【インタビュー】「僕はまだ君を愛さないことができる」足立梨花 意外な素顔!恋も仕事も殻を破れない自分に葛藤…

2019年7月12日 / 17:00

 “恋人以上”の親友関係にある男女の恋模様を描いて大ヒットした台湾ドラマ「我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書)」を、「イタズラなKiss」シリーズ、「きみはペット」などの制作チームによって日本版にリメークした恋愛ドラマ「僕はまだ君を愛さないことができる」。本作で白洲迅とダブル主演し、ヒロイン役を演じる足立梨花が、撮影時のエピソードや自身の恋愛・結婚観、目指す女優像などを語ってくれた。そこには、明るくハキハキした印象からは想像できない意外な一面があった。

ヘアメイク:杉村理恵子/スタイリスト:山本真里江

 29歳の誕生日に、親友の石田蓮(白洲)と“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする御手洗陽(足立)。互いが恋に落ちることはないと断言する2人だが、蓮の後輩・河野麻希(松本妃代)の積極的なアプローチや、陽の後輩・鳴海悠(佐久間悠)の急接近、そして陽の元カレ・水沢竜星(浅香航大)との再会などが重なり、その“親友”関係が徐々に変化していくさまが描かれる。

 何事にも一生懸命なキャリアウーマンだが、恋愛面ではあまりうまくいかない陽を演じる足立は、「大変でした」と照れ笑い。というのも、台本をもらってから演技プランを考えている際、「今出てきた感情が陽としてなのか、自分としてなのか分からなくなることが何度もあった」そうで、その理由を「自分の思いを相手にうまく伝えられないところや、強くて何でもできて、一人で生きられそうと思われがちだけど、実はそうじゃないところなど、あまりにも2人の性格が似過ぎている」と分析する。

 現在26歳。回想シーンで挑戦した高校生役についても、「照れくさいです。もう駄目でしょ…。スタッフに『大丈夫?』と確認するたびに『大丈夫』と言ってくれましたけど、鏡を見れば分かるから…」と嘆き、「ウィッグに助けられました」とヘアスタイルで何とか乗り切ったことを打ち明けた。

 劇中、さまざまなタイプの男性が登場し、陽を胸キュンさせたり、突飛な言動でドン引きさせたりするが、足立自身の理想の恋愛を尋ねると、「自分から告白はできないので、相手からきてほしいです。自分からもアプローチはするけど、分かりにくいみたいです…」と明かし、男性をドキドキさせるボディータッチも「意識し過ぎて、好きな人にはできないです。これをやったら嫌われるかな?とかいろいろ考えちゃう」と奥手な一面をのぞかせた。

 好みは「私が優柔不断なので、何でもパッパッと決める決断力がある人。あと、優しくて、面白くて、格好良くて…」とキリがないが、「声フェチなので電話越しの声がすてきな人がいいな。高過ぎず、低過ぎず、絶妙のラインの声が好きです」と一際目を輝かせた。そして、「付き合ったらずっと一緒にいたいです。寂しがり屋なので、家にいても彼とくっついていたい」と妄想を膨らませた。

 結婚願望も強く、「“若くてきれいなお母さん”になりたいので、30歳までに結婚して、子どもを生みたいです」と声を弾ませた。また、「自分のために頑張ることができなくて、誰かのためになら頑張れる」と結婚して家族を持ちたい理由も吐露。一方で、大好きなアニメ「名探偵コナン」のイラスト入り婚姻届を持っており、「それを使うのが夢です。むしろそれを使いたい気持ちの方が強いかも」とあっけらかんと笑った。

 近年は女優としての活躍が著しいが、グラビアアイドルやタレント、スポーツキャスターなど、マルチな才能を見せる足立に将来の展望を聞くと、「私も参加した『ホリプロタレントスカウトキャラバン』のグランプリ受賞者に『足立梨花さんが憧れです』と言われる人になりたい」と返答。現在は同事務所の先輩である深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみらの人気が高いが、いつかこの布陣に自分の名も連ねたいという。

 では、そうなるために必要なものとは? 足立は「それが分からないんですよね」と首をひねりながらも、恋愛中と同じように「人の目を気にして、自分の殻を破れないところ」を改善点として挙げた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」第30回「全成の確率」“権力闘争”の血生臭いイメージを払拭する鮮やかな脚本と役者陣の好演【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月10日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最 … 続きを読む

夏の甲子園たけなわの今だからこそ心に響くものがある『野球部に花束を』【映画コラム】

映画2022年8月10日

『野球部に花束を』(8月11日公開)  中学時代の野球部生活に別れを告げ、青春をおう歌するため、長い茶髪にして高校に入学した黒田鉄平(醍醐虎汰朗)。ところが、夢に見たバラ色の高校生活は、うっかり野球部の見学に行ってしまったおかげで、早くもゲ … 続きを読む

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top