢はその都度変わっていきます。例えば、オリンピックが近づくとにぎやかになったり、戦争が近づくにつれ、兵隊の数が増えたり…。でも、街の風景が変わっても、金栗先生と小松の中にあるものは変わらない。ただひたすらオリンピックを目指す、金メダルを取る。そこは揺るぎません。戦争の気配も感じてはいますが、それまで積み上げてきたものがあるから、「絶対オリンピックに行く!」と信じる気持ちの方が強い。僕としては、そこをうまく表現したいと思っています。

-金栗四三役の中村勘九郎さんと共演した感想は?

 勘九郎さんがスタッフと家族のように接する姿を見ていたら、「これが大河ドラマに主演する人なんだ」と実感しました。勘九郎さんが現場に入るだけで、空気がふわっと明るくなるんです。その存在感がとてもすてきで…。自分が一番大変なはずなのに、僕のような役者に対してもフラットに接してくださって、とても優しい方ですし。カッコいいな…と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」を手掛けるヒットメーカー鈴木おさむ「目標は仕事を辞めること。引退もダサいけど(笑)」

ドラマ2020年1月20日

 5月に上演される同名舞台と連動したWOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の放送が1月24日からスタートする。人気放送作家・鈴木おさむが手掛ける本作は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着 … 続きを読む

「みんなが見たかったけど、今まで見ることができなかった明智光秀がいます」門脇麦(駒)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月19日

 ついに放送がスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」。主人公・明智光秀(長谷川博己)を中心に、1年にわたって群雄割拠の戦国絵巻が繰り広げられることとなる。その光秀の歩みを間近で見守っていくのが、医師・望月東庵(堺正章)の助手で戦災孤児の駒だ。 … 続きを読む

page top