「4カ月で体重を20キロ落とすのは、ものすごく大変でした」皆川猿時(松澤一鶴)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年8月4日 / 20:50

-今回、改めて共演した阿部さんの印象は?

 田畑はせりふの量がものすごく多いので、阿部くんに「どうやって覚えるの?」って聞いてみたら、「黙読で覚える」と答えたので、びっくりしました。僕は、せりふを口になじませないと不安なので、何度も口に出して覚えるのですが、阿部くんは黙ったまま頭で覚えて、リハーサルのときに初めて口に出すんだと。肝が据わっているというか、なんというか…。初めて口にする時の雰囲気を楽しんでいるのかな…。いやいや、とても楽しめるようなせりふの量ではありませんよ(笑)。もうね、やっぱり天才だと思います。

-宮藤さんの脚本の魅力は?

 もうだいぶ長い付き合いですが、演出家としての宮藤さんに対して、昔は「怖い」というイメージしかなくて(笑)。笑いに対するこだわりがものすごく強く、稽古も厳しい。最近は丸くなりましたけどね(笑)。敗者に光を当てた「いだてん」を含め、最近の作品を見ていると、面白さだけでなく、とても優しい人なんだろうな…と感じるようになってきました(笑)。例えば、田畑は女性に対してもひどいものの言い方をしますが、愛嬌(あいきょう)があるから誰も傷つけない。主役だろうが脇役だろうが、どのキャラクターにも愛嬌があるっていうか、同じように愛情を持って寄り添っている感じがします。舞台でも映像でも、そういう点は一貫していると思うし、カッコいいですよね。

-今後の松澤の見どころは?

 泳ぐのは、もうね、とても苦労しました(笑)。練習した日本泳法は、普通の泳ぎ方とは足の使い方も違うし、頭を出したまま泳がなければいけない。しかも、撮影は4月頭の寒の戻りがあった時の夜間。気温も一桁台という状況だったので、温水プールにもかかわらず、ものすごく水が冷たくて…。撮影が終わったときは達成感よりも、「無事に終わった…」という安堵(あんど)感の方が大きかったですから。もうね、阿部くんと2人で「死ななくてよかった…!」って(笑)。ロサンゼルスオリンピックの最後に披露する場面がありますので、もうね、僕にとってもハイライトですので、ぜひ見ていただきたいです。よろしくお願いします(笑)。

(取材・文/井上健一)

松澤一鶴役の皆川猿時

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【コラム】ネクストブレーク注目俳優を予想! 次にくるのは話題のドラマに出演中のイケメンか

ドラマ2019年8月19日

 若者のテレビ離れが叫ばれて久しいが、中村倫也や田中圭などブレークする俳優は今もドラマ出演がきっかけになることが多い。2019年上半期は、深田恭子が主演したドラマ「初めて恋をした日に読む話」でピンク髪の年下男子を好演した横浜流星が多くの女性 … 続きを読む

【映画コラム】エルトン・ジョンの半生をファンタジックに描いた『ロケットマン』

映画2019年8月19日

 『ボヘミアン・ラプソディー』(18)で最終監督を務めたデクスター・フレッチャーが、エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』が8月23日から公開される。  エルトンの、ミュージシャンとしての天才的な才能、家族(特に父親)との確執、同性 … 続きを読む

「初めは全く泳げなかったので、用意された分の3倍ぐらい個人で水泳の練習をしました」大東駿介(鶴田義行)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年8月18日

 1932(昭和7)年のロサンゼルスオリンピックで、メダルラッシュの快進撃を続けた日本水泳チーム。その最後を飾ったのが、鶴田義行の200メートル平泳ぎ2連覇だった。ドラマとは言え、その力強い泳ぎに手に汗握った視聴者は多いに違いない。ところが … 続きを読む

【演劇コラム】人気俳優出演作から大人気原作の舞台化まで、2019年秋冬の注目舞台!

舞台・ミュージカル2019年8月16日

 昨今、夏恒例の音楽番組にミュージカル俳優たちが出演し、見事な歌声を聞かせることも多くなった。このように、大きな盛り上がりを見せているミュージカル、演劇業界だが、実際にはまだまだ劇場に足を運んだことがないという人も多いのでは。そこで、舞台初 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

舞台・ミュージカル2019年8月15日

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top