【インタビュー】『ドルメンX』志尊淳、止まらない躍進劇でコメディーの才能も開花! 浅香航大、小越勇輝、堀井新太は自身と真逆のキャラクターに挑む!

2018年6月11日 / 12:00

 地球侵略のためにアイドル活動を始めたイケメン宇宙人たちが、地球の人々を巻き込みながらやがて人間の心を知り、本物のアイドルになっていく姿を描いたコメディー映画『ドルメンX』(6月15日全国公開)。劇中、体当たりでアイドルを演じている志尊淳、浅香航大、小越勇輝、堀井新太が、役へのアプローチ法や撮影エピソード、それぞれが抱く素直な思いなどを語ってくれた。

(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝

-ピュアでがむしゃらな隊長、明るくてお人好しだが負けず嫌いのイチイ、器用でプライドの高いフェミニン男子のニイ、ネットヲタク気味でインテリ系のサイという個性的なキャラクターですが、演じてみていかがでしたか。

志尊 隊長は漫画の世界だから成立する役なので、リアルに落とし込むことは難しかったけど、芯がぶれなければコメディーの部分でも感情の部分でも、どう振り切ってもちゃんと隊長でいられると信じて、(小室直子)監督と相談しながら作りました。

堀井 サイはネガティブで、一線引いてみんなを見ていて、一番しゃべらないけど、僕は真逆で、楽しくおしゃべりして場を面白くしたいタイプだから、たまに本番中に堀井新太が出てきて、「サイっぽくない」とNGになることがありました。

浅香 実際は俺の方がサイっぽいよね。イチイは一番人間くさくて、くだらないことにも本気でぶつかっていくので、その姿が面白いと思ってもらえるように頑張りました。

小越 ニイは器用だけど僕は不器用なので、努力しなくてもできちゃう人の気持ちが作品を通して伝わったらいいなと思いました。あと、すごくかわいいキャラですが、スタッフさんたちが「かわいい」と言って愛情もいっぱいくれたので、現場ではかわいくいられたと思います。

-歌やダンスなどのアイドルパフォーマンスが見どころですがが、苦労されましたか。

浅香 みんなそんなに苦労はしていなかったよね。唯一、緑色の人(堀井)の肩が上がっていなかったかな(笑)。

堀井 衣装は採寸してもらったけど、撮影時期に体を大きくしなきゃいけなくて…。そうしたら衣装がパンパンになってダンスシーンの本番で肩が上がらなくなりました…。

浅香 でも、やっているときは自分のことで精いっぱいで、周りはほとんど見られていなかったよね。仕上がりを見て、それぞれがキャラクターのイメージで歌って、踊って、表情を作っていて、個性が生きているなと感じました。

-隊長の歌もダンスも下手という設定は、うまく演じるぐらい難しそうですね。

志尊 台本のト書きには「下手に歌う隊長」としか書かれていなくて、指導が何もなかったので、僕なりの下手さをとことん追求しました。特に全音を外して歌うことは難しくて、みんなが僕につられてしまって「それ、本当に止めて」ってなっていたけど、僕は楽しかったです。

-志尊さんの最近の活躍は目覚ましいですが、本格的なコメディー作品は初めてですよね。

志尊 笑いを取りにいくというより、がむしゃらにやっている過程が笑いに変わる役柄なので、実は僕はコメディーだとは思っていません。そうはいってもコメディー要素は強く、ここまでのものはやったことがなかったので、軌道に乗るまでは監督に頼りっ放しでした。でも、慣れてからは自分でもアドリブを入れていました。

-例えばどういうアドリブを?

志尊 半沢直樹の物まねは(浅香に)「あれ、半沢っぽくない? 俺、まねしようかと思っているんだ」と話したら、「じゃあ俺、香川(照之)さんでいくわ」ってなって、リハーサルの段階で全力でやったら採用されました。他にも、漫画4巻を映画2時間にまとめているから、せりふがない裏の部分でも役を膨らませたくて、邪魔にならない程度に好きなように動いているので、挙げたらきりがないです。

浅香 そうだね。遊べるところは遊んだけど、香川さんのまねをしたのが正解だったのかはいまだに分からないです…。

志尊 絶対正解だよ!

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【演劇コラム】人気俳優出演作から大人気原作の舞台化まで、2019年秋冬の注目舞台!

舞台・ミュージカル2019年8月16日

 昨今、夏恒例の音楽番組にミュージカル俳優たちが出演し、見事な歌声を聞かせることも多くなった。このように、大きな盛り上がりを見せているミュージカル、演劇業界だが、実際にはまだまだ劇場に足を運んだことがないという人も多いのでは。そこで、舞台初 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

舞台・ミュージカル2019年8月15日

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門 … 続きを読む

【2.5次元】財木琢磨&古田一紀、久々の共演で共に目指す「生演奏」 「この音とまれ!」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年8月13日

 『ジャンプSQ.』に連載中のコミックス(アミュー作)を舞台化し、和楽器「箏(こと)」に情熱を注ぐ高校生たちの青春を描く「この音とまれ!」の公演が8月17日からスタートする。上級生にすら恐れられる不良少年だが仲間思いの優しさを持つ久遠愛を演 … 続きを読む

【映画コラム】日本の近代史を総括するドキュメンタリー映画『東京裁判』

映画2019年8月12日

 ドキュメンタリー映画『東京裁判』(83)が、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復され、4Kデジタルリマスター版として8月3日に公開された。  本作は、終戦後の昭和23年に行われた極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)の模様を、アメリカ … 続きを読む

「今までミュージシャンとして培ったものを生かして一生懸命、アナウンサーを演じているところです」トータス松本(河西三省)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年8月11日

 開幕したロサンゼルス五輪でメダルラッシュの快進撃を見せる日本水泳陣。日本国内にその喜びを伝えたのが報道陣だ。だが、当時のスポーツ報道は発展途上で、さまざまな苦労が伴った。第30回では、現場で見た競技の様子を、あたかも目の前で行われているよ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top